トレテスタ・ケルベリアン





「そのほそいくび……ひとくちでぇ

               かみちぎってやるぜぇ!ゴルルルルルルァ!」
カプコンの「ロックマンゼロ3」に登場するボスキャラクター。CVは江川央生
人間の理想郷「ネオ・アルカディア」における冥闇審官という役職を持つ。
ようはレプリロイドが暴走したときに、裁判長として判決をくだす専門のロボット。
ケルベロス型ロボットなのは、3つの頭がそれぞれ独立しているため。彼らは3人で相談してちゃんとした判決をくだす。
ところが、Dr.バイルに戦闘用に洗脳改造されたせいで、すっかり脳筋になってしまい、かつての頭脳明晰で理論的だった優しい性格は消えた。
彼の発言も野生のかたまりと化し、3つあった独立頭脳のうち2つは完全に意思が消えている。
ゼロやハルピュイアを小さいと罵り、反逆者をそのでかい体で問答無用に押し潰す暴虐ぶり。
人は「咬哭の守護」と呼ぶが、自らは「地獄の番犬」と名乗る。その理由は、今の彼の仕事が兵器の管理だから。

ライフゲージは異例の3本。しかもデカキャラ。戦う部屋も広く、スクロールの関係で壁に張り付くことができない。
コンテナを投げて攻撃したり、避けてもタックルで壊しながら突撃してくることもある。
しかも投げたコンテナを壊す紫の爪攻撃「レイザークロウ」が一発で即死なので、うっかり逃げ道を確保しないと詰むことも。
とにかくスペースを確保して戦おう。リコイルロッドで戦うとかなり楽になる。
ダメージを受ける場所が3つの頭部だけなので、ヒットアンドアウェイする機会が増えてくる。
この他にも、鉄パイプをブーメランの形に折り曲げて投げたり、紫色の特殊なガスを吐きまくったり
肩についてる2つの頭が飛び出して2体の犬になり、3体がかりで襲い掛かってくることもある。
慣れるまではビギナーを容赦なくティウンティウン花火大会にする。まずは攻撃パターンを分析し避ける練習をしよう。




「ああーん?いつのまにかぁふみつぶしちまったかぁ?

               小さすぎて気づかなかったぜぇ!」
 

MUGENにおけるケルベリアン

Snowwolf氏が公開したものが存在している。
原作で使ってくる技は、だいたい必殺技としてすべて再現されている。
キャラの大きさは、原作とは違いやや小さめ。MUGENキャラとしてはちょっと大きめくらい。
暴力でゴリゴリするより、飛び道具で攻めて行くキャラになった。
原作で即死技だったレーザークロウは普通の威力の突き技に。
超必殺技は白羅滅精のような全画面攻撃と、ケルベロスの両肩からレーザー攻撃と
どこからともなく犬型の爆弾型ロボットを2体召喚。犬はヒットするまでうろうろする。

出場大会

  • 「[大会] [トレテスタ・ケルベリアン]」をタグに含むページは1つもありません。