アップルジャック


Yeeeeeehaaaw!!!!

英字表記は「Applejack」。
ハズブロによるアニメ作品、『マイリトルポニー』の第4シリーズこと"Friendship is Magic"に登場するメインキャラクターの一人(一頭)。
ブロンド髪にカウボーイハットの似合う農場娘のポニーである。本当の意味でポニーテール。
毛の色はオレンジっぽく描かれているが「小麦色」で、顔には少しソバカスが描かれた典型的なカントリー娘。
立っている時に片脚に体重をかけ、前脚をクロスさせる癖がありこの立ち方は彼女のみに見られるもの。

英語版の声優はAshleigh Ball女史。日本語吹き替え版は『探偵オペラ ミルキィホームズ』の譲崎ネロ役や
『ラブライブ!』の矢澤にこ役等で知られる徳井青空女史。
対応するエレメント(シンボル)は「誠実さ」。

名前に"jack"というフレーズが入っていることから「Apple家のJack」、つまり
男の子のような名前を付けられていると勘違いされる事があるが"Applejack"、リンゴから作られたブランデーの意。
(アップル家の一族はリンゴの品種名やリンゴ料理の名前がついているが"Apple"が苗字というわけではない)
劇中やファンからは略して「AJ」とよく呼ばれている。

魔法の国エクエストリアのとある地方の村、「ポニービル」にあるリンゴ農園、スイート・アップル・エーカーを営む
アップルファミリーの子どもととして生まれ、日々リンゴの栽培と家畜の世話をして生活している。
兄弟姉妹が非常に多く、あるエピソードでは数十人程度の兄弟や親戚を一斉に紹介する描写などもあったが、
繁忙期に手伝いに来る以外は妹のアップルブルーム、無口な兄ビッグマッキントッシュ、祖母のグラニー・スミスの4人暮らし。
主人公のトワイライトスパークルとは無二の親友であり、アニメ中でMane6(メーン・シックス)と呼ばれるメインキャラ6体のポニー達の内でも、
ほぼ準主役級のポジションを担っている。

農業や収穫を生業とするアースポニー(地上に住むポニーたち)らしく頑健な体と高い運動能力を持っており、
リンゴの木を後ろ足で蹴るだけでリンゴを収穫できる特技を筆頭として後ろ脚のキック力はポニーヴィルでも随一である。
スピードが自慢でスポーツ万能のレインボーダッシュとは互角に競い合う良きライバルである一方で
坂道を暴走する車を受け止める、モンスターの群れを二度単身で全滅させるなどパワーに特化した描写が多い。
単なる腕っ節だけでなく、投げ縄を使った曲芸や暴走する牛の群れを誘導するなど「カウガール」としての特技も持つ。
リンゴを収穫して売るだけでなく、リンゴを使った料理やお菓子を作るのも大得意。
特にリンゴ料理の腕前は王族の結婚式で出されても良いというレベルである…ただし、全てリンゴ料理である。

性格は極めて真面目で誠実。エレメントの「誠実さ」もここに由来する。
一癖も二癖もある他のメインポニー達の暴走を制止するなどといったメンバーの良心的存在でもある。
誰が相手でも困っていれば手を差し伸べるなど、懐の深さもメインキャラクターの内で随一。
しかし、その反面として一度自分でやると決めたことは絶対に最後まで自分でやろうとするという頑固で意地っ張りな面もあり、
一人でどうにかしようとした結果かえって悪い結果になることもある。
また、誠実な性格からか嘘をつくのが苦手で下手にも関わらず何故かその場をごまかす役を振られる事が多く、
冷や汗を垂らしながら必死にごまかそうとするAJ…という光景も度々見られる。

年下に対する面倒見が非常によく、妹のアップルブルームを(ときに過保護に見えるほど)非常にかわいがっている。
主人公トワイライトの助手兼弟的存在のベビードラゴン スパイクも彼女にとても可愛がられており、
またMane6の一人であるラリティの妹のスウィーティー・ベルに至っては実の姉を捨ててアップルジャックに乗り換えると言い出してしまう程であり、
どの子供に対しても優しい、正に良き姉の鑑でもある。

ただしこうした姉御肌で面倒見が良く、責任感が強い性格は上述した相手がペガサスポニーのレインボーダッシュ以外の場合のみ。
ライバルでもあるレインボーダッシュが相手の場合は意見が合わない際に大人げなく言い合いをしたり、対抗心を燃やしたりと
「レインボーダッシュ相手だとAJの精神年齢が下がる」と揶揄されるようなシーンが多い。
これは仲が悪いわけではなく、お互い本音を隠さずに接する事ができる親友であるため。
意見や考え方は合わないことが多いようだが、馬は合っているらしく競争している以外にも
二人で行動していたりじゃれあっている姿が見られる。

