スペースインベーダー

1978年にタイトーから発売された世界で一番有名と言われているSTGの名称、
及びそのゲームに登場する敵キャラクターの総称。直訳すれば宇宙の侵略者
企画段階での題名は「スペースモンスター」(宇宙の怪物)だったが、
海外営業部からの「海外ではインベーダーの方が受ける」との意見を受け変更されたのだとか。
1980年にアメリカ製のゲーム機Atari 2600にへ移植されたのを皮切りに、今なお様々なゲーム機へ移植されている。

「敵キャラクターが 能動的な 攻撃を仕掛けてくる初のゲーム」として世界で大ヒットしたゲーム。
画面上方から迫り来るインベーダー(敵キャラクター)を自機である移動砲台で撃ち、全滅させることを目的とする。
時々上空に母艦のUFOが出現し、これを撃ち落とすとボーナス点を獲得できる。

このゲームの登場が社会現象となり、ゲームセンターが次々に開店し、
喫茶店やスナックのテーブルの多くがインベーダーゲーム用のテーブルに変わった。
当作品は日本のシューティングゲーム始祖の一つとされる。

+ゲーム画面とゲーム内容
画面の中央やや上方に縦に5段、横に11列で計55体のインベーダーに見立てた敵キャラクターが現れる。
敵キャラクターはまとまって横移動をしながら、端にたどり着くたびに一段下がって再び逆方向に進行する。
これを繰り返すことによって、だんだんと下に降りてくる。
敵キャラクターが画面最下部のプレイヤーの位置まで降りてきたら占領されたことになり、
残機があってもゲームオーバーとなるために、それまでに敵キャラクターを全滅させなければならない。

自機は左右にしか動けず、攻撃も画面内に1発しか発射できない。
自機の近くにはいくつかの陣地(トーチカ)があり、それに隠れながらインベーダーを攻撃する。
陣地は敵キャラクターからの攻撃と、自機からの攻撃で少しずつ破壊されていく他、
降りてきた敵キャラクターが触れることでも消滅してしまう。
なお、画面がスクロールすることはなく、敵キャラクターや自機が画面からはみ出すことなどもない。

敵キャラクターを撃墜した際の得点は一番上の段が30点、その下の2段が20点、
その下の2段が10点である。画面最上段にはUFOが通過するゾーンがある。
逆に、敵インベーダーからの攻撃で自機が被弾した場合はミスとなり1機を失う。

撃墜によりインベーダーの数が減ると徐々に移動速度が速くなっていく。
残り10体を切るとかなりの速度になり、狙って打たないとすぐに降りてくる。
ただし、インベーダーの移動速度は、右方向よりも左方向への移動のほうが遅いため、
これを利用して、左方向へ移動中に攻撃すると弾が当たりやすい。

画面内のインベーダーを全滅させると、最初の状態に戻りゲームが続行され、
1面より(前の面より)も一段下にインベーダーが配置される。
インベーダーに近い位置で攻撃するため、難易度が上がるようになっているが、
9面目から2面目の位置に戻り以降8面ごとの繰り返しになる。
当初の設計ではこれがどんどん下がっていき、遂には絶対にクリアできない状況になるように設計されていたが、
8面をクリアすると9面目に行かずに2面目に戻るように修正された。
この修正により、そこまでをミスせずにクリアできる腕があれば、理論上永久にゲームを続けることができるという、
永久パターンに陥ってしまうようになり、実際に長時間プレイをする人が続出した。
後発のアーケードゲームにて永久パターン防止策が練られるようになったのも、このためである。

人気の理由は、敵が自機を認識して攻撃してくるアルゴリズムにある。
当時TVゲーム黎明期の時代、敵キャラクターが自機を攻撃してプレイを妨害する形態のゲームは存在したが、
その「自機に対する攻撃」はあくまで擬似的な「障害物要素」であって、
アルゴリズム的に自機に対し能動的に攻撃を行うプログラムを持つものではなかった。
しかし、スペースインベーダーは、敵キャラクターがある程度自機の位置を認識し攻撃を仕掛けてくるため、
単にそれまでの障害物を乗り越えるだけの要素のゲームとは違い、 コンピュータと対戦している という
攻防の要素が加味されたのもヒットの要因といわれている。

