海東純一


「こそ泥、ですか……あいつらしい」

仮面ライダーディケイド』の登場人物。第22・23話に登場。
同作の殆どの登場人物の例に漏れず、過去の平成ライダー作品を元に設定されたキャラクターであり、
彼の場合『仮面ライダー剣』の劇場版『MISING ACE』に登場した「志村純一」が元になっている。
その志村含め、演じたのはドラマ『人間失格』などで名を馳せた俳優・黒田勇樹氏。
『剣』が出展元であるものの「ブレイドの世界」では登場せず、「ディエンドの世界」と呼ばれる別の世界で登場する。

(^U^)<海東純一と申します。大樹は、私の弟です

もう一人の「通りすがりの仮面ライダー」である、仮面ライダーディエンド・海東大樹の兄。
彼もまた仮面ライダーであり、仮面ライダーグレイブに変身する。
大樹の故郷の世界である「ディエンドの世界」において、かつて三輪春香(ラルク)、禍木慎(ランス)と共に
邪神14(フォーティーン)と戦っていたが、当時その14の部下であった弟・大樹に捕らえられてしまう。
敵の手に落ちた彼は洗脳手術を施されたらしく(この様を見せられたことで大樹は14から離反)、
現在は逆に彼が14の側近と成り果て、尖兵であるローチを率いている。

この世界、ひいては兄を救うため、ディエンドに変身する手段を手に入れ帰ってきた大樹は14を倒し、
兄をその支配から開放しようとするのだが…
+ 後悔するぞ、俺のネタバレを知った事を。

+ 備考:『仮面ライダー剣 MISSING ACE』での志村純一

+ 変身後・仮面ライダーグレイブについて


[|i|i|] <やめてくれないか!そうやってニーサンをネタに使うの!

終始にこやかな笑顔をもって立ち回るその姿、そして最後に取った視聴者の予想を大きく裏切る行動。
少ない出番の中で、独特だが汎用性の高い台詞回しを連発した(黒田氏のアドリブも含んでいるとか)。
演じる黒田勇樹氏の怪演もあって視聴者には多大なインパクトを与え、当然ネット上でも大いに話題となった。
ニコニコでもMADの格好の材料として飛びつかれており、一方ふたばでもニーサンの後継者となるなど、多方面で愛されている。
全部ニーサンのせいだ…

また詳細は省くが、ここから派生してか黒田勇樹氏の動向も注目の的である。

後々、ニコニコで「仮面ライダーディケイド」が公式配信された際には
狙ったかのように彼のセリフの部分がエンコードミスでバグる という奇跡が発生、視聴者の腹筋は破壊された。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28803009

「聞くところによると、お前も仮面ライダーの力を手に入れたらしいね。

  試してあげよう、お前の力を」


(^U^)<私は、天田氏のおかげでMUGENキャラになれた。
            今度は私が大会で活躍してあげよう

手書きブレイドや『スクライド』のカズマなどを製作した天田志朗氏のものが公開されている。
一応仮面ライダーではあるが、ニュートラルは 変身せずそのままの姿である。 どうした?変身しないのか?
外見は『ディケイド』の方に準じているが志村純一の要素も入れているらしく、
しゃがみモーションが四つんばいで、さらにはそのままの姿勢でダッシュする。こっちくんな。
おまけに顔だけ巨大化させて飛ばしゲージを減らす技まである。こっちみんな。
グレイブは上半身のみが出現しどこかで見たような動きで腹パンしてくるなど、なぜかスタンドみたいになっているが、
ちゃんと変身して攻撃もするので、クリームのような扱いなのだろう。
一方ゲージ技でグレイブに変身して放つグラビティスラッシュやバイクアタックなど、まともな技も存在する。
同じゲージ技に超巨大なグレイブで腹パンする一日一万回感謝の(腹パン)なんてのもあるが

ちなみにこの動画、黒田勇樹氏ご本人がご覧になったらしい。 ナズェミデルンディス!!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19528446 http://www.nicovideo.jp/watch/sm19554314

「いい台詞だ、感動的だな。 だが無意味だ」

出場大会