テングマン





    「小僧、拙者が軽く捻ってやるわ!!」

ロックマンシリーズ第8作『メタルヒーローズ』と番外作品『ロックマン&フォルテ』に登場するボスキャラ。
歴代ボスキャラのなかでも、シリーズをまたいで登場している貴重なボスの一体。
CVは『ロックマンX4』でマグマード・ドラグーンスラッシュ・ビストレオを演じた長嶝高士氏。
7作品ぶりにカプコンスタッフが一からデザインしたボスであり、読者アイディア募集で生まれなかったボスでもある。

名前の通り、天狗がモチーフになっている。性格も天狗で高飛車で傲慢。
いつも高い所に飛んで、誰かを見下して悦に入っている。
最初は台風を人工的に発生させる気象用の実験ロボットの性能に、Dr.ワイリーが目をつけて改造した。
ここまで書いておいてなんだが、公式プロフィールの彼の長所はくうきをよむこと
風の流れや発生を読み取ることなのか、それとも場の空気を読むことなのか。
嫌いなものに「世間のしがらみ」があるので、意外と両方かもしれない。
好きなものは「フライングフィッシュ」、つまりトビウオ。なぜ……。

『ロックマン8』では、最初に倒すのにオススメの弱いボスキャラである
落下一発死亡エリア付き、テングマンは常時空中に浮いているというアドバンテージがあるにも関わらずである。
それは彼が攻撃する瞬間がスキだらけだから。
巻き込まれれば即エリア外に落とされて死ぬ「カミカゼ」、超スピードの突進攻撃、ジャンプで避けるのが不可能なトルネードホールド。
これらすべてを放つ前の予備動作が分かりやすく、ちょっと対策を練ればノーダメージで勝てる。
また、ずっと飛んでればいいのにロックマンのバスターが届く高さまでわざわざ降りてくる。
自信過剰な性格が災いになっているという彼らしいオチであろう。

さすがに反省したのか、リベンジで再登場した『ロックマン&フォルテ』では大幅にパワーアップして帰ってきた。
新技「テングブレード」で接近戦も強くなり、戦い方にもいくらか改善点が見られ最弱の称号を返上した。
しかし今度は弱点武器が致命的に相性が悪く、連発だけで瞬殺されるようになってしまった。
『ロックマン8』では弱点武器は特定の状況でしか喰らわなかっただけに無念である。
果てには、瞬殺さえ生温いと言わんばかりのTASさんの毒牙にかかる事に…
13:45~より


『ロックマン8』での特殊武器は小型の竜巻を発生させる装置を前方に発射する「トルネードホールド」。
これはロックマンが『MARVEL VS. CAPCOM』に出演した際にも必殺技として採用された。
『ロックマン&フォルテ』での特殊武器は目の前に真空の刃を発生させて前方に飛ばす「テングブレード」。
装備中にスライディング(ダッシュ)すると攻撃判定と無敵時間が付与されるため、TAS御用達の武器でもある。

余談だが、テングマンのテーマソングは3曲もあるという優遇っぷり。
これは『ロックマン8』PS版、『ロックマン8』SS版、『ロックマン&フォルテ』版の3つ。
3曲とも空を飛んでいるときに聞きたくなるような曲である。

かつてコミックボンボンにて連載された、いづきこーじ氏の『ロックマン&フォルテ』では自らの飛行能力を
「空に選ばれた」と言っており、ガス欠で墜落したフォルテを「空に見捨てられた」と笑ったばかりか、
味方であるアストロマンにさえ浮いてるだけの無能と見下す等原作通りの傲慢な性格。
その一部始終を見かねたロックマンと戦闘になり、ロックバスターで鼻をちょっぴり折られたことに激昂するも最期はあっけなくたおされた。

+ エグゼでのテングマン

MUGENにおけるテングマン

JOJO氏が製作したものが公開されている。AIも氏の製作したものが搭載。
常時、空中に浮いているキャラでしゃがめない。移動は十字キーで自由自在。
原作で使った攻撃を、必殺技や超必殺技に採用している。
「風刃(テングブレード)」は通常攻撃に格下げされてしまった。
「風葉刃(トルネードホールド)」は原作は触れてもダメージが無かったがしっかりヒットする。
「突擊」ほぼ水平に突進する技だが、準備モーションが丸わかりなのでさほど問題はない。
オリジナル必殺技の「瞬移」はテレポート。ただし出現場所がランダムで使いづらい。
同じくオリ技の「風之壁」は相手の飛び道具を吸収して自分のゲージにする竜巻を体の周りに発生させる。
ゲージ消費技はオリジナル技ばかりである。
「神風特攻隊」は、原作でテングマンと一緒に人工竜巻の発生実験をアシスタントしていた
という設定を持つ使役ロボ「テンクロウ」を10匹以上、ホーミングで襲い掛からせる技。破壊可能。
「烈風突擊」は突擊を3往復くらいする技。発生前のスキだらけさは変わらない。
「災難之牆」は自分のy軸に伸びる竜巻を周りに発生させてゆっくりと移動する技。
竜巻に巻き込まれた相手に追撃が可能なので、使い方によって一気に勝負を決着させる破壊力がある。
「風之舞」はド派手な演出でテングマンが技を総動員して使い、最後に相手を地面に叩き落す技。
AIはとにかく「瞬移」と「風之壁」でちょこまかと動き、惜しみなくゲージを使う。
「災難之牆」を食らってしまえば、迷わず追撃するために攻勢をかけてくるので最後まで気が抜けない。


また、ロックマン∞2 ~史上最低な目的!!~に登場するボス、テングウーマンの元ネタでもある。

出場大会

  • 「[大会] [テングマン]」をタグに含むページは1つもありません。

添付ファイル