アグリアス・オークス




「人の夢と書いて ( はかない )
          何か物悲しいわね…」




アグリアス・オークス(Agrius=Oaks)
年齢:21歳(Chapter2開始時)
職業:ホーリーナイト
誕生日:巨蟹の月1日(6月22日)

スクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたSRPG『ファイナルファンタジータクティクス』の登場人物。
作中の重要人物であるオヴェリア王女の護衛を務める女騎士。アトカーシャ王家直属の近衛騎士団「ルザリア聖近衛騎士団」に所属。
専用ジョブは「ホーリーナイト」だが、公的にはただの「騎士」である(作中では称号としての「聖騎士」は正規騎士団の団長級の者にしか与えられない)。
本編には声はないが、『LORD of VERMILION III』では沢城みゆき氏が担当している。

名の「アグリアス(Agrius)」は世界で最も美しい蝶のひとつとして知られる、南米に生息するタテハチョウの一種ミイロタテハ(三色立翅)属のAgriusから取られている。
(これ以外にスズメガにも同名のAgrius属がいるが無関係。なおAgrius自体は本来は男名前であり、ギリシャ神話にはちょくちょくこの名前の男が出てくる。)
姓の「オークス(Oaks)」は亜人の方(orc)ではなくオークの木(日本で言うナラ(楢)もしくはカシ(樫))が由来。
オークは堅く丈夫なため道具や武具の材料になる他、「勇気」や「騎士道精神」を象徴する意味もあり、まさに名が体を表していると言える。

設定

五十年戦争終結後、イヴァリース(畏国)を二分する権力を持つラーグ公とゴルターナ公の政争により国内の緊張が高まるに伴い、
オーボンヌ修道院に預けられていた王女オヴェリアの身を王都へと護送するため、
アグリアスらの部隊(作中に登場するのはラヴィアン・アリシアともう一人(名前は不明))は元老院の命によって修道院に派遣される。
しかし任務の途中でゴルターナ公の南天騎士団 *1 の襲撃を受け、応戦している間の隙を突いてオヴェリアは誘拐されてしまう。
後を追うアグリアスらはゼイレキレの滝で北天騎士団に追い詰められていた誘拐犯に追いつくも、
王女を抹殺しようとする北天騎士団と、彼女らが雇っていた傭兵・ガフガリオンの裏切り(と言うよりは最初からラーグ公の手の者だった)によって危機を迎えるが、
傭兵団の一員であった主人公ラムザと、かつてその親友であった誘拐犯・ディリータの手助けもあり、無事オヴェリアを奪還する。

北天騎士団を敵に回したことで孤立したアグリアスらはグレバドス教会直轄領の領主・ドラクロワ枢機卿の協力を取りつけ、ライオネル城でラムザらと別れる。
ところが教会もまた裏で王女を利用して権勢を得ようと企んでおり *2、オヴェリアは再び捕らえられてしまう。
一方、図らずも「聖石」を手にし、真相を知りすぎたラムザも枢機卿に命を狙われることとなり、アグリアスはラムザを誘い出すための餌として利用される。
バリアスの谷でアグリアスを保護したラムザたちは、王女を救出するためにライオネル城へ向かう…。
アグリアスはその後一貫してラムザ隊の一員として同行することとなる(除名したりしなければ)。



高潔で凛々しい性格や容姿、時折見せる女性らしい一面、戦闘での使い勝手の良さなどから、発売後15年以上経つ今もなお高い人気を誇るキャラクター。
セイバーのようにアグリアスの影響を受けて生み出されたと思われるキャラクターも少なくない。
「アグリアスはセイバーのパクリ」というのはネタなので真に受けないように。 たまに本気で言ってそうな人もいるけどFFTが1997年、Fsnは2004年発売なのでアグリアスの方が先輩。
ちなみにこのネタはFFT開発陣にも届いてたりする
正義感の強さから、名家の出であるがゆえにつきまとう葛藤に悩まされ、家族や友人、運命に裏切られ続けてきたラムザを初めて
「今さら疑うものか!私はおまえを信じる!!」
と肯定し励ましてくれる人物であり、その力強さに胸を打たれたプレイヤーは多いとか。

その為かファンの間ではFFTのヒロインとして扱われており、ラムザとのカップリングを推す人も。
というか、作中でラムザと絡む女性キャラは妹のアルマを除くとアグリアス含めて数人だけであり、
その中でもお互いに本心を開ける間柄と言えるのはアグリアスぐらいしかいないので、ある意味自然な流れと言える。
実の所、上記のラムザを励ます場面はアグリアスも北天騎士団に裏切られてオヴェリアを殺されそうになり、頼りにしたドラクロワ枢機卿にも裏切られ、
アグリアスを助けに来たラムザも 北天騎士団のトップの実弟という素性をアグリアスに何一つ教えていなかったのを敵に暴露された 直後である。
「僕はオヴェリア様の誘拐なんて全然知らなかった!本当だ!」 なんて言われても疑心暗鬼で誰も信じられなくなりそうなものだが、
そんな状況でも自分が信用した者を疑わなかったことが彼女の実直さを表している。

