Charlotte


お菓子の魔女。その性質は「執着」。欲しいものは全部。絶対に諦めない。
お菓子を無限に生み出せるが、大好物のチーズだけは自分で作ることができない。
チーズさえ持っていれば 簡単に隙をつくことが出来ただろう。

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』に登場する魔女。公式な名称は「お菓子の魔女」であり、
“Charlotte”の名は本編登場時に表記された文字列(通称「魔女文字」)を、有志が製作した対応表により解析したもの。
その為仏語読みのシャルロットや英語読みのシャーロットと視聴者から呼ばれていたときもあったが、
一部の商品で独語読みの「 シャルロッテ 」が使われたことで、これが公式に準じた読み方だと扱われている。
(これに限らずまどマギは独語が使われることが多い)
同作における「魔女」の定義はワルプルギスの夜キュゥべえの項を参照。
また、黒いマントを羽織ったおり、頭の形と名前も似ているせいか、ある格ゲーキャラがこの魔女の擬人化や人間だった頃の姿と誤解されることがあり、本項でも手描きで擬人化されたキャラと誤報が書かれていた。

原作では第3話に登場。病院の外壁に突き刺さっていたグリーフシードから孵化した。
可愛らしいぬいぐるみのような姿をしており、戦闘能力は無さそうに見える。
(実際に戦闘シーンも相手に嬲られるがままであり、攻撃どころか特に抵抗らしい抵抗もしていない)

+ しかし…(ネタバレ注意)

その本編での活躍(?)や可愛らしい外見から魔女の中でも人気が高く、イラストも多く見られる。
特にマミとの組み合わせが(公式のイラストでも)多く、彼女のマスコットと勘違いしている人も居るとか居ないとか。
魔女化する前の姿はどんな少女だったのかも多く考察されており、結界内に病院に関係するものが多かったり、
好きなチーズを食べられない等から「病弱だったのでは」と考察されることが多い。
(主な考察は ニコニコ大百科の掲示板 等の過去ログを見てみよう)
キャラデザ担当の蒼樹うめ氏も、自身の同人誌で「魔法少女時代は凄く可愛かったんだろうな」とコメントを漏らしている。


実は暁美ほむらのファンからの愛称「ほむほむ」を決定づけたのもこの魔女だったりする。
魔女文字の解読が行われた結果、Charlotteの結界内に堂々と「WATASI HA HOMU HOMU HA DESU!!(私はほむほむ派です!!)」
書いてあったことが判明し、ファンの間で一気に広まったのである。
(制作側は魔女文字が解読されるとは思わなかったと話しており、これ以降は魔女文字の文章には本編と関係ない内容は見られなくなった)

TV本編後を描いた『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』でも、意外な形で物語に関わることに。
+ ネタバレ注意

+ 外部作品での扱い)


MUGENにおけるCharlotte

そりゅ氏(ミラクルめんどくせえ氏)が制作した手描きのものが公開されている。
原作の置物状態が嘘のように非常にヌルヌルかつアグレッシブに動く。
ニュートラルポーズは宙に浮いているが、一般キャラにしたいという製作者の意向で判定自体は足元まである。
フォーク・ナイフを振り回したり中身の第二形態で攻撃したり使い魔を投げ捨てたり
ケーキ雷震掌だったりケーキ玉だったりケーキゲイザーと非常にフリーダム多彩。
ななめ上に投げる使い魔はやや発生の遅い強バージョンのみ地面に落ちた後も当たり判定があり
跳ねる方向もランダムなので非常に扱いが難しい。
ちなみに一定時間食らいやガードをしなければ徐々に体力が回復していく。
AIもデフォルトでLV調整可能なものが搭載されている。
今後の更新で相手をマミる一撃技搭載予定とのこと。北斗要素が多い気がするが、気にするな!

出場大会

出演ストーリー