クジンシー


「私の技は見切ることは不可能。
  なぜなら、受けた者は必ず死ぬのだからな。
  親父と兄貴のあとを追え!」

スクウェア(現:スクウェア・エニックス)のRPG『ロマンシング サ・ガ2』に登場するキャラクター。
遙か古代に魔物と戦い伝説となるが、現在では彼ら自身が魔物と化し世界を荒らす「七英雄」の一人。
名前の由来は山手線の「新宿駅」の逆読みなので、もっぱらファンからの愛称は「新宿」。

爬虫類の尻尾のような下半身をしており、足は無い。
腕は筋骨隆々で、不気味な顔のついた剣を所持。
後の第二形態では、顔半分が白骨化した巨大な美女の顔を従えている。

「嫌われ者のクジンシー」と揶揄される、七英雄の中でもきっての嫌われ者。
追放した古代人はおろか、仲間の七英雄からも嫌われている。七英雄であるにも関わらず小物臭いセリフが特徴的で、
明らかにクジンシーより数段弱いであろうボクオーンの手下からさえも「(七英雄の中でも)小物」呼ばわりされる始末。
挙句に彼は他の七英雄と違い「世界征服」という、あまりにも低レベルな野望を抱いている。
(基本的に他の七英雄の目的は自分たちを嵌めた古代人への復讐である。一部、「そんな事はどうでもいい」とか言ってるのもいるけど。古代人とは言うが不老に近い上、異世界へと逃れている)

そんな彼は、当時弱小国家だったバレンヌ帝国に目を付け、手始めに近隣にあったソーモンの町を占拠。
その後、帝都アバロンを急襲。街を預かっていた皇帝レオンの長男ヴィクトールを、「流し斬り」を決められながらも殺害。
敵討ちのために現れたレオンをも殺害する。
しかし、この時レオンは自身の命をかけてクジンシーの技を見切るという手段にうって出ており、
自身の得た技や能力を、志ある人にそのまま引き継ぐ秘法「伝承法」を用いて、次男のジェラールに託していた。
こうして見切りを得たジェラールはクジンシーを打ち倒したのである。

その後、最終皇帝の代で復活。わざわざ手紙で決闘を挑むという古臭いやり方をしてくる。
この挑戦状を無視すると、ラストダンジョンで「このオレの挑戦を無視したな!後悔させてやるぞ!」と襲ってくる。
でも、見切りを覚えていれば対処は比較的楽なので、最後まで残す人は多いかもしれない。

上記のように物語が始まるきっかけを作った人物であり、最初に戦う七英雄である。
父と兄を殺した事でジェラールから要らぬ恨みを買い、「七英雄VSバレンヌ帝国」という決定的な構図を作ってしまった。
そして最終的に七英雄は目的を果たす事なく帝国に敗れ、全滅する。結果論ではあるが、クジンシーは他の6人の足を引っ張った事になる。

そんな彼の代名詞とも言える技が「ソウルスティール」である。
前述のヴィクトールやレオンの命を奪ったのも、そのレオンが命を犠牲に見切った(見切り、つまり100%回避能力を得た)のもこの技。
というのもこの技、通常はどんなことをしても1ずつしか減らないというLP(生命力、0になるとキャラ消滅)の原則を大幅に無視し
対象のLPを全て奪って即死させ、復活不能にするというとんでもない反則技なのである。
格ゲーで例えると、(見切りなしでは)不可避で以降の全ラウンド勝利扱いになる一撃技のようなもの。理不尽極まりない。
正直、この見切りが無ければバレンヌ帝国はあっさり滅亡していた事だろう。
ただ、最終決戦においては「動くな」(マヒ効果)→「ソウルスティール」のコンボが決まると、この見切りを持っていても回避不能になる。
なおその代名詞以外の技では、剣技のほかに「ペイン」などの冥術を主に使用する。

+ クジンシーの外部出演


MUGENにおけるクジンシー

餅投げ氏によるものが公開されている。
通常の姿は第一形態のもので、後述のソウルスティールを使う時だけ第二形態に変わる。
通常技は飛び道具の「ペイン」と「ポイゾナスブロウ」と、足元から発生する「イルストーム」、そして接近攻撃の「二段斬り」。

超必扱いの「ライフスティール」は投げ技で、与えたダメージのおよそ3分の1程度を回復するものになっている。
飛び道具を放つ「カマイタチ」は空中でも出せる上、コンボにも組み込んで使える。
代名詞とも言える「ソウルスティール」は5ゲージ消費の即死技で、
「流し斬りが完全に入ったのに」のくだりの再現か、攻撃を受けると発生する当て身技になっている。
なにぶん消費量が多いので出せる状況は限定的だが、戦局を簡単にひっくり返せる。
デフォルトでのAIも簡易的だが搭載されている。

また、蜂百合氏による外部AIも公開されている。

「俺を置いていかないでくれ!」クジンシーは叫んだ。
「はっ、虫けらが」ダンターグは軽蔑して唾を吐いた。
「お前は戦力にならん」ボクオーンは相手にしなかった。
「やめてよ、寄らないでよ」ロックブーケは気味悪がった。
「お前は来なくていい」スービエは厳しく言った。
「君は十分働いた」ワグナスの優しい声には拒絶があった。
「頼むよ。俺にも力をくれよ」クジンシーはノエルにすがりついた。

出場大会