オーガ


(祝祭の日 近付けり――)

『鉄拳』シリーズの登場人物。別名「闘神」。ファンからの愛称は「オグレ」(ディスプレイネームの“Ogre”より)。
参戦作品によって「トゥルーオーガ」「エンシェントオーガ」と容姿と名前が変わるが基本的に同じキャラである。
どちらかと言えばより 柱の男 悪魔や怪人・怪物といった風貌をしている。

キャラ詳細

マヤ・アステカ文明風のピラミッドの中に潜む、マヤ文明の英雄の格好をした緑色の巨人
インディオの伝説に伝わる、古代に宇宙人が置き去りにしていった生物戦闘兵器とされ
強者の魂を吸収し、その強さを奪うと言われている。
より強い魂を吸収したオーガはその外見を大きく変化させ『トゥルーオーガ』に進化する。

『鉄拳3』にラスボスとして登場。世界中の格闘家の元へ現れ、その能力を吸収していた
程なくして風間仁(当時15歳)の家を急襲、母親である風間準と共に行方を眩ます。
仁は母親の残した言葉から祖父である三島平八を訪れ、平八は「闘神」の狙いが「強い魂」であることを確信し、
孫の仁に三島流喧嘩空手を叩き込む。それから4年後、強い魂を持つ者、すなわち強い格闘家達が集うように
「THE KING OF IRON FIST TOURNAMENT 3」を開催する(吉光も恩人の病を治すべく闘神の血を狙って参加)。
平八の予想通り、強者の魂に惹かれて現れたオーガを大会を制した仁が倒すのであった。
(『4』ではエンシェント形態をポール・フェニックスが倒したが、ポールはその時点で 自分が優勝したと思い込んで帰ってしまい
その後オーガがトゥルー形態に変化して大会が続行、それを仁が倒した、という設定になっている)

パラレル作品である『鉄拳タッグトーナメント』シリーズには両方の形態が登場、タッグを組むことも出来る。
『鉄拳』シリーズ以外にもコラボ作品である『ストリートファイター X 鉄拳』で
ストファイ側のボス(鉄拳側のボスは豪鬼)及びプレイアブルキャラとして参戦している。
豪鬼にもいえるが固有のパートナーを持たない単独参戦であるため、
最初に選んだ場合は固有ストーリー、二番目に選んだ場合は共通ストーリーが展開される。
また、ボスバトルが「ボスバトル兼ライバルバトル」ともいえる特殊な演出になる。
アレンジコスチュームではボス繋がりでギルを意識した外見になっている。
その他、本作品のキーアイテムであり、様々な 怪現象を引き起こした「箱」こと「パンドラ」だが、
本来はオーガが母星に帰還するための宇宙船(のようなもの)であること、オーガ自身も同型機が多数存在するロボットであること、
かつて地球に残されたのは戦闘データを収集するためであったことがエンディングで判明している。
3:37から

余談だが『鉄拳TAG2』のエンシェントオーガのエンディングは誰がどう見ても「火の7日間」。
0:00から

『NAMCO×CAPCOM』では、かつて仁が倒したオーガの遺伝子を元にシャドルーが作ったクローンが登場。
尤も能力はオリジナルに及ばないデッドコピーに過ぎず、雑魚敵として複数登場してくる。


性能

格闘家の強さを奪うという設定から『鉄拳』シリーズに登場した他のキャラクターの技を使いこなす
どの技も基本的に元の性能より威力と隙が大きくなる傾向にある。
トゥルーオーガは羽や角、尻尾が生え、体躯が大きくなったためリーチが更に伸び攻撃のバリエーションも豊富になる。
ただ大概のキャラに用意されている「右アッパー」や「ライジングトゥーキック」といったコンボ始動技が性能の異なる固有技にされており、
どちらの形態も全体的に技の隙が大きくなったため接近されると苦戦しがち。打点が高いためしゃがまれると中段がスカることも…
いかに自分だけが有利な間合いを維持して攻められるかが重点となる。
トゥルーオーガは煩雑な見た目のおかげで投げ抜けが見切られ難いため近接時には投げが特に有効。プロレスキャラのキングより投げキャラっぽい。


MUGENにおけるオーガ

鉄拳キャラのMUGEN入りに精力的なchuchoryu氏による手描きキャラが公開されている。
外見はエンシェントオーガ。カプエス仕様となっており、ブロッキングやオリジナルコンボなどを搭載。
以前はユリアンの技の流用が多めだったが、更新を重ねストクロの必殺技・超必殺技などが搭載されている。
勝利ポーズではミズチっぽいポーズをとりながら空中に浮かぶ。
最新版にはデフォルトでAIが搭載されている。
のように相手頭上から降ってくる技を多用し、なかなかの戦いぶりを見せる。

出場大会

  • 「[大会] [オーガ]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル