ナイトメア





      「貴様らなど 剣の糧に過ぎぬ…!」

出身地:不明
誕生日:不明
身長:168→178cm(V)
体重:95→96(III)→152kg(V)
血液型:不明
家族構成:不明
武器銘:ソウルエッジ(シリーズごとにツヴァイハンダー、♂、幻影、完全など)
年齢:不明(ソウルエッジとして太古からの時を生きている)
人間関係:自らの意思に忠実に従うティラを従えている(III)
     すべての生命は己を満たす糧でしかない(IV)
     『デュマ伯』として神聖ローマ皇帝ルドルフに取り入っている(V)
     邪剣の眷属「イヴィル」を数多く従え、私兵とする(5)
格闘スタイル:ソウルエッジの記憶(I)かつての記憶(II)
       鎧に染み込んだ記憶(III~IV)剣の望むがままに(V)
キャッチコピー:「蒼き悪夢」(I)「凶夢の残影」(III)「終炎の悪夢」(IV)
CV:檜山修之(I~II)、立木文彦(III)、廣田行生(IV)、増谷康紀(V)

ナイトメアとは、格闘ゲーム『ソウル』シリーズ皆勤賞のキャラクター。
ホーリー・ナイトメア社とは関係ないブリタニアの人型機動兵器とも無関係。
蒼い鎧で全身を包んだ騎士の様な風貌だが、鎧に人格があるのではなく握っている剣「ソウルエッジ」が鎧を操作している。要するに 剣が本体 である。
+ ソウルエッジとは?
シリーズ中で紆余曲折があり、消滅したと思ったら鎧に意識を逃がして生き延びていたり
宿主が無くなったと思ったら仮初の肉体を手に入れたり、
異次元に飛ばされたりバラバラになって世界中に災厄を振りまいたかと思ったら破片が集結したり。
『V』では、新たな宿主「デュマ伯」の肉体を乗っ取っている。
デュマ伯とソウルエッジの具体的な関わりは細かい設定は謎だが、
当人はローマ帝国にうまく取り入り、多くの兵隊を率いる将軍として生活している。
これがデュマ伯の意思なのか、ソウルエッジの考えなのかは不明である。

原作ではシリーズ通じて圧倒的な長いリーチと高火力のキャラ。
初期は『ソウルエッジ』のキャラ、セルバンテスの上位互換、
続編の『ソウルキャリバー』からはジークフリートとほぼ同性能といったコンパチキャラだったが、
ジークがソウルエッジの呪縛から開放されるなどがきっかけで少しづつ差別化が図られ、
『V』では初見殺し要素が強くなり、リングアウト勝ちが狙いやすいキャラとなった。

+ 悪夢に勝る恐怖

MUGENにおけるナイトメア

海外のAgentWaffle氏によって製作されている。
海外版だが音声スプライトは『II』から流用している。
キャリバーシリーズは縦切り、横切り、ガード、キックの4ボタンが基になっているが
こちらは小斬り、大斬り、小キック、大キックで4ボタンになっている。
ゲージ技は搭載されていない(厳密にはキャリバーにも2D格闘にあるようなゲージ技はほぼ無い)
原作のように攻撃のスキがデカイわけではないが、火力が控えめになっている。
そのため、接近戦にもちこまれると原作以上に非常に苦しい闘いを強いられてしまう。
搭載技は、リーチの長い突き「Piercing Strike」や地空問わず相手を一定距離だけ吸い寄せる「Soul Pull」
接近戦に「ヘッドバット」、ダウン追い討ち最大連続5回(しかしタイミングをずらすと8回位つながる)の「ストンプ」
相手を吹っ飛ばす「ドロップキック」がある。ドロップ後はダウンし、コマンドでうつぶせから仰向けにできるが意味はない。

出場大会



添付ファイル