Xエステバリス


「耐えて、耐えてよエステバエックスゥゥゥッ!」

TVアニメ『機動戦艦ナデシコ』第17話「それは『遅すぎた再会』」に登場した機動兵器。通称「エクスバリス」「エステバエックス」。

ナデシコの整備班長ウリバタケ・セイヤが予算をチョロまかして開発した新型フレーム。
最大の特徴は、新型ジェネレーターと従来の五倍の重力波変換効率により
今まで相転移エンジンを搭載した機動兵器のみ使用できた重力兵器「グラビティブラスト」を使用可能なこと。
しかしその実態は、エステバリスの機動力と相転移エンジン搭載の代償に大型化する月面フレームのパワーの両立を目指した結果、
その大出力に機体が耐えられなくなってしまった失敗作。
この反省は劇場版で登場したエステバリス・カスタムやスーパーエステバリスに生かされることとなる。

(以上、Wikipediaより転載、一部改変)

劇中では地球連合軍のキノコムネタケ・サダアキ提督(声:真殿光昭)が(勝手に)搭乗、
様々な事情によりノイローゼ状態にあった上に機体を操縦するために必要なナノマシンの副作用で
幻覚症状が出ていた彼は味方の戦艦を敵と誤認し、劇中作ゲキ・ガンガー3の歌を歌いながら出撃、
グラビティブラストを放とうとするが、機体がオーバーロードで自壊してしまい、爆死する。

+ パイロット?のムネタケ・サダアキ提督について

余談だが、この回の脚本を担当したのは『機動新世紀ガンダムX』の川崎ヒロユキ氏。
氏曰く「どういった気持ちでガンダムを作っていたかが、この話を観れば分かる」とのこと。
ムネタケ=ガンダムX当時の高松信司氏、ウリバタケ=ガンダムX当時の川崎ヒロユキ氏、であるらしい。
ただし、あくまでも“当時の”氏の見解であり、現在よりも辛辣な内容になっているようだ。

+ 『スーパーロボット大戦』シリーズでは

脚本家繋がりでこんなMADも


MUGENにおけるXエステバリス

五条さんシーシェルフェウス=モールを制作した謎のキャラ選択に定評のあるはにゅう丸氏制作の物が存在。
ドットはスパロボJとWのものを基にしている。
原作通り(?)、グラビティブラストを撃ってなんぼの機体のため通常技のリーチは短く、通常投げすら存在しない。
戦術としては必殺技のグラビティブラストを放つ「エクスキャノン」など射撃がメインとなる。
グラビティブラストを撃っても自爆しないあたりドットの通りスパロボのエクスバリスなのだろう。最強技を使うと結局自爆するが
パイロットは原作通りムネタケ・サダアキ提督が努め、彼のヒーローっぽい台詞*1や小物臭全開の台詞両方を楽しめる
ファンにはたまらないものとなっている。
嫌な奴枠のムネタケ提督にどれだけファンがいるかはさておき。やられ役なら重宝するかもしれないが。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19170587
AIは搭載していないが、2014年6月にパピット氏による改変付きAIパッチが公開された。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23878438

「守るべき正義は、厳然として存在する!
   そして、それを阻まんとする悪もまた然り! 正義の力を思い知れ!」

出場大会

  • 「[大会] [Xエステバリス]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
真殿氏は『ゲキ・ガンガー3』のパイロット3人組のリーダー格である天空ケンも演じている。
そもそもこの劇中劇キャラの殆どは本編の出演者が兼役しているのだが、アキト達本編での主役級の声優は
こちらでは脇役・モブに追いやられており、逆に本編での脇役が主役級を演じていたりするのである。
ゲキ・ガンガーのパイロットに関してだけでも残り二人もプロスペクターウリバタケと、見事にナデシコ側の脇役連中ばかりである。
ルリルリはこっちでもメインキャラじゃないかって?さて何のことやら


「ども! ムネタケちゃんでーす! アタシってばもう頭テンパっちゃってです今現在!」
「何たって軍の上層部がナデシコのクルーに木星蜥蜴の正体を知られた原因がアタシなんて言うんですもの!」
「アタシはこう見えても仕事一途な人なんだから結構Shock! こういう時には、新メカの登場しかないわ……!」
「えっ? ヨンパチのエステバでディオラマ作り? そんな暇ないわよもう!!」
「次回、機動戦艦ナデシコ「それは『遅すぎた再会』」をみんなで見よう!」

君は、生き延びることができるかなんて心配だわマジで!」



添付ファイル