ラッシュ




「ロックマン!たすけにきたワン!」

カプコンが世に送り出したアクションゲーム「ロックマン」シリーズに登場する。
ロックマンの生みの親であるライト博士が、ロックマンのために作ったサポートロボット。
ロックマンと同じくほぼ皆勤賞の出番だが、初登場は「ロックマン3」だったりする。
鳴き声でしか喋らないが、人語をしゃべるシリーズもある。CVは高乃麗、置鮎龍太郎高木が歴任。
もともとはロックマン2で登場したサポートメカ「アイテム1号、2号、3号」が元になっている。
これらをラッシュの機能としてライト博士がひとつに統合したのがラッシュである。
人懐っこい性格で、後期のシリーズではロックマンの相棒として前線に張っている。
その後ロックマンシリーズで登場する様々なサポートロボットシリーズの古株に収まった。

さまざま機能がこれまで作られてきたが、代表的な機能といえば「ラッシュコイル」だろう。
ロックマンがラッシュの背中に乗ると、背中に仕込まれたコイルでロックマンが高くジャンプできるというもの。
この他にも変身バリエーションは豊富であり、ジェット、潜水艦、レーシングカー、宇宙船、バイク、探索など。
『MVC』では鼻にドリルが着けられたり…。

しかも、ロックマンと合体してサポートするシリーズにも派生しており、シリーズに欠かせない存在となっている。
その分、イメチェンとして作品ごとに使いやすさや、性能が極端にガラリと変わることも少なくなく
良い意味でも悪い意味でも色々な意味でプレイヤーの頭を悩ませることはある。
実は公式設定で、嫌いなものはかいぞうしゅじゅつらしい。
もしかしてゲームプレイ中に、プレイヤー足を引っ張ってくるのは日頃の恨みを晴らしているのだろうか。
ラッシュを召喚しようとして、うっかり穴に落としてしまったプレイヤーは多いはず。
しかしラッシュは何事もなく復活する。ご主人よりも高性能の可能性が……?

+ ラッシュの歴史

MUGENにおけるラッシュ

Trasgo7氏によるものが公開されている。
相棒のエディはミサイル援護射撃し、ビートは体当たりで援護する。
原作にない炎の弾を吐いたり、ラッシュバイクになって突進したりする。
ジャンプは低いがラッシュジェットに変身でき、攻撃が爆弾投下のみになる。一定時間たつと戻る。
また、フォルテの相棒のゴスペルもなぜかストライカーとして協力する。
ゲージ技は、MVCのロックマンのように巨大なロボットに変身して総攻撃する「Let's Get Together」と
ラッシュジェットで体当たりを2往復する「ラッシュロケット」

出場大会

  • 「[大会] [ラッシュ]」をタグに含むページは1つもありません。