スパークビー


ロックマンエグゼシリーズの三作目「ロックマンエグゼ3」に登場する雑魚キャラ。
名前のspark(電気)bee(蜂)の通り、電極の針と帯電した羽を持つハチ型ウイルス。
海外版では「elec bee」という名前になっている。

移動はワープ方式で、複数回の敵エリアでの移動ののちにロックマンの背後や斜め前後のマスにワープをして、突進攻撃をする。
このワープは他のウイルスと違って移動の際にエリアから完全に消えてしまうため、その瞬間は攻撃が全く当たらない。
攻撃には電気属性がついており、これらのタイプのウイルスはスパークビー系に分類されている。
対戦する上で気をつける場合は、なるだけ距離を取って戦うこと。キャノン等発動時に隙がある射撃系チップは当てづらい。
イアイフォーム(Aボタンおしっぱで構え、敵が自エリアに侵入した瞬間に自動で切るチップ)があると確実に倒せる。

倒せば「ビーアロー」というチップが手に入る。
電気属性を持つ攻撃チップであり、一直線に突進した後相手エリアに侵入すると斜めに方向転換する特性を持つ。
が、活用としてはやや影が薄い。 キラーセンサーやスパークボールとか他の電気チップが強すぎるだけなんだよ

スパークビー系の上位ウイルスには、「スパークイグル」「スパークレイ」がおりスピードと攻撃力がどんどん上がっていく。
余談だがスパークレイは「サーバーの電脳」にしか登場せず、コレクターズアイ(必ず戦闘後にチップを入手するプログラム)がないと中々チップが入手できない。

MUGENにおけるスパークビー

スターマン・センゾ氏によるスパークビーが製作されている。
ロックマンEXE3のグラフィックを使用しているが、MUGEN用に調整されている。
あくまで地上を上下左右のラインでしか移動できないロックマンEXEとは違い
ワープで出現する場所がステージ全体に広がったと考えていいだろう。
攻撃パターンはワープでかく乱して様子見し、チャンスとあらば体当たりをしてくる。
また、拘束効果のある雷をたまに相手の頭上に落としてくるので気をつけよう。
ライフは少ないので、威力の高い技で間髪入れずにトドメを刺そう。


出場大会



添付ファイル