スーパーメカ翡翠

「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ」

仮氏製作、狂気染みたスーパーなメカ翡翠(何故か「ヒスイ」でなく「翡翠」と漢字表記)。略称「SMH」。
代理公開していたタケシ氏のサイトがHPサービス廃業の影響で消滅したので現在は入手不可。

エフェクト、性能共に凄まじく強化された、一目で分かる凶悪キャラである。
ついでに人工頭脳もちょいとヤバいことになっているようで、開発者の人開始イントロで毎回ぶっ飛ばされている

+ちなみに……
実はこのキャラには「通常状態」と「暴走状態」という二つのモードがある。
AI発動時に一回負ける、ライフ50以下でブラッドヒート、nameを"mechhisuiex"にする、という条件のいずれかを満たせば暴走状態になる……のだが、
キャラのデフォ設定で常時暴走になっているため、通常モードの存在自体を知らない人も結構居るかもしれない。

設定的には、「負けたことにより自分が最強だという自分の中での常識を破壊され、そして(無理矢理)最強である自分の上に立つ
マスターの存在について疑問を持ったが、深く考えるのが嫌になりその原因を本気で排除しようとしている状態」……とのこと。

あくまでこちらは「特殊モード」だということを知らないと「負けたことにより」の辺りが意味不明になってしまうのは仕方ないことか。

なお、「じゃあ通常モードなら弱いのか」というと、全然そんなことはなかったりする
具体的に言うと投げ技と当身(ステート奪取技)以外の攻撃は全て無効
必殺技の削りなら一応ライフを減らすことは可能だが、削り殺しは不可能なのでとどめはやっぱり投げるしかない。
この特性のため、こちらのモードでもエルクゥに勝てる。あな恐ろしや。

ゴッドルガール強キャラエルクゥ狂キャラ審査員なら、SMHは「神の国の門番」と言われていた。
だが、神キャラ達の強さのインフレにより門番の座はオニワルド12Pやレジェンド・ゴジータ問題児)へと譲り渡し、
かつて神と狂の境目とされていた層もやがて狂最上位と呼ばれるようになった事で、彼女は狂上位の審査員に落ち着いてしまった。
その後は準神の門番に横滑りしたものの彼女自身はその基準を満たさないため、ランクは狂上位のままで変わらない。

現在は神の門番ではなくなったとはいえ、スーパーメカ翡翠と戦う前に「強制排除」を耐え切らないと戦う資格すらない。
この技は別名「花火」で、大抵のキャラは開始直後に打ち上げられて即死する。
圧倒的火力な上に凄まじい多段ヒットの嵐で、一発入ったら最後オーバーキルされる。

カンフーマンしゃがんで回避余裕でした

邪悪の化身ディオ!!当たらなければどうということはない!本は投げ捨てるもの

宇宙恐竜「バリア⇒ファイナルビームで抹殺」
ご乱心「ヘブン状態!!」
神キャラ 「大ダメージ無効で余裕でした」
論外キャラ「ライフバーに意味なんてある方が悪い
(カンフーマンとディオはともかく、他の方々はSMHとは別次元の強さです)

しかし、花火だけだと思うのは早い。花火以外にも凶悪な技を数多く兼ね備え、その上ライフ自動回復も持っているため倒すのはかなり難しい。
前述の通りに神・準神キャラもしくはハイパーアーマー・無敵技を持つ狂キャラで戦うかp2Name指定するなどしないと倒せない。
…はずだが、中には通常レベルのキャラを使って倒してしまう者もいる。
それが動画のうp主だった場合、その人は「神キャラのうp主」とか、「凶悪キャラ認定」などと呼ばれる。
逆に「スーパーメカ翡翠は並キャラ」などと言われることも。防御性能に関してさほど凶悪ではないのが弱点なのかもしれない。
ただ、地味に足元に食らい判定が無いため、打点の低い下段攻撃がスカったりする。まぁ、全体から見れば些細な点だが……
+今現在撃破したうp主
一撃必殺などを持つ場合(9:28~)
意外な弱点?などを利用する場合(15:06~)

言うまでも無いが、スーパーメカ翡翠を使用する場合は敵キャラよりも、パソコンの方が耐え切れないかもしれないため注意。


+BGMについて
MUGEN動画において彼女が登場すると「 ナガレユクー 」で有名な曲「壊されたお守り」が流されることがある。
が、この曲は別にTYPE-MOON関連の曲なわけではなく、東方の鍵山雛のテーマ曲のアレンジ曲である。
これはC.E.D氏が投稿している彼女が基準になっている大会のオープニングにこの曲が使用されていることに由来する。
このようにあくまで一動画ネタであるため、ネタの使用は空気を読んでするようにしよう。


出場大会

凍結
削除済み

出演ストーリー




添付ファイル