マッドグラインダー

CAPCOMの『ロックマン』シリーズの『7』から登場した中ボスキャラクター。
ゲーム中では、最初のオープニングステージで戦うことになる。
手につけたローラーの通り、もともとは土地をなだらかにする整地マシーンだった。
それに目をつけたDr.ワイリーが改造し、破壊ロボットへ。逮捕されたワイリーの脱獄作戦に登用された。
頭部のトサカをブーメランのように飛ばす
口から火を吹いたりもするが、『7』ではOPデモでしか吹かない。

後期に登場した中ボスの中ではかなり優遇されており、ゲームのOPムービーに出演。
MVC背景にも登場したり、続編シリーズでもちょこちょこ出番がある。
それどころか、『ロックマンパワーバトル』ではステージボスに出世、アグレッシブにローラーをふり回したり飛行能力も付いた。
ちなみに、難易度としてはどのシリーズでも弱い。
ローラーが無敵なのでじゃあ顔を狙うしかないじゃん、と弱点がモロバレなせいだろうか。

MUGENにおけるマッドグラインダー

Basara-kun氏 によって製作されたものが存在している。
スプライトはロックマン7のものを使っている。
このマッドグラインダーは原作と違い全体に食らい判定がある。
投げられない仕様だが、マッドグラインダーはガードをしない。
通常攻撃は体当たりとジャンプ攻撃しかない。必殺技超必はオリジナル技。
地震攻撃が前触れモーションがないのでついつい食らってしまう。
ハイジャンプからのストンプやブーメラン攻撃がいやらしい。
AIはピョンピョン跳ねてガン攻め。火力があるのでそこそこ強い。
見た目に反し体重は軽めのデカキャラなのでコンボが入りやすい。
体力が多いので倒すのに時間はかかるが、コンボ練習の相手にはもってこいである。

出場大会

  • 「[大会] [マッドグラインダー]」をタグに含むページは1つもありません。