Angus



「Ah go cry ta yer mommy!」


カポエラ使いだらけのフリー格闘ゲーム「Capoeira Fighter 3(カポエラファイター3)」に登場。
彼の名はAngus(アンガス)。アイルランド出身でファイティングスタイルはボクシングである。
アンガスと聞くと「ピーター・パン」の出身地やイニシモア島の砦「ダン・アンガス」や
プロレスラーのホワイト・アンガスだがこれらとは関係はない。 当然カポエラとも関係ない。
また、同じ名前で恰好もそっくりの『kasumi ninja』のangusとは関係ないので混同せぬように。
アイルランド出身の人たちが民族衣装のように身に着けているスカートっぽい布を腰に巻いている。
タータンチェックのスカートに見えるがまったくの別物。「キルト」という生地を縫い合わせた「クイルト」。
その模様もスコットランドに住んでいた民族によっていろいろな形式があり、日本でいえば家紋に近い。
アンガスも、シャツからしてだらしないかと思いきや、ベルトはしっかり止めており下のクイルトも破れていない。
一応、彼も自分の生まれには誇りを持っているのだろうか。

アンガスはファイトスタイルこそボクシング(両手にテーピングもしている)という設定だが
実際は反則スレスレで殴る、噛み付く、物を投げる、キックをするなどルール無用。
普段の生活も酒びたりでロレツが回っていないしゃべり方をする。
ストーリーモードから推理すると、彼はとある理由で飲んだ暮れになってしまったようだ。
その理由は、同じボクサーのライバル「ALERON(エルロン)」との再試合。
アンガスはずっと再試合を望んでいたが、エルロンはこれを受けなかった。
エルロンは仕事で多忙になり、現役からも退き気味だったようだ。
しかし、そのエルロンがなぜかトレーニングを再開。
知り合いに「エルロンにリベンジするチャンスがきたかもしれないぞ」と促され
アンガスはぶつぶつ文句を言いながらも酒のビンを片手に重い腰をあげた。
+ ED。ネタバレ

原作のAngus

巨体のわりにジャンプが低く早い。基本は反則なんでもありのボクシング。
が、むしろそのせいで飛び道具、対空、コマ投げと技がそろっている。
酒ビンを投げる「Spin the Bottle」は微妙に山なりに進むので飛び越えにくい。
すくい上げるようにバイシクルキックする「Bottoms Up」はヒット後に相手を背後に飛ばす。
ちょっとダッシュして相手をつかむ投げ「Pick your Poison」は追加入力で噛み付きか、鳩尾蹴りに派生する。
ダメージがあるのは蹴り派生だが、噛み付き派生のほうが高く浮かせてフィニッシュする。
超必殺技「Hyper Combo1」は1ゲージ消費で酒ビンを3つ投げる。
「Hyper Combo2」はスライディングキックして浮かせた相手に「Bottom Up」する2ゲージ技。
スライディングキックはリーチは短いが2ヒットし、2ヒット目にのみ浮かせ属性がついている。
スライディングの初段がスカっても2段目があたればいいので、着地待ちで使えることも。
「Hyper Combo3」は「Pick your Poison」の強化版コマ投げ。
3ゲージ使うだけあって高火力だが、投げ範囲は「Pick your Poison」に比べるとかなり狭い。
「Pick your Poison」の約2回分のダメージなので、無理して狙わなくてもいい。

MUGENのAngus

119way氏が製作したものが公開されている。
原作のスプライトを取り込んだのかとても滑らかに動く。
基本の動作は原作再現。相手の攻撃をかわす避け移動がコマンド技から1ボタンに。
必殺技は若干性能が変更。「Spin the Bottle」は2種類の軌道で投げられるようになった。
「Bottoms Up」は1ヒットになりサマーソルトキックのようになった。
こちらも2種類あり、着地復帰がすこぶる早いが上昇が低いものと、上昇が高いものがある。
「Pick your Poison」は、地上をダッシュして捕まえるのと、ジャンプしてつかむ対空版の2種類に。
原作ではつかんだだけでダメージを与えたが、こちらは派生ボタンを入力しないとノーダメで終わる。
ボタンによって噛み付きからひじで高く飛ばす派生と、キックを入れてダウンさせる派生がある。
超必殺技「Hyper Combo1」は性能は変わらないが暗転が無いので切り返しにはよい。
1ゲージだし、最大5ゲージに設定されているのでてきとうに出してもいい。
と、いうのもこのアンガスは「Hyper Combo2」「Hyper Combo3」が搭載されていないからである。


出場大会

  • 「[大会] [Angus]」をタグに含むページは1つもありません。