ロボフォー


『ウルトラマン80』第24話「裏切ったアンドロイドの星」に登場した怪獣。別名「戦闘円盤」。全高40m、重量9万トン。
ファンタス星人が作った戦闘用円盤であり、移動形態から戦闘形態に変化する。
ストップ光線やレーザー光線など各種光線、ミサイルを装備。メカハンドで目標を捕獲することも可能。
その他にも本体を回転させる事により光線を無力化させる能力を持つ。

+ ファンタス星人について

劇中では、正体が露見したファンタス星人達が乗り込み、地球人皆殺しを図って攻撃を始めた。
UGMの戦闘機を操縦不能にし、レーザー光線やロケット弾などで地球防衛軍の戦車部隊やUGMを圧倒した。
80との戦いでもリング状の光線で動きを止めて苦しめたが、反撃に移った80のイエローZレイとサクシウム光線を次々に受け、
最後はバックルビームを受けて墜落し、爆発した。


MUGENにおけるロボフォー

アイアンロックスガヴァドンを作成したアイアンロックスなどの作者氏の物が存在。MUGEN怪獣キャラ総合スレ3で公開された。
現在はカーベィ氏のサイトで代理公開中。最新版は2013年10月10日に更新された。
原作における技は一通り搭載されている。
こぜに氏のヘドラを改変したらしく空中を移動するSTGキャラに近い動きをする。
攻撃も専ら飛び道具主体で、ピンク色のレーザー砲は使い勝手がいい。
他にも、相手の動きを止める「ストップ光線」や威力の高いミサイルを2発出したりもする。
AIは搭載されていなかったが、10月14日にカーベィ氏による外部AIが公開された。
最新版にしか対応してないので、AIを使うなら最新版に使おう。

出場大会