少々がさつな面もあり、オシャレには無頓着で農作業で泥だらけになっていても気にしない。
オシャレ大好きで綺麗好き、ブティックを経営して美容にも気を使っているラリティとは真逆で、
そのオシャレと美容への無頓着さからラリティを驚かせたり呆れさせる事もある。
(一例として、パーティに出席する際に「作業着で行くよ」とまで言い放った事もあるが、
 実際にはきちんとカントリー風のおしゃれ着を持っており、それを着てパーティに出席していた)
また、農作業をしているためか大きい動物(家畜)の扱いは上手いものの小動物イコール害獣と思っている節があり、
そのことで動物を管理する仕事を担当し、動物大好きなフラッターシャイと衝突したことも。
小動物からはフラッターシャイの方が人気が高いようである。

二次創作においてスパイクと本来の思い人であるラリティを差し置いてカップリングされていたり、
レインボーダッシュといつも一緒に居ることから「RDとデキているのは最早公然の秘密」などとネタにされることもある。
本編中でバンジョーなどの弦楽器を演奏するシーンがあることから公式擬人化コンテンツである『Equestria Girl』では
バスギターの名人という設定になっており、ファンサブでもAJの得意(担当)楽器はギターという扱いのものが多い。

アメリカ本土においてはそこまで人気は振わないものの、日本のファンの間においては屈指の人気を誇るキャラである。
日本のツイッターにおけるマイリトルポニー人気投票においては見事一位に輝いている。

尚、原語版においてはかなり強い南部訛りの発音、南部風の言い回しで喋っている。
これはカウボーイ(カウガール)がアメリカ南部・テキサス州などに多く見られる職業であり、
彼女の「カウガール」キャラ付の一環として取り入れられたものと見られる。
このことから公式による日本語吹き替えが放送される以前に行われていた有志による翻訳では
場合によっては方言キャラになっていたこともある。



MUGENにおけるアップルジャック

  • ritcher belmont colombia氏製作
特定の技を繰り出すことによって劇中における様々なコスチュームを身に纏って攻撃する。
打撃技も重く喰らい硬直時間も長いので、人操作ならばある程度の凶キャラも軽くハメ殺してしまえるほどの性能を誇っている。

  • TylorTheHedgehog氏製作
MUGEN1.0専用。
アメリカ本土にて販売されていた同人ゲーム"My Little Pony Fighting Is Magic"におけるアップルジャックをmugen仕様に作り直したもの。
2013年7月31日にIX氏によるAIが氏のSkyDriveで公開された。AIレベルを5段階に調節できる。

また、トワイライトスパークル(fighting is magic版)のストライカーとしてもアップルジャックが搭載されている。

  • 木。氏製作
同じく"My Little Pony Fighting Is Magic"のアップルジャックを元としたアレンジ仕様。
同作での性能からはかなり大幅にアレンジが掛かっており、オリジナル技が追加されている。
リンゴを飛ばす飛び道具"Appleshoot"や移動技"Applekanon"などが追加されている他、
マジックゲージを消費するハイパーコンボ周りも同作の仕様とは異なった仕様。

また、7P~12Pカラーは性能が変化する特殊カラーとなっていて
  • 7P~8P:必殺技性能強化、ステップ・受け身等の性能強化(硬直の減少、無敵の付加)
  • 9P~10P:上述の強化に加えて、コンボ中以外常にマジックゲージ最大、CPU専用技「カウンターバックLv2」使用可
  • 11P:上述の強化に加えて攻撃力防御力1.5倍、サマーランボ/カウンターバック失敗時に消費したゲージ回復
  • 12P:上述の強化に加えて、サマーランボ中完全無敵、カウンターバック中完全無敵+ヒット時即死効果、ゲージ常時回復
というAI観戦向けの強化項目が搭載されている(Readmeより引用)。

オプションではAI関連のスイッチの他、ボイスを2種類の英語バージョン(Karen Hayman/Ashleigh Ball)と
日本語吹き替え版(徳井青空)で切り替えられるようになっている(初期状態は日本語吹き替え版)。

Hoho there, lover boy!

出場大会

プレイヤー操作

水没&逆流withとっつき娘(mission128、木。氏製作製作版)


添付ファイル