オリジナルのPS版では中盤以降これといったイベントが用意されていなかったが、PSP版ではアグリアス関連のイベントが3つ追加されている。
一つは「永続ヘイスト・永続プロテス・永続シェル・物理魔法AT+3・聖属性強化」というチート性能なアクセサリ「ティンカーリップ」*3 が入手できるイベント。
…しかしこのイベント、ラムザの仲間の一人(男)であるムスタディオが誕生日プレゼントとして口紅を送る」というものだったため、
前述のカップリング推しの方々は悲痛な叫びを上げたとか、上げなかったとか。
まぁ、描写としては恋仲を匂わせるようなものでも無いし、気にせず使うファンも多いのだが。
そんなムスタディオはサブイベントでラムザの冗談によって半殺しにされる運命にある。

また、このイベントでは化粧品等の事を意外とよく知っているという、普段のイメージとは違った一面を見ることができる。
ヘルプメッセージ(このページ冒頭の台詞)からも彼女の素が女性的なものである事が伺える。
もっとも、典雅さも求められる王女の近衛兵という立場なので女性的な事に詳しいのは当然と言えなくもない。

二つ目は北天騎士団脱走兵との戦闘。この時アグリアスは操作不能のNPCとして強制出撃する。
この時点でアグリアスはかなり育っているはずなのでNPCでも無双を始めてしまうが、敵が貴重なアイテムを持っているので無双されると邪魔だったり。
おかげで戦闘開始直後に戦闘不能にされるか、サポート系ジョブに就かされる羽目になる。
ここでの話の流れに別にアグリアスは必要じゃないのは秘密。

もう一つはオヴェリア王女にいざという時の為に護身用の短剣を渡すというものである。
また、王女に側に居て欲しいと頼まれるもラムザ達の手助けのため断り、不本意ながらもディリータに王女の護衛を頼んでいる。
……これらの行動が尽く裏目に出た結果、エンディングは悲惨である。ディリータが口は災いの元を地で行くキャラだったのが一番の原因だけど。
生真面目な彼女の性分では本編後ずっと後悔に囚われてもおかしくない*4
というか、LORD of VERMILION IIIで「あの時、二度と戦わないと誓った」と言っているので
オヴェリアの死は相当堪えたようである(ディリータについては憎んでいる様子がないので、オヴェリアの死の真相は知らないと思われる)。

なお、LORD of VERMILION IIIにて10年後の自分は「 愛する夫と子供との生活 」であると盛大にノロけた。
誰とは言われてないが、順当に考えればアイツしかいないわけで…。
しかし、そんな彼女達の近況はオルダリーア国内の独立運動に参加しているというもので、
しかもそれにディリータが介入しようとしている事が示唆されている。
どうにも彼女の夢見る結婚生活はまだまだ遠そうである。
ちなみにディレクターであり脚本を担当した松野泰己氏のTwitterではドレスを着た姿をラムザに見せるというシチュエーションのツイートが書き込まれている。


性能

専用ジョブは「ホーリーナイト」、固有アビリティは「聖剣技」。
聖剣技はノーコストで発動できる間接攻撃で、範囲攻撃に加えて一定確率で状態異常を与える技が多く揃う強力な技である。
その名の通り聖属性の技が揃っている…と思われがちだが、実は聖剣技は全て持っている武器の属性に依存するため、冷気属性の聖剣技なんてのも可能。
説明では聖属性になっている?聖属性吸収防具を装備すると敵が聖剣技を使ってこなくなる?聞こえんなぁ?
特に攻撃範囲が高低差に依存しない「無双稲妻突き」、射程が直線状に長く、聖剣技中最も威力が高く混乱の追加効果もある「聖光爆裂破」辺りは非常に優秀。

初期ジョブのままでは機動力が低いという欠点はあるが、その分聖剣技が非常に使いやすいので問題なく補える。
中盤で正式に仲間になって以降は主戦力と言っても良い程の力を発揮するだろう。
また、NPCとして参加する加入直前の戦闘で使った技が習得済みになるので、上手くやれば「無双稲妻突き」「聖光爆裂破」以外は覚えた状態で仲間に出来る。
余談だが「聖剣技」などのアビリティは剣装備でなければ使えないが、何故か盗まれた場合に限り素手でも使用できたりする。
終盤には「FF最強のシド」と呼び声高いチートじじい「雷神シド」ことオルランドゥが仲間になるが、アグリアス自身決して弱くはないので問題なく最後まで使える。
むしろ、高性能な女性専用装備の数々を上手く活かせば、オルランドゥ以上の使い勝手の良さを発揮してくれるだろう。
欠点を挙げるとすれば、女性であるが故にオリジナル版ではMove+3を習得できないことだろうか
(PSPでは追加ジョブになることで習得可能。また、オリジナル版でもテレポを習得することである程度補強可能)。

