ペイルウイング

サンドロット開発・D3パブリッシャー発売の3Dアクションシューティングゲーム『THE 地球防衛軍2』の主人公の一人。
地球防衛軍の精鋭部隊『ペイルウイング』の隊員。ストーム1と同じく、個人名ではない。
陸戦兵が「陸男」と呼ばれているのに対し、プレイヤー達からの愛称は「ペリ子」(「ペル子」だと別のキャラになるので注意)。
この名称は後に公式が公開されたPVでも使われており、事実上の公認ネームとなっている。
なお、「イ」は大文字であり、「ペイルウィング」は誤りである。

青のカラーリングを基本とする精鋭部隊であり、赤いカラーリングの陸戦兵とは対照的なもうひとりの主人公。
空を飛ぶための装備重量の関係か、ゲーム中に登場するのは女性隊員のみ。一応、設定上では男性隊員もいるらしいが。
『3PORTABLE』では無線が使い回しなので、ペイルウイングを選んでも本部の無線で「恐ろしい男」呼ばわりされるけど。
初作『THE 地球防衛軍』における戦いのあと投入された部隊という設定になっており、装備はインベーダーの技術を応用したものとされる。

一番の大きな特徴は背中につけた飛行ユニットであり、これで自由に飛行することができる。
もう一人の主人公である陸戦兵が実弾系の装備を使用するのと違い、装備は全てエネルギー系の武装となっている。
実弾系統の武器と比べると命中率は低めに設定されており、逆に広範囲を攻撃するのが得意。
必然的にその攻撃が全て敵に叩き込まれる接近戦は異常に強力で、中でも近接武器のレイピアがとても強く
並みの雑魚キャラは瞬殺、巨大怪獣さえハメ殺せるという凶悪さを持つ。
そのため、 一部の巨大生物は相対的に弱体化された とすら言われている。

しかし武装と飛行に必要とするエネルギーが共通になっているため、エネルギーや武器の残弾を上手く管理しないと
地上に降りざるを得なくなる、また地上での機動力は劣悪なため、敵に囲まれた上で武器は弾切れ、
なおかつ飛行もできない…という最悪の状況を呼ぶこともあり、こうなってしまうと高確率で一方的に巨大生物になぶられることになる。
また地上での相手が得意な一方、狙撃できる武器の威力が陸戦兵のそれより低く(HARDEST、上から2番目の難易度後半で最強武器でも力不足)、
UFOなどの航空戦力に対しては苦戦を強いられる。
陸戦兵と比べるとHPも低く(初期アーマーは半分、上昇値も半分)、難易度が上がれば敵に近づくことはそれだけでほぼ死に直結するため近接戦闘も難しくなり
アドバンテージになる機動力も難易度が上がると敵の速度が増加し意味が薄くなる、近距離での高い殲滅力も高難易度では発揮できず、
思うように頭数を減らすことができない…と、難易度によってはその運用方法をよく考える必要が出てくる。

陸戦兵がどの難易度でもある程度無難に動くことが可能である万能性を持つのに対し、低難易度のうちは高い火力による圧倒的な殲滅力を持ち、
初心者にも向いているが、高難易度で運用する際には武器の特性を把握した上での残弾・エネルギー管理や敵の種類にあわせた戦術による攻撃/防御、
細かいテクニックや地形利用などをして少しでも有利に事を進める…と、様々なことが求められるようになる為上級者向けになると言えるだろう。

ちなみに「」。
何がって?嫌だなぁ、言わせるのかい!

『地球防衛軍3』では世界観変更のため登場せずファンから残念がられていたが、PSvitaに移植された『地球防衛軍3PORTABLE』にて、
特定の条件を満たすことで使用可能となった。
レイピアが弱体化(威力とリーチが約3分の1)、怪獣はデザイン変更で乗れる場所が少なくハメ殺しが難しくなった。
しかしながら使い勝手は基本的に変わらない。
寧ろ敵の体力が一部『2』よりも低下しているため、他の武器で戦うことも可能となりバランスが良くなったと言えよう。
なお本作のペイルウイングについてはデザインも一新されているが「実際には存在しないが、あくまでIFの世界」とゲーム中で解説される。
直接の続編である4には「ウイングダイバー」というペイルウイング相当の兵種が登場する模様。

なお『3P』のCMは実写版が制作されているが、そちらでは吉木りさ氏が演じている。
本名は 「鈴木ペリ子」。まさかの公式化である (厳密には「黙認」だが)。
一方のストーム1も「山田陸男」なる名前が付けられている。 何故か外人だが。
このCM、他にも結城隊員の「サンダー!」や、空耳「昆虫キモス!」など、積極的にファンのネタを取り入れた
まさしく「公式が病気」な作品に仕上がっている。
特撮部分のクオリティの低さが(いい意味で)まさしくB級特撮映画っぽいが、監督は『日本以外全部沈没』などの「バカ映画の巨匠」河崎実氏が務め
キャストは 長官役に森次晃嗣氏 結城博士役に堀内正美氏(『ウルトラマンネクサス』松永要一郎役など)、
参謀に沖田駿一郎氏(『ウルトラマンA』山中隊員役など)と、やけに豪華
でも悪乗りし過ぎと言う声もあるし、何よりこれ見てゲーム買おうって人いないよね。

※こういうゲームではありません。


MUGENにおけるペイルウイング

ストーム1と同じくway-oh氏製作のものが公開されている。なんとたったの2日で作ったキャラとのこと。
スプライトは少々荒いが原作通り武器と飛行のエネルギーやチャージが再現されている。
原作通り二つの装備を選んで戦う。両方を同じ装備にすることも可能。
装備はAとBの二つのボタンに割り振られ、立ち・しゃがみ・空中で発射方向が変わる。
武器はレイピアやサンダーボウ(反射飛び道具)、アルマゲドンクラスター(超広範囲手投げクラスター爆弾)など原作のものを搭載。

ある程度自由に空も飛べ、飛び道具の画面制圧力が高く、レイピアやレーザーライフルを選ぶとヒット数が多い
秒間60発、レイピアは最大800発、レーザー1500発)ため、AI相手に人操作ならちょっとした凶キャラでも一方的に倒せるだろう。
高火力の極めつけはアルマゲドンクラスターで、地上に落ちた瞬間持続の長い味方殺しの超巨大100万ダメージガード不能攻撃判定が出る弾が
同時に5つ降ってくるという悪夢のような技である。
ちなみにダメージまで含めてほぼ原作通りである。もちろん、ひたすら高く飛んで逃げないと自分も巻き込まれる。もう笑うしかない。
一方プラズマランチャーは結構性能はいいがあまり高火力では無かったりする。1発ごとに結構な量のエネルギーチャージが必要なので
これなら並相手でもそこそこいい勝負ができるかも。

全体的に高性能だが、ライフは原作通り低く、デフォルトだと500。標準の半分しかない。
飛べないと歩きもダッシュも非常に遅く、エネルギー管理に気を配らないとちょっと火力のある相手なら1コンボで死に至る。
極端な性能をしているがある意味原作らしい。

AIは未搭載。



出場大会

  • 「[大会] [ペイルウイング]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル