ディクシーコング

マリオポケモンでおなじみの任天堂から発売された「スーパードンキーコング」シリーズに登場するキャラ。
ドンキーコングの相棒であるディディーコングのガールフレンド(つまりメス)として「スーパードンキーコング2」に初登場。
CVはアニメはベッキー、ゲームではマリオシリーズの「ミラクルベースボール」や「ドンキーコングたるジェットレース」に笹島かほる。
「ディクシー」という名前の由来は不明。
ディクシーがギターを演奏できる事から、カントリーミュージックの大ヒット女性バンド「ディクシー・チックス」を思い出す。

ゴリラなのに、ジュースを飲んだり風船ガムをかんだりするが、『3』ではガムのみになっている。
彼氏のディディーコングはチンパンジー(なぜか尻尾があるが、64版ではっきり「チンパンジーのチャンプ」といわれている)だが、
ディクシーもチンパンジーではなく、れっきとしたメスゴリラである。

スーパードンキーコング3では、ドンキーとディディーが誘拐されたのでディンキーコングと共に主役に抜擢された。
スパドンシリーズは、2でドンキーがリストラ、3でディディーがリストラという流れがあったので
次回作の4ではディクシーがリストラされるのかな、という予見は事実上の続編「ドンキーコング64」にて現実のものとなってしまった。
まあ、3初登場のディンキーもリストラされたけどな!
ちなみに64では「髪を武器や空中移動手段にするタイニーコング」と「大きくて力持ちだけどおとなしいチャンキーコング」という、
ディクシー&ディンキーそのまんまな新キャラクターが登場。…ディクシーたちの立場は一体…
その後の露出はドンキーやディディーと比べて控えめになり2008年ぐらいからはほとんど見かけられなかった。
HALでおなじみの桜井政博さんによれば、スマブラXに出演する企画もあったようだが……。

しかし2014年、WiiU専用ソフト『ドンキーコング トロピカルフリーズ』にて再登場。久々にドンキー本編でPCとして操作できるようになった。
ドンキーコングとペアで行動するのは初である。


性能としては、女性ゆえかディディーやディンキーと比較すると
スピードがディディー>ディクシー>ディンキー、パワーがディンキー(おそらく>>)ディディー>ディクシーになる。
それを補うディクシーの特性として、ポニーテールを活用したアドバンテージがある。
どういう仕組みか、体ごとポニーを回転させることにより空中では滑空・地上では強力な武器となる。意外ッ!それは髪の毛ッ!
特にゆっくり下降しつつ横方向に大きく移動できるのは、辛口アクションのスパドンでは大きなアドバンテージとなる。 あまりに大きすぎてディディーやディンキーの影がかすむくらいである。特にTASでは。
あと原理は不明だがポニーテールでタルを持ち上げる事が可能。そのため上空の敵にタルをぶつけるのが楽で便利。逆にぶつけたくないときはディディーやディンキーを使う。
トロピカルフリーズにおいては、前作にあたるドンキーコング・リターンズを踏襲してかドンキーのサポートに回る形となるが、ディディーに比べると上空の滑空が得意でない代わりに少し上昇できるという性能である模様。

MUGENにおけるディクシーコング

A.T氏が製作したものが存在している。
格ゲーでは珍しい光景だが、ジャンプで相手の上に乗っかるように被さると踏みつけになりバウンドする。
キャラによってはふみつけてダウンした相手を、さらにふみつけることもできる。
触れると転倒効果のあるバナナの皮入りの宝箱や、下段判定の鋼鉄タルを投げつけれる。
空中で出せるポニーテールのスピンは、慣性はつくが一度出すと操作ができない。
ただしキャラのくらい方によってはゴリゴリ当てらる。低空で出し続けたりと上手くやれば高威力になることも。
ブロッキングでしのぐ相手にも猛威を奮うが、ガーキャンには滅法弱い。通用する相手かきちんと見極めよう。
ゲージ技は3つ。一度画面外に出てローラーコースターで体当たり。2ゲージで1ヒット。
画面端どうしで出すと画面中央までしか移動しない。くらい判定がディクシーにしかないので画面端からの脱出に。
画面からファンキーのフライングサーフィンが横断する技は、場を荒らす飛び道具として考えるといい。
攻撃手段としてもっとも使いやすいのが、ランビのスーパーダッシュ。
ガー不の画面端まで届く高火力のタックルで、暗転してからジャンプで避けることはほぼ無理。
しかし暗転前にジャンプしているか前転されていれば逆に当たることはない。
機動力やゲージため効率などが芳しくないディクシーにとっては貴重な生命線といえる。


出場大会

  • 「[大会] [ディクシーコング]」をタグに含むページは1つもありません。


添付ファイル