クレセント


「別に遠慮なんてしなくていいから」

プロフィール

種族:ブラッキー(の亜人)
性別:♀
身長:153cm
体重:41kg
3サイズ:69/56/77
戦闘スタイル:悪の波動+毒

概要

ブラッキーハクレンの作者である松梅魂氏が製作した、擬人化ブラッキー。
設定資料によれば『とある吸血鬼に魔法(呪い?)を掛けられ、人の姿にされてしまった』らしい。
同氏製作のブラッキーがブリスを受けた際の姿と酷似しているが、関連性は不明。
とある吸血鬼ってどう考えてもこいつでは・・・
その他詳しい設定などはキャラに同梱されている設定資料に詳細に書かれている。
名前の「クレセント」とは三日月のことを指す英単語であり、MBAAのスタイルセレクトなどで馴染みがある人も多いだろう。

スプライトは全て氏による手描きで、滑らかによく動くクオリティの高いものとなっている。
一部の動作 と平坦な胸部 が似ていることから遠野秋葉の改変キャラと勘違いされることがあるが、
あくまで参考にしただけとのことなので注意しよう。
+ などと言ってたら

1Pカラーでは気づかないが、スカート以下の各部位のパレットが他の部位から独立しており、
カラー次第では生脚になったりスパッツになったりといった作者のこだわりを見ることができる。
また、ゲージ技を使用した際に表示されるカットインも1Pカラー固定ではなく、カラーパレットに対応しており本体と同じ色になる。

ボイス氏のものが使われている。
が、元にしたキャラが多い割になかなか同じ声色・口調での演技が見つからないらしく、
その結果として大体同じ声色になる喰らいボイスがやたらと充実しており、特殊やられや起き上がりで使うものを除いてもVer.1.00時点で23種類
Ver.1.03でさらに増加し、充実の30種類に。
しかもいずれもそこはかとなくエロい。

+ 悪の波動について

性能

『「強引に攻めるのは苦手」だけど「うまくハマると相手は為す術がなくなる」』
という原作におけるブラッキーの特徴を表現したとのことで、プロフィールにある通り毒と悪の波動を駆使して戦う。

基本システムはエヌアイン完全世界とスパ4を元にした独自アレンジとのことで、
操作はABCおよびXの3+1ボタン制、ボタン連打で自動でコンボが出るといった要素はエヌアイン寄り、
全ての技が空中ガード不可、必殺技の削りダメージが多いなどといった要素はスパ4寄りであると言える。
一方で、防御システムは攻性防禦もセービングも搭載されておらず、代わりに直前ガードのみが搭載されている。

なお、クレセントの攻撃は全て相手が空中ガードできないようになっているが、
クレセント自身は相手の空中ガード可能な攻撃を普通に空中ガードできる。
これを理不尽と感じる人に配慮してか、コンフィグで自身の空中ガードの可否を切り替えられるようになっている。
またその他にも、独自ゲージ等の表示の有無や位置調整、相手の体力低下に合わせた攻撃力減少補正を掛けるかどうかなど、
環境に合わせて細かく調整できるようになっているので、一度は目を通しておくとよい。

特徴的なシステムとして「フィルアップ」が搭載されている。
Xボタンで髪をかき上げる専用の動作を取り、
使用するごとに「ムーンエイジ」が初期のLv0からLv1ずつ、最高でLv3まで上昇。
ムーンエイジはライフバー下に月の満ち欠けと数字で表示され、
1上がるごとに攻撃力と防御力が初期値の10%ずつ上昇する。
説明書には「BBBでいうエンハンスのようなもの」とあるが、
効果が永続でなくそのラウンド中のみ持続することから、どちらかというとスト3rdのPAに近い。
(特にQのものが性能的には最も近い)

通常投げで相手を毒状態にする、飛び道具は途中で消えたり加速したりと癖がある、
設置技を持つなど、一見するとトリッキーなキャラ。
しかし通常技の性能が良く、飛び道具の黒雨(エウリュノメ)、対空技の月影(セレネ)も普通に高性能であるため、
実は堅実な待ち戦法を得意とするオーソドックスな波動昇龍キャラだったりする。

一方で空中技が飛び込みに向かない、中段技がないため投げ以外での崩しを持たない、
突進技がないため距離を詰めにくいなど、自分から攻める性能は低い。
「強引に攻めるのは苦手」というキャラコンセプトの通りであると言える。

この手のキャラの例に漏れず画面中央ではコンボが伸び悩み若干安いが、
画面端では月影後に追撃が可能になるためそれなりのダメージが出せる。
さらに禄存(ランペイア)を挟む、天権(フレイヤ)で〆るなど、
1ゲージ技を使うことで中央での火力からは信じられないほどの大ダメージを叩きだすことができる。
この画面端での爆発力も彼女の魅力の一つと言えるだろう。


+ 技性能



2012年9月9日にβ版が公開。2013年1月1日に3ゲージ技が搭載され、晴れて正式版となった。

デフォルトAIはなく実装予定もないとのことだが、Silvan氏による外部AIが公開されている。

なおTwitterには 彼女のbotも存在する
普段はMUGENキャラクターや自身と似たような声のキャラクターに反応したり
製作者を叩き起こしたり食事の催促をしたりしているが、
話しかけるとつっけんどんながらも一応反応はしてくれる。 たとえ製作者本人でも「近寄らないで」とか言い出すが。
ただしある体の部位の話題について触れると・・・。


出場大会


出演ストーリー

MUGEN STORIES INFINITYある生物の擬人化としての登場)