流風




「飛翔拳!!」

プロフィール

誕生日 南レンベン歴742年4月30日
年齢 17歳
身長 163cm B82 W56 H84
血液型 A型
属性 火

原作でのキャラクター

1994年にスーパーファミコンでアスミックより発売されたベルトコンベアアクションゲーム「バトルZEQUE伝」のプレイヤーキャラの1人。
「流風」は「ルフウ」と読む。
キャラクターデザインは竹井正樹氏。(同級生(PC/ADV/elf)の原画担当)
CVはEDで声優が数人確認出来るものの、誰がどのキャラを担当しているのか不明である。
3人いるプレイヤーキャラの内、バランスタイプを担当している。

河意留波無寿と共に、世界の崩壊を食い止める為に世の中の「気」を司る須弥山に向かう。
…え?プレイヤーが操作するのは1人だけだって?EDを見なさい。

原作中の性能

原作での操作方法は、
Yボタン    攻撃
Bボタン    ジャンプ(2段ジャンプ可能)
Xボタン    方術(レベルで2段階に変化)
L・Rボタン  防御(成功すると一定時間無敵)
Y+Bボタン  泡影拳(敵に当てるとライフ消費)
↓↑+Yボタン  飛翔拳
\+Yボタン  スライディング

バランスタイプという設定なのだが、必殺技はすべて対空技という奇妙な事になっている。

方術にはランクが有り、2段階に変化する。
  • ランク1
発動すると流風の身体が一定時間発光し全身に攻撃判定が発生する。
この状態だと敵が流風に接触するだけで小爆発を起こす様になる。
  • ランク2
上空に飛び上がり、空中で某サイヤ人の王子ばりに火球を地面に連続発射する。
着弾地点が攻撃判定かと思いきや、なんと全画面判定である。ベルスクゲーのメガクラッシュの様な位置付けだろうか。

必殺技は2種類有り、無制限で使用出来るものと、敵に当てると自分のライフを消費するものがある。
  • 飛翔拳
スタンダードな対空技。昇龍弾なのに飛翔拳とか言わない。
  • 泡影拳
その場でアッパーを放ち自身のオーラを飛び道具として発射する。言うまでもなく対空。
敵に当てるとライフが減るのでガンガン使えない技。

投げは敵を放り投げるタイプと掴んで膝蹴りを連打するタイプがある。
流風は特殊技のスライディングが優秀で、そこから通常攻撃が連続で決まる為、無理矢理コンボゲーにする事が出来る。

因みにこのバトルZEQUE伝というゲーム、自キャラの攻撃優先度がやたら弱く、敵の攻撃力もやたら高い。
難易度EASYでも油断するとアッサリ死ねる程である。(防御コマンドを上手く使えばグンと楽になるが)

MUGENにおける流風

  • 暗黒内藤氏製作
原作のドット絵と、氏が描き足したスプライトで製作されている。
弱攻撃、強攻撃、投げ、シールドの4ボタン式で、技は原作での必殺技と方術+アレンジ技。
しゃがみ&空中ガード、フロント&バックステップ、ハイジャンプ、ダウン回避、ゲージ技等格ゲーらしくアレンジされている。
アレンジ技も原作の設定である火属性使いを意識したものになっている。
方術は原作通りの性能だとかなり強いので、それなりに弱体化されている。

大まかな変更点まとめ
  • 飛翔拳と泡影拳のコマンド変更。方術もゲージ消費のコマンド技に。
  • 泡影拳を当ててもライフが減らない。始動時にやや前進する様に。
  • 方術ランク1は一定時間敵に打撃を当てた場合のみ追加で小爆発が起こる様に変更。接触で与ダメージは無し。
  • 方術ランク2は見た目通りの攻撃判定へ変更。
  • アレンジ技として中段の通常必殺技「緋炎脚」、2ゲージ技に「絶招・飛翔拳」「絶招・鳳炎拳」、3ゲージ技に「絶招・烈火飛翔拳」の追加。

AIは未搭載だが、IX氏の外部AIが公開された。AIレベルは5段階でデフォルトでは3。
また、シールド使用頻度も調整出来るようになっている。

  • zion氏製作
こちらは海外で製作された流風。
スプライトの描き足しやアレンジ技の導入がされている。
また、CVは何故かまことのものが使用されている。
AIは未搭載。

出場大会


プレイヤー操作

水没&逆流withとっつき娘(mission96・対戦相手)



添付ファイル