ヴェイグ・リュングベル

「何者だ・・・何故俺の名前を知っている・・・」

テイルズオブシリーズのメインタイトル6作目となる『テイルズオブリバース』の主人公。
年齢は18歳、身長183cm、体重71kg。種族はヒューマ(いわゆる人間)。声優は修之

両親を幼い頃に亡くし、辺境の村スールズで暮らしていたが「落日」と呼ばれる災厄の際、氷のフォルス(特殊能力)に目覚め、暴走した力で幼なじみのクレアを氷漬けにしてしまう。
1年後に村を訪れた、「落日」の真実を探る旅をしている二人組、マオとユージーンのおかげでクレアを救い出すことに成功するが、その直後にクレアは連れ去られてしまう。
さらわれたクレアを奪い返すため、マオとユージーンと共にヴェイグは旅立つことになる。


性格は寡黙で無口で無愛想、生い立ちや現状も手伝い、かなり内向的な性格をしている。
クールというよりともすれば根暗な感じだが、その内には熱いものを確かに秘めている。
基本的に黙して多くを語らないが非常に仲間想い。
仲間の心情や変化を察するのが早く、窮地には積極的に動いていく。
反面、自己表現や自己感情の処理がかなり下手であり、一人で思い悩む余り終盤ではフォルスを暴走させてしまう。
この後、 熱き漢のイベント を通して成長していく。

両親は既に死没しており、ゲームがスタートするまではクレアの両親に養われていた。
クレアに起こった事故の事があっても、なおヴェイグの事を息子同様に想っている慈愛は、ゲーム全般を通して見えるヴェイグとクレアの性格に大きな影響を与えている。

好物はピーチパイ、特にポプラおばさん作は絶品らしい。

幼なじみのクレアを非常に大事に思っており、事あるごとにその名を口にしている。
その頻度は敵からも「クレアクレアクレアクレア…馬鹿みたい」とまで言われるほど。

作中でクレアと言った回数は実に 281回 。檜山氏のボイスが耳に残ることもありこっちまで洗脳されそうである。*1
ただ、クレアの名を叫ぶ機会は僅かに3回のみ。やけに印象に残るのは恐らく暴走ヴェイグ戦で叫びまくるからだろう。
ただしそもそも一年間も氷漬けにしてしまった時点で相当精神的にダメージを負っていたのに
救出してすぐ攫われてしまったという事からクレアの事に過剰になるのは仕方ないのも事実。
まして家族同様の生活をして妹のように接していただけに心中は察して余りある状況であろう。

原作中の性能は、術も攻撃も手広くカバーできる器用万能タイプ。
ただ前述のとおり氷の特殊能力を主に使うため、水耐性のある相手は若干苦手。
通常攻撃は全体的にもっさり気味。逆に技は高性能だが、フォルスゲージ回復力が低いせいで性能をフルに発揮しづらいジレンマも抱える。
密着してインファイトを挑むと打ち負けやすいので、大剣のリーチを意識して気持ち遠目から戦うと良いだろう。


MUGENにおけるヴェイグ

手書きテイルズキャラに定評のあるオキナ氏による手書きのものが公開されている。
飛び道具、対空、突撃と揃ったスタンダードな性能で、大剣のリーチもあり中距離での戦いが強い。
AIもデフォルトで搭載されている。

出場大会



*1
外伝や特典CDでは公式の悪ノリでクレアネタが過剰なほどフィーチャーされており、 当の檜山氏からも苦言を呈されている
そして公式は そのインタビューをもネタにする と全く反省の色を見せていない。
ファンの中にもこの扱いを快く思わない人は居るので、無遠慮に弄るのも程々に。



添付ファイル