彼女に愛着を持つ人であればオルランドゥのエクスカリバーをぶんどって彼女に献上する事も珍しくない。 愛に全てを。
その他にも、オヴェリアの護衛としてのイメージが似合っている「セイブザクイーン」を メリアドールから剥ぎ取る 装備する人もいるようだ。
真面目な話をすると、これらが属する「騎士剣」というカテゴリーが強力である分、この二振りを除くと入手がかなり面倒くさいので、
レアアイテムを得る「密猟」をやらなかったり、ディープダンジョンに挑む気が無いのならこれらを使いまわすしか無い(PS版ではバグで増殖できたりするが)。
逆に言えば、密猟でディフェンダーを手に入れればより早い時期から高火力のユニットとしての活躍が見込める。
ただし、前半加入だけあって、専用ジョブの補正値・成長率は低め。さらに女性キャラの仕様として魔法攻撃力が男性キャラより高い(男性キャラはその逆)。
この補正値と成長率の低さと女性キャラの仕様が足を引っ張り、何も考えずにホーリーナイトのままで育てると
物理攻撃力を重視しなければならないのに、魔法攻撃力の方が高いという悲しいことになる。
もっともFFTというゲーム自体が転職を頻繁に繰り返すためホーリーナイトのままで居る可能性は非常に低く、この点はあまり問題にはならないことが多い。
ジョブチェンジを繰り返して育てた結果、踊り子をマスターしているとかよくある事*5
固定キャラがジョブチェンジの際に服が変わらない事に血の涙を流したプレイヤーは数知れず


MUGENにおけるアグリアス

2ちゃんねるの「【同人ゲーム】MUGENキャラ作ろうぜ!」スレにてelmeth氏のドットが公開されており、
それを使ったものが公開されている。
+deretun氏製
  • deretun氏製
操作はパンチ、キック、斬りの3ボタン式。mugen1.0用だがwinmugen用のdefも同梱されている。
必殺技は3つで突撃技の「無双稲妻突き」「リジェネ」はゲージを少し消費して体力を回復させる。
「乱命割殺打」は当てるたびに1ゲージ技「北斗骨砕打」の即死確率が上昇していく。
コンボに組み込める1ゲージ技「不動無明剣」に3ゲージ技「聖光爆裂破」は生当てで5割弱の威力。
全般的に近距離技しか持たないうえ回避動作等もない、機動力も高くないため遠距離で攻撃されるとそのまま封殺される恐れがある。
AIは搭載されていない。

+お家氏製
  • お家氏製

ニコニコ動画で一番よく見かけるのがこれ。
攻撃はやはり3ボタン式。コンボゲー仕様とのこと。必殺技は強で出すとEX化する。
「北斗骨砕打」は弱で手前中で奥、EXで相手の位置に発生する飛び道具。
「乱命割殺打」は対空切り。中とEXで時差ダメージがある。ちなみにこの攻撃はガード可能なので投げ等で崩しつつ当てるといいだろう。
「不動無明剣」はヒット後一定時間相手を拘束する。
1ゲージ技「無双稲妻突き」は北斗骨砕打の強化版のような性能。2ゲージ技「聖光爆裂破」は当てると一定時間相手が混乱する。
またラウンド開始時にアクションアビリティが選択可能。現在はアイテム士、ナイト、弓使い、モンク、白魔道士、時魔道士、召喚士が搭載されている。
ストライカーとして、ラヴィアン・アリシアを呼ぶこともできる。
今後、この他にも各種アクションアビリティを追加予定のようだ。
デフォルトでAIが搭載されており、怒涛のラッシュで相手を壁端へと追い込む強さを持っている。
AIレベル8/10、他デフォ設定、対戦 1:30~ 対戦 14:36~、解説 28:19~

+青っぽい猫氏製
  • 青っぽい猫氏製
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19522502
攻撃は弱中強の三種類。こちらも必殺技を強で出すと1ゲージ使用のEX版になる。
不動無明剣は相手を拘束、無双稲妻突きは突進技、乱命割殺打は対空技となっている。
北斗骨砕打は2ゲージ技で一定条件で相手が即死する飛び道具。
聖光爆裂破は3ゲージ技で相手の足元に発生する飛び道具になっている。
蓬莱氏のAIを搭載したものも公開されている。

