グレート・アクシオン

「筆頭政務官の名において命じる グレートアクシオン、全速前進だ」

分類:超大型母艦
所属:新帝国インペリウム
製造:アクシオン財団
生産形態:ワンオフモデル
全長:1321.0m
動力源:次元力反応炉
武装:DEC反応砲、全方位インターセプトレーザー、DEC重粒子反応砲
乗員人数:20数人

PSPゲーム『第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇』に登場する戦艦。艦長はインペリウム筆頭政務官のシオニー・レジス
アクシオン財団の御曹司であるカルロスの指示によりアクシオン財団により建造され、インペリウムに供与した大型飛行要塞。
全長は1kmを超えるほどの巨大戦艦である。

東南アジア周辺に存在する小国、リモネシア共和国で発見された新鉱石、DEC(ディメンション・エナジー・クリスタル)を
動力源とした「次元力反応炉」を備えた最新鋭戦艦であり、「プロジェクト・ウズメ」の実行のためにリモネシア共和国へと派遣される。
次元力反応路を利用し、DECを反応させることで人工的に巨大な次空の乱れである次元振動を起こす事も可能。
ディメンション・エナジー・クリスタルをエネルギー源としたDEC重粒子反応砲を主武装とし、
各所に迎撃用のレーザー砲が装備されている。

後述の事件が起こった後、シオニー・レジスを指揮官とし新帝国インペリウムの居城となる。
多数の次元獣を従えた新帝国インペリウムは本艦を旗艦に世界中の各国にでたらめとも思える
無秩序な侵略・破壊活動を開始し、次元獣に対抗する戦力を持たない小国は壊滅させられ、
戦力を持つ国家も無限に出現するかと思われる次元獣の前には疲弊を強いられることとなる。

艦名はスポンサーであるカルロス・アクシオン・Jr.の自己顕示欲により「グレートアクシオン」と名づけられたが、
指揮官であるシオニーは、祖国の名をとって「グレート・リモネシア」と名づけたかったようで、
実際作中でもその旨を発言している他に、最終決戦においても「グレート・リモネシア」という名前で本艦を呼んでいる。

続編の『再世篇』でインサラウムの大型飛行要塞「パレス・インサラウム」の流出した設計図を利用して開発が行われたことが判明。
オリジナルのパレス・インサラウムとは異なり、グレート・アクシオンの時空振動システムは不完全なため、
劇中に登場する機動兵器「アリエティス」の存在が発動には不可欠であるという欠点を持つ。

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)

ゲーム中では第29話と最終決戦の2度登場。
ただし1度目は毎ターン精神コマンド「鉄壁」を使用し、戦闘時は防御行動しかしてこないために、
非常に固く倒しづらいうえに、仮に倒しても復活するため完全な撃墜は不可能。
(勝利条件は他の全ての敵の撃破なので、倒さなくてもクリアは可能)
この時点での撃破は総耐久力がラスボスの耐久力の実質二倍に匹敵するため非常に難しいが、
撃破すると資金とこの時点では貴重なパーツを入手できるため、二週目以降のやりこみ要素としての配置である。

…実は1週目でもR-ダイガンをフルボッコにし続けたりして稼ぎまくる等、徹底的に下準備を行えば充分やれたりもするが。

+ 最終決戦

+ 艦長の説明をなさい!土下座しながら!(本編のあらすじネタバレ)


MUGENにおけるグレート・アクシオン

リュウセイ氏によって制作された。現在β版が公開されている。
所謂サンドバッグキャラであり、人操作もできない。
ステータスがLife74000、Def1510、ととてつもない数値だが、
実際は攻撃を10回食らわせれば倒すことが可能。オレは実は10回刺されただけで(ry
その特性上、弾幕キャラに弱い。
%nF1・%nF5を使用するEX版も同梱されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17459961

また、公開されていないがうらたわに動画の製作者である
pprn氏自身が製作したと思われるキャラが敵として登場している。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16244302

出場大会

  • 「[大会] [グレート・アクシオン]」をタグに含むページは1つもありません。