朽木ルキア




    「この円にかかる天地の全てが

                    袖白雪の氷結領域だ」

 職業:護廷十三隊十三番隊副隊長
 身長:144cm
 体重:33kg
 誕生日:1月14日
 趣味:高い所に登る
 特技:絵画(ヘタウマ系)
 好きなもの:キュウリ、白玉(あんみつ)、ウサギのグッズ
 嫌いなもの:無し
 出身:南の流魂街78地区「戌吊(いぬづり)」
 家族構成:義兄「白哉」、姉「緋真(ひさな)」※故人
 斬魄刀:『袖白雪』
 テーマミュージック:Ashley MacIsaac "Wing-Stock"『Hi™ How Are You Today?』収録
 声優:折笠富美子

週刊少年誌『少年ジャンプ』に連載している『BLEACH』に登場する魔女女性死神キャラクター。
BLEACHというストーリーが作られるきっかけを、つまり主人公黒崎一護が死神代行になったきっかけを作った人。
聞こえは悪いがいわゆる「全ての元凶」である(後付けで藍染惣右介が全ての元凶の元凶になったが)。
読者からたまに「キルア」と間違えられる。あと、苗字不明の娘はこっち参照

霊がたくさん集まりやすい町「空座町(からくらちょう)」に、言うなれば町の駐在さん役として、
死神の世界「尸魂界」から派遣された死神。そこでの任務中に主人公である黒崎一護と出会う。
短期集中任務だったので最初は1ヶ月程度で帰るつもりだったのだが、
悪霊「虚(ホロウ)」の襲撃を受けた一護を助けるために、庇って負傷したことで戦闘不能に陥る。
そこで霊感体質のあった一護に、わずかに残された自分の死神の力を受け渡して一護を死神代行にした。
それからしばらくは、一護に死神の任務をやらせて、自分の霊力が回復するまでサポートに周ることとなる。
その間一護の部屋の押入れを寝床として、一護の高校に転校生として入学している。
なお学校では猫をかぶってホラー系の少女漫画から仕入れた知識による妙ちくりんな淑女キャラを演じている。
ちなみにこの一連の流れは尸魂界においては完全に「規則違反」で、これが原因でルキアは処刑されかけた。
現在は一護もルキアもそれぞれ死神の力を手に入れ、BLEACHの作中での活躍が尸魂界から認められたので
井上織姫石田雨竜茶渡泰虎阿散井恋次と共に戦う仲間である。
破面編では、十刃であるウルキオラとヤミーの登場後、恋次達とともに尸魂界から派遣された。
内なる虚に乗っ取られることを恐れる一護に喝を入れたあと、破面の説明を行い、そのまままたしても一護の押入れに住もうとする。
結局一護の妹たちと同じ部屋に寝泊まりすることになるが、代わりに一護の押入れには死神達の義骸が入ることとなった。

+色々なネタバレ
彼女が処刑される罪状となった「死神能力の譲渡」は本来なら死刑にされるほどの罪ではなく、また執行される日程もどんどん短縮されていった。
これには、彼女の魂の中に「崩玉」が埋め込まれており、それを欲していた藍染が「双極」を使って魂を消滅させることで取り出そうとしていたからである。
結局、「双極」による死刑は一護によって間一髪で防がれ、浮竹と京楽によって双極自体も破壊されてしまう。
最終的に浦原の研究から見つけた魂魄に埋め込まれた異物を取り出す技術によって崩玉を取り出された。
なお、埋め込んだのは当然開発した浦原でありルキアに貸していた義骸も通常の義骸と違い「霊子を含まない義骸」で、
尸魂界に探知されず、入った魂魄の霊力を消滅させていくという代物。
ちなみに何時どのようにして何故彼女を選んで埋め込んだのかは不明であり、作中でいまだ語られていない謎のひとつとなっている。

しゃべり方は武者言葉チック(第一話では女性と明言するシーンもなかったため美少年と誤認した読者もいたようだ)。
ウサギグッズが大好き。義魂丸もウサギのチャッピーを欲しがるほど。
絵描きの才能が色んな意味で超越しているが、白哉の美的センスも同じくらいすごい。やはり兄妹か。
大抵はウサギとクマの絵を描いている。
生まれは幽霊たちが住む流魂街で、阿散井恋次とはその頃からの幼馴染である。その後、死神の学校に一緒に入学した。
しかし「才能が恋次よりもあるからお前はエリートクラス行き」と抜擢され、しかも上流貴族の朽木家に養子として拾われた。
一見すると見事なまでのシンデレラガール。とはいえこの話には裏があったのだが、これがきっかけで恋次とは一時期疎遠になった。
BLEACH本編中に、ルキアと恋次は今のように再び仲間として縁が元通りになっが、この時すでに10年くらいの歳月がたっている。
※BLEACHには死神は人間と同じように歳はとらないという設定がある。例えばルキアは一護に出会う40年以上前まで「戌吊」にいた。
そしてルキアと一護は、作中で知り合ってから1年半ちょっと経っている。漫画は11年くらい連載してるけど