+流行と影響
当時のタイトー社員の体験談なども含む。
  • 流行により「インベーダーハウス」と呼ばれるゲームセンターが各地に乱立した。
  • パチンコ業界はメーカーがインベーダーゲームをモチーフにした台を販売するも人気を得ず全国的に客入りが衰えるなど冬の時代を迎えた。
    1980年フィーバーの登場までパチンコ業界は厳しい時代となる。
  • テーブルの代わりに後述するテーブル筐体を設置した喫茶店「インベーダー喫茶」なども出現した。
  • 駄菓子屋の店先、待合室などでも、10円から50円と格安なアップライト筐体による稼動があった。
  • 同時期に活動を開始したイエロー・マジック・オーケストラは、ファーストアルバムで、「Computer Game -Theme from the invader-」という曲を収録している。
    当初メンバーは実機より直接録音を試みたが、最終的にシンセサイザーでプレイ中のサウンドを再現しトラックを作成した。
  • 神田お茶の水では学生街ということもあってか「インヴェーダーあります」というような看板等が見られたという。
  • 当時、タイトー新入社員のボーナスが100万円だったという都市伝説がある。
  • 販売当初の価格は10万円だったものが最盛期には数百万円に跳ね上がっても売れていったという。
このブームに続けとばかりにがクローンゲームを出していた。
(もちろん、タイトーからライセンスを取って出しているもあった)
特にニチブツが出した「ムーンベース」はあまりに似すぎていてタイトーに怒られたといわれている。
よく解るタイトー無双とナムコの台頭

硬貨
集金袋を回収するのにライトバンではとうてい間に合わず、4トントラックで回収を行っていた。
しかしその4トントラックですら板バネサスペンションが100円玉の重みに耐えきれず、
曲がってしまう事故が頻発していた。ちなみにこれに派生する都市伝説として、
トラックから機械や硬貨を上げ下げすることから重迫病を患う者が続出したため、
タイトーが三菱ふそうに相談してトラックの後部に装着する電動リフトを日本で最初に発明した
(ないしはタイトーは「今後の世の中への貢献」を理由にこれについての特許などを取得していない)と
言ったものがあるが、パワーゲートは1964年に極東開発工業が開発したものであるため、明らかに誤りである。

風評被害
  • タイトー本社は当時、平河町(砂防会館の真前)にあり、永田町と近隣であった。
    そのため、インベーダーを納入するように業者から依頼された国会議員がお忍びで「5000万円で売れ!」などと談判に来たというエピソードもあった。
  • 「インベーダーハウス」に代表される、林立するゲームセンターは不良の温床であるとして、多くの学校で入場禁止の通達を出す措置が講じられた。
    家庭用ゲーム機が広く普及した現在でも、ゲームセンターやコンピュータゲームに対する偏見は教育関係者らを中心に未だに残っている。

(以上、Wikipediaより抜粋及び一部改変)


MUGENにおけるスペースインベーダー

  • Ironcommando氏制作
クリスマスツリー等の製作でおなじみのIroncommando氏によるもの。Name及びDisplayNameは"Invader"。
攻撃は原作通りビームだが、このビームは当たるとなんと即死である。ガードは可能だが。
移動も原作通り動きが遅く移動感覚は約0.5秒。
また、一発でも攻撃を喰らえばダメージ無しでも即死するかみキャラ相手でも油断できない。
デフォルトで原作のような動きをするAIが搭載されている。

ちなみにカラーによって外見や色が変化する。

  • オー氏制作 ボスUFO
『スペースインベーダーエクストリーム2』のスプライトを利用した神キャラ
インベーダーを大量に召喚して戦う。カラー差はない。

出場大会

  • 「[大会] [スペースインベーダー]」をタグに含むページは1つもありません。