四楓院夜一



    「“瞬神”夜一

          まだまだおぬしら如きに捕まりはせぬ」




 職業:元・護廷十三隊二番隊隊長、元・「隠密機動」総司令官
 身長:156cm
 体重:42kg
 誕生日:1月1日
 斬魄刀:不明
 声優:斎藤志郎(猫)、雪野五月(人間)

『週刊少年ジャンプ』連載の久保帯人氏の漫画『BLEACH』に登場する死神
名前は「しほういん よるいち」だが、れっきとした女性でありオカマキャラでもない。ちなみに日焼けではなく元から褐色肌。
おじいちゃんのようなしゃべり方をするが、性格は自由奔放で気さく。そしてBLEACHを代表するおっぱい女キャラのひとり。
その正体は、死神の世界の四大貴族のひとつ「四楓院」一族にして、女性で初めて当主になった22代目という超がつくほどのお嬢様。
とはいえ夜一は身分についてあれこれこだわりはなく、誰にでも分け隔てなくフランクに接する。
浦原喜助とは古い付き合いらしく、夜一は今も喜助の店に居候している。
元日生まれのためクリスマス生まれの浦原とともに誕生日を覚えてもらえないのが悩みの種のようだ。

少ない食料で腹いっぱいになれる、服を着なくても生活できる、という理由で黒猫に変身して生活することを好む。
漫画で初登場してからしばらく猫の姿だったので、当初から人が猫に化けていた路線だったのか、しゃべる猫キャラ路線が後付で消えたのかは不明。
人間の姿を披露してからは、本編で猫の姿はほぼお目にかかれてない。だが猫の生活が長かったせいで服を着忘れたりする。
自分の裸を人前に晒すことにあまり抵抗がなく、服を着ろと恥ずかしがる黒崎一護をからかっていた。

原作を読まずにアニメを見ていた人にとって、皺枯れた渋い声の黒猫がまさかのナイスバディのオネェチャンだったため、
強烈なインパクトを残すことになった。
…まぁ、原作読んでいて渋い声を想定していた人にとっても、反則レベルのドッキリだったわけだが……。
そもそも、人間態を初披露したときからして全裸だったし

死神としての実績は、近接格闘術「白打」の能力が特に優秀で、そのスピードの速さから“瞬神”夜一と呼ばれていた。
この才能は幼少からあり、朽木白哉が夜一との鬼ごっこで一度も勝ったことがないほどである。
101年前までは、その実力を買われ死神護廷十三隊の二番隊隊長と、偵察や暗殺任務を行う「隠密機動」の総司令官を兼任していた。
ちなみに彼女の斬魄刀が何なのかは明らかになってない。少なくとも回想シーンで彼女は刀を見せていたのだが。
101年間ゆうゆうと過ごしているうちに腕がなまったらしいが、それでも朽木白哉や後輩の砕蜂と遜色なく戦えるレベル。
+ 101年前、夜一に何があったのか

作中では朽木ルキアを救出するために、喜助の助っ人として登場。
一護や阿散井恋次井上織姫茶渡泰虎を導いて能力を格段に鍛えあげたトレーナー。
かの「卍解(ばんかい)」という存在を最初にBLEACHで紹介したのはこの人。
しかし……ある時期からすっかり空気になり、コミックス20巻分くらい出番が無かった。
とはいえ喜助があるところに夜一がいるので、きっと猫のように忘れかけた頃に再登場するだろう。

DS版の格闘ゲームでは、原作らしく圧倒的な速さ。ワープ機能「瞬歩」もいい。
接近戦の体術の技が大きく、砕蜂に負けず劣らずの性能。
速すぎてジャンクでき……プレイヤーも最初は操作慣れするのに時間がかかるだろう。
通常攻撃のリーチはやや短いが、相手に近づくことがかなり容易なので当て投げが脅威。
攻撃判定の強い技にうっかり引っかかって事故負けしないように気をつけよう。

MUGENにおける四楓院夜一

複数の夜一が確認されている。
どちらもDS版ゲーム『ブリーチ2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌』仕様のようだ。
  • Alchemist氏作
フォルダ名は「yoruichi_BMP」。
小、中、大、ゲージタメ、瞬歩、ライン移動の6ボタン式。ボイスは海外版と日本語版にスイッチ可能。
空中ダッシュは出来ないが、3段ジャンプが可能。必殺技は原作のものが搭載されている。
ただしガーキャンの「捕らえられると思うたか?」と超必「まだまだぁ!」「瞬閧(しゅんこう)」が未搭載。

ポニーテール杯VSで知られるピッコロ大魔王氏の作成したAIが大会動画で公開されている。
だが、AIが対応している最新版(Ver1.0)はリンク切れとなってしまっている。

  • Getsuga Tensho氏作
フォルダ名は「yoruichi」。
こちらは小中大ガード瞬歩の5ボタン式。ボイスは海外版。
空中ダッシュ可能でジャンプの高さもすごい。かなり縦横無尽に動けるが2段ジャンプまで。
必殺技は原作のものに加え、相手を一定時間行動不能にするオリジナル必殺技の腹パンがある。

出場大会