エルピス





    「レプリロイドに、明るい未来を!」
インティ・クリエイツから発売された『ロックマンゼロ2』に登場するキャラクター。エルヒス(濁点)じゃなくてエルヒス(半濁点)。
『スパロボOG』毒ガス事件が起きたコロニーでもない(名前の由来は同じ)。そんなもんMUGEN入りするわけないとは思うが…
CVはカシワクラツトム。『ちびまる子ちゃん』のはまじ役や、近年は『ジョジョの奇妙な冒険ASB』シアーハートアタックで知られる。
かつては人間たちの理想郷「ネオ・アルカディア」の都市管理局員のレプリロイドだった。
しかし、とある廃棄されたデータ施設の調査中に、本来閲覧を許可されていない妖精戦争に関する資料を
見てしまい、それを賢将ハルピュイアに見咎められてしまう。
このことが原因かイレギュラー(ネオ・アルカディアに害成すレプリロイド)扱いされてしまい、
困惑しつつもレジスタンスの一員であった同僚の手引きでネオ・アルカディアを脱走した。
この際、彼はそれまでの名前だった形式番号「TK31」を捨て、上述のデータにあった「プロジェクト・エルピス」から
名前をとり「エルピス」(ギリシャ語で希望)と名乗る。また、この時点で英雄志向が芽生えたのか、プロジェクトの
鍵であったベビーエルフの1体を脱走途中に盗み出した。
上記の前日譚を経て『ゼロ2』に登場した時点では、自身の組織と、ゼロが所属していたシエル達のレジスタンスが
合流した後の司令官に就任。提供したベビーエルフを用いた研究にシエルが専念する一方、持ち前の采配で
組織の拡大に貢献する。
司令官としての人望は持ち合わせているものの、プライドが強く嫉妬深い側面がある。
シエルに対しては単なる同志以上の感情を抱いていたことも相俟って、レジスタンスに復帰するや否や
シエルの気を引くゼロや、ネオ・アルカディア時代に自分を見下していたハルピュイアを前にすると
それが表面化。自ら立案した一斉攻撃「正義の一撃作戦」の危険性を指摘された際は、シエルにすら
思わず声を荒げている。
余談だが、作戦に向けて士気を高めるべく演説した際に、部下と一緒に叫ぶ「明るい未来をー!」は色んな意味で有名。アカルイミライヲー

+モットネタバレヲー!
乾坤一擲の「正義の一撃作戦」は四天王の圧倒的な実力の前にエルピス以外全滅という結果に終わる。
己の無力を叩きつけられたエルピスは周囲を顧みず力を求めるようになり、ベビーエルフを連れて
レジスタンスを離れかつて得た知識を元に、「プロジェクト・エルピス」の中核「マザーエルフ」の
成れの果てにして妖精戦争の元凶「ダークエルフ」を追い求める。
ダークエルフの劣化コピーにあたるベビーエルフによりサイバーエルフ・エックスやハルピュイアを退け、
ゼロの追跡空しくダークエルフ本体に到達。最後の封印であったエックスのボディを破壊し
ダークエルフから齎された力を以てレプリロイドだけの理想郷を築くことを宣言。
しかし、手始めのつもりだったゼロの打倒すらできず、更なる力を求めて暴走、異形の姿となる。
このときのエルピスの叫び「キィエエアアアアアアァァモッッッットチカラヲォォォ!!!(訳:ダークエルフさんお願いします、もう少し力を私に貸してください)」が非常にうるさい。

ゼロに倒された後は、"しょうき"にもどった。皆に迷惑をかけたことをゼロに謝罪。
僅かに自我を取り戻したマザーエルフによってその人格はサイバーエルフとなり、
どこへともなく去っていった。
ちなみにエルピスの出番はこれ以降ないが、続編である事をすると、
エルピスらしきサイバーエルフが登場する(調べてもゼロが反応するのみで当人のセリフはない)。

原作で使う彼(第1形態)の必殺技は、ダッシュしながらレイピアで連続突きをする「突進」。
ジャンプした後、数珠つなぎの紫色の飛び道具を放ち相手の体力を奪う「ダークドレイン」。
大量の部下を召喚させる紫色の雲を浮かび上がらせる「ディストーションオーラ」。
レイピアを天に向かって掲げ、剣先からエネルギー弾を拡散させる「スプラッシュレーザー」。
レイピアを地面に投げつけて、刺さった場所から岩が数回飛び出す「グランドバースト」。

前作のラスボスと比べれば行動のバリエーションに富んでいる第1形態はまだしも、
第2形態はロックマンゼロシリーズの歴代ラスボスの中でもそこまで手強くない。
ドーピングしてもやっぱり非戦闘員なので仕方がない

MUGENにおけるエルピス

ARU氏が製作したものが公開されている。AIも氏の製作した物が搭載済。
ジャンプ、レイピア攻撃、エネルギー弾の3ボタン方式。
原作で使った技は全て使ってくるが、大体が超必殺技扱いで、劣化版が通常必殺技になっている。
「地獄門」の強化版が「ディストーションオーラ」で召喚される部下の数が変わる。発生保障つきなので潰されない。
AIは頻繁に地獄門とディストーションオーラによる弾幕を使ってくるので一度固められるとキツイ。
完全オリジナル技「無空球」は相手の飛び道具を吸収するほど強くなる。最初はノーダメージなので相殺されない。
なかでも「グランドバースト」は剣が相手のいる地点をサーチして飛んでいき、削り量も半端内のでかなり厄介。
体力が減った段階で使えるゲージ技「臨劍訣」は大量の剣が相手に刺さりエルピスがトドメに貫くオリジナル技。
2段ジャンプや受け身が出来ないので、固められる前にコンボで固められる戦法で攻めるといいかもしれない。

出場大会


添付ファイル