OVER



「殺してやる…殺してやるぞ 天の助」
週刊少年ジャンプに連載されていた澤井啓夫氏によるギャグバトル漫画「ボボボーボ・ボーボボ」の登場人物の1人。
マルハーゲ帝国(アニメではマルガリータ帝国)の皇帝ツル・ツルリーナ4世直轄の幹部マルハーゲ四天王の一人
四天王最凶と称される男。声優はアニメでは杉田智和氏、ゲームでは谷山紀章氏。
極悪斬血真拳の使い手で伝説の金属オリハルコン製のハサミを武器としている。
また、大砲でお互いを打ち出し空中で対決、うまく大砲の上に着地できないと大砲以外の場所に生えた刃で串刺しにされる
古代ローマに伝わる伝説の闘技法「デスペラード・コロッセオ」という形式での戦闘を得意としている。
6回本気で怒ると真の姿である魚雷ガールに変身するがその時の記憶は継承されない。
名前の由来はこれまでと一線を隔した強さのOVERなやつにするというところから。
今までの敵と違いボケへの反応が薄く遊びのない性格と風貌で本人も一見するとケツアゴくらいしかボケ要素がない。
(実際は真の姿の魚雷ガールや本人に反して部下にバカが多い、前職等あったりするが)
今までとのあまりのギャップにボーボボ達は漏らすほどびびりまくっていた。
実力も名前の由来と風貌に恥じず先に登場しボーボボ達に敗れた四天王の軍艦、
プルプーの2人を同時に制裁し血祭りにあげている。
ボーボボ達との戦闘でも真の姿である魚雷ガールに戻った所で打開策を見出すまで効果的なダメージをあまり与えられなかった。

四天王最凶の名に恥じず
  • 血を見るのが好きで自分の城一帯をこれまで見たことないレベルで毛狩り。
  • 軍艦、プルプーを制裁した理由が敗北するような面汚しと同格だと思われたくないと腹がたったから。
  • 軍艦の部下で城の崩壊から自分を救ってくれたスズを人質に。
  • ボーボボ達に先に3世を片付けて欲しいといわれ快諾したと見せかけてボーボボをだまし討ち。
  • 面識がないとはいえマルハーゲ帝国先代皇帝である3世にゴミ呼ばわりされ、ブチ切れてボーボボ達諸共皆殺しにする気に。
といった風な残虐非道っぷりと気の短さである。

ボーボボ一行の中でも不運もあったとはいえいつものノリで顔にスープぶっ掛けや城の破壊を行ったところ天の助の事を
「舐めた真似をしてくれた」として特に嫌っており、事ある毎に細切れにしている。
先に登場した四天王2人への扱いに対し、実力のあるハレクラニに対しては認めている様な言動をしており、
ゲームで対決した時も本調子でない事を悟るとあっさり引き下がったりしている。

裏マルハーゲとの戦いでは一度敗北を喫し舐められた事に腹を立てボーボボ達と一時協力関係を結ぶも、
いい所無しのうちに(主に天の助のせいで)魚雷ガールに変身してしまいOVERとしては戦闘で活躍出来なかった。
真説でもずっと魚雷ガールのままだったのかほぼ登場せず、最終話のマルハーゲ同窓会ではOVERとして出席、天の助をいびっていた。
+ そんな怖いお方のプロフィール
+ ゲームでのOVER


MUGENにおけるOVER

ju氏による爆闘ハジケ対戦のスプライトを使用したものが存在していた。
現在は2016年のフリーティケットシアター終了によるサイト消滅で入手不可。
超必にあたる奥義がグアバしか実装されていないが氏の他のボーボボキャラ間で専用やられに対応している。
AIは蓬莱氏によるものがデフォルトで搭載されている。

また、パピット氏により十六夜咲夜をOVER風に改変した「アルジェント」というキャラも公開されている。

出場大会

  • 「[大会] [OVER]」をタグに含むページは1つもありません。