マグネットマン







「へへ……

     このマグネットマン様の磁力で

                    動けなくしてやる!!」

マグネットマンとは、『ロックマン3』に登場するボスキャラの1人である。
ワイリーナンバー(D.W.N.)は18。名前の通り、磁石のマグネットがモチーフになっている。
かつてはクズ鉄を処理するための仕事をしていたロボットだった。
全身が磁石のかたまりであり、磁力を調節して物を引き寄せたり跳ね返したりする事ができる。
必殺技は、磁石のように相手にくっつこうと追尾するU字磁石型ミサイル「マグネットミサイル」。

作業ロボット時代は、クズ鉄を磁石で吸い寄せてマグネットミサイルで壊す、という楽な単純作業をしていた。
そのため性格がかなりモノグサで、磁力で楽に生活できるので大雑把である。
どういうわけか健康マニアらしく、肩こりを気にしている。
マッサージ(特に指圧)が好きなようだ。ピップエレキバンかお前は。
健康のためか、ロボットのクセに寝る。しかし寝ぼけて磁力の調整を失敗し、天井に張り付くことがあるらしい。

戦闘では、磁力を発生させてロックマンを引き寄せ、身動きを取れなくする。
この時のマグネットマンは完全に無敵なので、逃げるしか手立てが無い。
マグネットミサイルは、マグネットマンが天井に張り付いてから左右に3連射する。
ミサイルはロックマンに縦軸が合うと一度だけ90度曲がり、真下に向かって飛んでくる。
つまり、ロックマンがマグネットマンの真下にいた場合はミサイルに当たることはない。有効な回避法なので覚えておこう。
弱点は磁力を狂わせる電気系の攻撃や、シャドーマンの「シャドーブレード」。

倒すと手に入る「マグネットミサイル」は、マグネットマンのものと同じく縦軸が合うと一度だけ90度曲がって追尾する。
最大2連射まで可能。空中の小型の敵に有効だが、燃費が悪いため最大で14発までしか撃てない。
うっかり使いすぎてエネルギー切れを起こさないように。
また、一部の敵キャラには追尾性能が機能しないときもあるため注意したい。

+ エグゼシリーズのマグネットマン


MUGENにおけるマグネットマン


Slowcar48氏によるマグネットマンが製作されている。簡易AIも入っておりボイス付き。
パンチ3、キック3の6ボタン式で大KはMVC2にあったエリアルレイブ始動。
ゲージ消費技は、波動or逆波動+PPorKK同時押しで出る。
マグネットミサイルを発射する「マグネットブラスト」はボタンで最大3発まで出る自動追尾弾。かなり出が早い。
電撃を帯びた磁石を投げる「スモールマグネット」も飛び道具だが、こちらは追尾しない。
雑魚ロボットのマグフライを召喚し、相手を磁力で引き寄せる「マグネットプル」は
ボタンで引き寄せられる距離が変わる。地空関係なく引き寄せられた相手はダウン必至なので厄介。
また、ストライカーでブーメランを投げるリングマンを召喚することもできる。
対空技が乏しいので、大Pのマグネットプロジェクトタイルを使おう。

ゲージ消費技はマグニートーから伝授されたとしか思えないパワーゲイザー技「マグネティックショックウェイブ」。
大量のマグネットの弾幕を素早く広範囲に投げる「マグネットストーム」は2ゲージ消費ながらかなり優秀。
また、ロックマンEXE時代のマグネットマン.EXEに約7カウント変身して攻撃できる3ゲージ技「エグゼ・アウト」がある。
「エグゼ・アウト」はジャンプが使用不可の代わりに、ガトリング、ビームサーベル、設置型飛び道具が使用可能。
接近戦にかなり強いモードといえる。しかもタックル攻撃が強いので機動力に落ち度はない。
ただし一撃でもダメージを食らうともとの姿に戻ってしまうので、確実に倒せる時に使う戦法がベストか。

出場大会

  • 「[大会] [マグネット]」をタグに含むページは1つもありません。