F1

MUGEN本体におけるF1

キーボードのキー。自動車レース「F1グランプリ(フォーミュラ世界一選手権)」のことではない。
MUGENではデバッグキーの役目を果たしている。

効果
  • 押すと2P側のキャラクターがKOする。
  • Ctrlキーと同時に押すと1P側のキャラクターがKOする。

また、このキーを押して勝った場合は、勝ちマークがドクロマークとなる(デフォルトのみ)。

MUGENキャラクターとしてのF1

キャラとしてもMUGENに存在していて、Thomas Hsieh氏が製作している。
上記の効果そのもの(若干違う?)を備えたキャラ。
無論言うまでも無いが、論外キャラである。
相手の体力を一方的に減らす、ように見せかけているようだが中身は
  • 即死ダメージの全画面判定のProjの攻撃
  • 当身でのステート奪取でのLifeを0に固定(TargetLifeAddはない)
体力は最初から1(?)らしく、もし相手に耐え切られた場合は負けるという、論外キャラとしては良い性能と言えよう。

しかし神オロチをも即死させた新しい即死「混線バグ」で殺しきることが可能になっている。
しかし混線バグを成立させるF1側のHelperの出るタイミングが1番最初である為、混線バグ発覚当初はかなり成功率が低かった。
現在では安定して即死する方法があるため即死精度の一つの基準となってる。

+F1が即死する仕組み
混線バグは相手がHelperが出た瞬間そのHelperのステートをこちらに引き込むことが可能で、
それを利用してF1の出す当身Helperのステートを取る。
(これが当時難しかった1P限定と言われていたが現在は時止め利用で2Pも可能なのかな?)
その後はトムキラーと同じProj取得名義バグなのだがF1にはHitdefをするステートがないので
かわりにF1が使用している即死ステートに飛ばすとそこにLifeSetでLifeを0にする記述が
「Trigger1 = 1」で誰にも適用可能になってて、そこにF1が居ることによりLifeが0になり
(-3ステートでLifeが固定されているが処理の順番のせいで機能しない)即死するという事である。

+以下、大会ネタバレなど
凶悪&論外グランプリのEDにゲスト参加し、大会の優勝者である鬼巫女12Pを一撃で葬り去り
(実際は鬼巫女側がうp主の改変で勝手に自滅しているだけだが)、八百長システムにより
勝負の結果は永遠につかない無限ループに陥ってしまっている。
八百長同士の勝負とはこれいかに。完全に別世界である。
まさに「終わりがないのが終わり、それがゴールドエクスペリエンス・レクイエム」
最新版では開幕で確実に即死されるようになり、その他キャラにもF1を開幕即死させられるキャラが増えてきている。

参考動画




なお、同様なデバッグキーキャラとして、下記のキャラ達が存在する。
+七紙零氏制作 F2
  • 七紙零氏制作 F2
F2の疑似キャラではあるがカラー差があり1~6p、7~12pでキャラ自体が変化する。
1~6p:文字通りデバッグキーのF2を連打するキャラ。一生懸命相手のHPを削ろうとする。神キャラ以下だと撃破不能。
7~12:F02というキャラクターになる。こちらは凶~狂と良心的な強さになっている。
+七紙零氏制作 F4
  • 七紙零氏制作 F4
F4の疑似キャラ。
カラー差はあるが基本的にF4(試合をリセットする)を連打する効果がもたらされる
高カラーになると隔離キャラでなければ撃破が不可能になっている。
+ただのたび人氏制作 F1F2F3F4
  • ただのたび人氏制作 F1F2F3F4
性能は不明だが恐らくF1~F4までのデバッグキーを連打するキャラだと思われる。
カラー差は細かく設定されている模様。
+魔琥怒鳴奴氏制作 Key
  • 魔琥怒鳴奴氏制作 Key
F1の改変キャラ。制作者は台湾の魔琥怒鳴奴氏。
カラー差は1P、11P、12Pと3種類ありそれぞれ性能がまるで違う。
1P:攻撃力自体は即死技を一切使っておらずあっても狂ぐらいであるが耐性は神キャラのそれ。改変元とは違い即死で倒すのは不可の模様。
11P:対戦開始前に大魔法の演出と共に%nF5を使い、更にタイムアップ時に%nF1を使ってくる。
12P:対戦開始前にプレイヤー消去を使ってくる。

出場大会

F2



添付ファイル