+青っぽい猫氏製BBアレンジ
  • 青っぽい猫氏製BBアレンジ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19710089
ブシドーブレードなシステムを搭載した、一撃が重く動きが遅いアレンジ。
打撃が一定確率で一撃必殺になり、月華の剣士のような弾きが搭載されている。
ゲージ技や必殺技は無く、ガードキャンセル弾きにのみ使用する。
飛び道具として投げナイフもあるが、回収しないと再度使用することは出来ない。

+kainintherain氏製
  • kainintherain氏製
MUGEN1.0専用
海外サイトで公開されている海外製アグリアス。
kong氏を思わせる、easy/normal/hardの3種のcmdからDEFで選択する方式のAIを搭載。
デフォルトはhardになっているので物凄く強い。
剣技よりワープ技など魔法を主に使うのが他の製作者のものとは違った特徴。
サイズはやや小さめのものとノーマルの二つから選べる。
最新版はfinal version(v2)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20268864 http://www.nicovideo.jp/watch/sm20185627

+Susuki氏製
  • Susuki氏製
スレで公開されている。現在はα版とのこと。

+おかん氏製 FF11風
  • おかん氏製 FF11風
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19951071
FF11におけるナイトの要素も加えられたアグリアス。
エフェクトや音声もFF11の物になっている。
デフォルトでAIも搭載されている。
現在は公開停止中。


また、この他にもDESPARATE NAIVENESS氏が製作したアグリアスも存在したようだ。
こちらはYahooブリーフケース消失により入手不可。

+アーケードモードオープニング
Thumbnail
+YouTube動画
6:45から

人気が高いキャラであり、ファイナルファンタジー出身のキャラや
女騎士という共通点を持ったキャラも多いため、タッグ大会での出番増量が期待される。

出場大会

更新停止中


*1
実際はゴルターナ公に王女誘拐の嫌疑を着せて権力を失墜させると同時に、オヴェリアを亡き者にすることで
自らが擁立するオリナス王子の即位を決定付けようと画策したラーグ公(と、その重臣のダイスダーグ・ベオルブ)が派遣した
北天騎士団による偽装工作であった。

*2
教会はラーグ公とゴルターナ公の対立を煽ることで漁夫の利の権勢を得ようと企んでおり、
事前にラーグ公による王女誘拐計画の情報を掴み、ディリータを送り込んで本物の誘拐犯を殺害、入れ替わらせていた。
その後一時的に王女の身柄がアグリアスに引き渡されたのも、
彼女らが向かう先はライオネル城しかないことを知った上で仕組まれたものである。
また、教会はこれと並行して「悪魔の力」を秘める「聖石」も集めており、聖石を巡る争いがFFTのストーリー後半の核心となっていく。

*3
ちなみに初出はPSのゲーム『ベイグラントストーリー』。FFT獅子戦争において逆輸入された形になる。
ベイグラントストーリーではFFTのキャラ数名が過去の歴史上の人物となっており、
ティンカーリップもかつてアグリアスが使っていたという設定。
が、そのティンカーリップがFFTでは設定上市販品だったという事実に噴いたプレイヤーもいたとか
このためFFTとベイグラントストーリーは同じイヴァリース世界の物語(時系列はベイグラの方が少し後)であると思われていたが、
後に両作品のプロデューサーである松野泰己氏によって、これらはスタッフの遊びで入れられたものであり、
両作品は別世界の話であることが明らかにされた。
正式にFFTと世界観を共有している作品は続編にあたる『ファイナルファンタジータクティクス アドバンス』と
『ファイナルファンタジータクティクス A2』、『ファイナルファンタジーXII』が存在し、
「イヴァリース・アライアンス」というシリーズ名が付けられている。

*4
尤も、FFTのラムザ達の結末は 全員生死不明 であるため、彼女を含め仲間全員がその時に死亡している可能性が高い。
しかし、ラムザと妹のアルマらしき人影が目撃される、元の世界に帰れたはずの仲間がいるなど、
「もしかしたら生存しているかもしれない」という描写もされている。時々議論の俎上に上がるが、真相は闇の中である。

……と、長年言われていたのだが、LORD of VERMILION IIIとFFTがコラボしたのを機に、
FFTはラムザ達が全員生還しているのが公式設定 である事が松野泰己氏がTwitterで公表した。
(松野氏としてはラムザ達が死んだと思われているのが不満だったらしく、以前から公表したかったとか)

*5
というか、踊り子は戦士系ジョブを極めていくと到達するので、
基本的に戦士系のジョブに就く事が多いアグリアスは自然と踊り子に近付く事になる。