朽木家の養子になってからは朽木白哉の義理の妹になったはいいが、なぜかハブられ続けられる。
エリート組のはずがなぜか大事な任務を任されることもなく、家でも冷遇されて出世も出来ずヒラの死神だった。
その理由はルキアが白哉の死んだ妻にそっくりかつ、妻とルキアが生き別れの姉妹だったので、
白哉がルキアを危険な目にあわせないよう裏から手を回して保護していたのだが、
ある理由からそれらを伝えられずにおりさらに接し方もわからなかったためである。
処刑騒動の時に冷徹な態度をとられたのも彼なりに厳しくあろうとしていただけであり情がなかったわけではない。
愛情のすれ違いとでもいうべきか。
現在はルキアも全てを知り朽木家との仲は良好になっている。
それからは高い実力を評価され浮竹十四郎のいる十三番隊の副隊長にまで出世する。
斬魄刀は『袖白雪(そでのしらゆき)』。剣術が苦手で霊術「鬼道」が得意なルキアに合っている能力。
「舞え」という解号を唱えると真っ白な刀に変身。氷や雪を操る。尸魂界で一番美しい斬魄刀らしい。
地面や空気や敵を凍らせたりできるが、日番谷冬獅郎の「氷輪丸」との具体的な差は不明。
空気中の水分を操って氷を作ってるあちらと違い、砂漠でも氷を作ってたのでもしかしたら水分関係なしに氷を作れるのかもしれない。
能力は円状の領域を作り、円の中の天地全てを凍結させる初(そめ)の舞・月白、刀で地面を四カ所突きそこから冷気を雪崩のように噴出させる次の舞・白漣、
刀身に大気中の水分で生成した氷の刀で攻撃する参の舞・白刀。
斬魄刀異聞編で実体化した時には純白の着物を着た雪女風の姿になった。
戦闘力は、もともと席官クラスの実力を有しており、さらに織姫との特訓を経て向上した。
十刃(破面の上位10人)の敵にほぼ相打ちとはいえ勝利したこともある。
十刃にゆうに勝つ白哉クラスには届かないが、実力はやはり高いといえよう。
+卍解
卍解は『白霞罸(はっかのとがめ)』。最終編にて一度は不覚を取るも、一護らと共に修行を経た末に会得。
解放と同時に古風な姫のように着物を纏った出で立ちとなり、周囲一帯を瞬時に凍り付かせ砕けさせる。
その威力は凄まじく、一度は白哉を下した敵幹部を即死に至らせている。
が、その分制御も難しく卍解中は自らも氷像のようになっており、解除も慎重に行わねば自分の体も砕ける危険性がある。

DS版のゲームでは普段の戦闘は死神の力を失った状態での参戦となる。
やや小柄なキャラ。通常技のリーチはイマイチだが性能は標準的。
超必殺技で死神の力を取り戻し、袖白雪を使うことが可能になっている。
そのため接近戦のウィークポイントをどうするかが課題だろう。
最大コンボ、もしくは袖白雪のような高火力のソースはミスせず確実に決めたい。
その他PS2版の格闘ゲームでもやはり初期状態は一護をサポートしていた頃の制服姿であり
一定条件下でのみ制限時間つきで斬魄刀が使えるようになる。
Jスターズ ビクトリーバーサスではサポート専門で出演。相手を氷柱に閉じ込める「初の舞・月白」で攻撃するのだが、相手を空中に固定するのでキャラによってはちょっと追撃がしづらい。
Jアドベンチャーでは両さんに小娘呼ばわりされてキレていた。見た目と実年齢のギャップが…おや誰か(ry

MUGENでは

Blkfrog 氏が製作したものが存在している。DSゲーム版のドットを使用。
弱中強ボタンと鬼道ボタン、瞬歩ボタン、ゲージ為ボタンの6ボタン式。
制服モードと死神モードがあり、1ゲージ消費して死神モードに変身できる。ラウンドまたぎはしない。
刀を持つことでリーチと火力が多少あがる。空中ダッシュは死神モードの時しか使えない。
必殺技は原作のものが搭載されているが「白雷(びゃくらい)」が未搭載。「塞」「跳び膝蹴り」はコマンドが変更されている。
死神モードはオリジナル技として「初の舞・月白」が搭載。

出場大会

  • 「[大会] [朽木ルキア]」をタグに含むページは1つもありません。