マントー



「ウマシカの術~!!」

ハドソンの人気RPG『天外魔境』シリーズの登場キャラクター。担当声優は初代のPCエンジン版のみ塩屋浩三、以後の作品(『真伝』を含む)では千葉繁
金毛のエテ公(青い場合もある)。初代『天外魔境 ZIRIA』で初登場し、以来シリーズのほとんどの作品に顔を出してはあっけなくやられる(戦闘がない場合もある)名物ボス。
全作品に共通して言えるのは敵として登場すること、不死身であること、人間の言葉がわかること、(一応)知能を持つこと、極度のバカであることである。
と言うか名前の由来からしてバカの別名である「頓馬(とんま)」の逆さ言葉に「マントヒヒ」をかけたのだろう。
「馬鹿(バカうましか)の術」という最強レベルの強力な術を使うが、消耗も大きいため、たいがい数発でMPを全て使い果たして無抵抗で撃沈する。
猿知恵は働くのか計画の発想自体は案外悪くなく、実力はかなりのものなのだが、 「それを補って余りあるほどのバカ」 とは作中の人物の評価である。
+ マントーの歴史

登場作品ごとに名前を「マントー2(スーパーマントー)」「マントーR(リターンズ)」「マントー川(III)」などと改め、
額の文字もそれに合わせて変わるが、鏡を見ながら自分で書いているので左右反転している。
対戦格闘ゲーム『カブキ一刀涼談』ではマントーX、『天外魔境 真伝』ではマントーA(エース)と名乗っている。
格闘ゲームでは左右対称の文字だから1P側でも2P側でも片側だけ正しい向きになってしまったりしないから安心だ。……ん?

+ 各シリーズでのマントー

+ 千葉繁について


『天外魔境 真伝』での性能

中ボスの一番手として登場。アーケード版ではCPU専用であり、ネオジオCD版ではバトルモード(2P対戦モード)のみ隠しコマンドで使用可能となる。
気猿拳」、「昇猿拳」、「猿巻旋風脚」、「オサルクラッシャー」などどこかで見た技を使ってくる
なお、昇猿拳のモーションは元ネタを間違えたのか、昇龍拳よりもタイガーアッパーカットに近い。
一見オーソドックスな波動昇龍系だが妙に強い。
昇龍は空ガ可能ではあるが、上昇中完全無敵な上に猿のせいか腕のリーチが明らかにおかしい。
竜巻はガードさせて有利どころか連打してるだけで連ガというヤバい性能。
波動だけはPC版は小パン並みのダメージなのだが、中ボス版のマントーの気猿拳はネオジオのPC版の4倍もの威力。
ガードしてもPC版のヒット時並のケズリを食らう意味不明な仕様。
そこに移動投げ「かみつき」と「ひっかき」を混ぜて相手のガードを崩してくるためかなり厄介である。
…ぶっちゃけAIが馬鹿なだけで、ひっかきとかみつきの性能が高すぎてこのゲームの格ゲー出来るキャラ内では最強ランクとすら言われている。
なにがやばいってこの技、軽くジャンプするタイプの移動投げなのに、飛びかかり直後から投げ判定あって地上空中問わず掴むんですよ。

代名詞的な技である「馬鹿の術」は、小さな馬と鹿の大群を召び出して突撃させる飛び道具で、
これを直撃で喰らうと体力の8割を持って行かれ、さらに追撃まで入るため大惨事になってしまう。
しかもガードしてもケズリだけで2割も食らう上にマントーがF単位どころか秒単位のレベルで大幅有利。
しかし、技の発生の早さはそこそこだが、大群が現れるのは画面外からという性質上、相手が見切るのは容易なうえ、
発動してから発生するまでにマントーが攻撃を喰らうと術ゲージを消費するだけになってしまう。
それに加えて、発動後の術ゲージ回復速度は全術中最遅であり、回復アイテム「巻物」を取らない限り満タンになる前に試合が時間切れとなるのは必定である。
こんなものを起き攻めやダウン中にぶっ放されてはたまったものではないが、
CPUは開幕時に高確率で馬鹿の術を繰り出してくるため、分かりきっているプレイヤーは簡単に回避、もしくは阻止することができる。まあ原作通りといえる。

ぶっぱ脳でこそあるもののそもそも技の性能が壊れており
後のボスが起き上がりに重ねでハメられたり、ジャンプ攻撃振ってるだけで勝てるため、
ボス4連戦1番手ながら、明らかに後ろの2人よりも…下手すればラスボスよりも強く壁として立ちふさがる。

+ 勝利メッセージ


MUGENにおけるマントー

KSzsk氏、lucifer7氏製作

ディスプレイネームがなぜか「ZIRIA」になっている。
Dj-TuGa-b0y氏が演出をKOF2000UM風に改変したアレンジ版が存在する。
(情報追記募集)

uz氏製作

ろだで公開されていたマントーA。フォルダ名は「mantoA」。CD版のプレイヤー仕様のようで、オサルクラッシャーはダッシュ強攻撃。
α版とのことだが使用には問題はない。改変、転載、AI作成などは自己責任でとのこと。
デフォルトAIはないようだが、開幕「馬鹿の術」はちゃんと使ってくる。

BAL氏製作

『天外魔境 真伝』のドットを用いたアレンジ仕様。フォルダ名は「manto_A」だが、エースではなくアレンジのAとのこと。
猿裂拳」、「猿巻落とし」、「昇猿裂破」など、さらに豊富なパロディ技を会得している。
「馬鹿の術」は2ゲージ技になっており、AIは1ゲージ溜まった時点で消費する傾向にあるため、なかなか見ることができない。
原作ではラウンドが変わるたびにゲージが全快になるため、毎ラウンド開幕で見ることができたが、MUGENではそういうわけにもいかない。
出したとしても火力は直撃で4割と原作よりも抑えられており、削りダメージもあまり高くない。
AIは最初から入っている。
コンフィグで常時ゲージMAXなどにも出来るが、その状態では動画使用禁止となっているので注意。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26183923

また、公式で馬鹿扱いされてるとはいえ、あくまでも設定上の話であり、過剰な中傷や批判をしてよいわけではない。
条件も設けられているため、動画で使う際は注意しよう。
原作よりひどい扱いと言うのはなかなか想像できないが。

出場大会


プレイヤー操作