セイバーガンダム


「アスラン・ザラ!セイバー、発進する!」

機動戦士ガンダムSEED DESTINYにおいて前作SEEDからの続投キャラクターであるアスラン・ザラが搭乗するモビルスーツ。
名前の意味は『救世主(saviour)』であり、この人のような『剣士(saber)』ではない。
もっとも、(ソード)インパルスガンダムの武器に「エクスカリバー」なんてあるので、ネタにされることもあるが。
「(メガ)エクスカリバー」を持った「救世主」であるガンダム』とか『救世主たらんとする剣使いのガンダム』もいるが、関係はない。
ガンセイヴァーΖは……どうだろう。
アスランは前作終了後、オーブに亡命しアレックス・ディノと名乗り、代表カガリ・ユラ・アスハのボディーガード(兼恋人)として活動していたが、
地球連合軍特殊部隊ファントムペインによるザフト軍新型MS強奪事件に巻き込まれたのを発端に戦艦ミネルバに乗艦、
その後デュランダル議長の説得によりFAITHとしてザフト軍に復帰した際に彼に渡されたMSである。
ユニウス条約締結後にザフトが開発した試作MS群「セカンドステージシリーズ(セカンドシリーズ)」の1機であり、
前作のイージスやジャスティスを彷彿とさせる赤色の機体で、戦闘機型モビルアーマー形態への変形が大きな特徴である。

頭部機関砲、ビームサーベル、ビームライフルというガンダムとしては標準的な武装に加え、
背部に高威力のアムフォルタスプラズマ収束ビーム砲、その同軸に連射性の高いスーパーフォルティスビーム砲を2門ずつ装備する。
二種類のビーム砲とMA形態の高速巡航能力を活かした一撃離脱戦法を得意とし、
MS形態、MA形態の双方を使い分ける事で、砲撃戦にも格闘戦にも対応可能な万能機である。

初登場時はMS形態だったが、すぐさまMA形態に変形して、プラント(スペースコロニー)から地上のオーブ首長国へ突入、
そしてオーブ防衛軍と一戦交えた(ただしセイバー側は回避のみ)後に、オーブを追い出された戦艦ミネルバへ着艦した。
他の機体と同じく電池駆動のはずなのだが、上記の行動を無補給で可能な莫大な航続距離(稼働時間)を誇る。
(新システム・デュートリオンシステムは「ミネルバの近くに居れば着艦せずに補給出来る」と言うものでしかない。
後継のハイパーデュートリオンは核エンジン併用なので実弾等以外の補給は要らないが)

+ 劇中での活躍

+ パイロット、アスラン・ザラについて


ゲームボーイアドバンスで発売された同作の格闘ゲームでは隠し機体として参戦。
使用方法はSHOPで買えるMSをすべて購入すると購入可能になる。
ビームサーベルとビーム砲を持っているので遠近どちらでも戦えるが、
「滑空斬り」と「飛行形態高速移動」で急接近し、近距離戦に持ち込むのが基本か。
「飛行形態高速移動」はダッシュの3倍近い速度で移動できるが、
スラスターゲージの消耗も激しいので多様は禁物。
超必殺技「アストリア」は、飛行形態で一往復半のタックルしながらビームライフルを放ち、とどめにビーム砲を撃つ乱舞技。
要するに『新機動戦記ガンダムW ENDLESS DUEL』の「バードアタック」をビームを交えながら行う。
なおこのゲームではバーサクモードを発動すると、一部のキャラにはSEEDが弾ける演出があり、
実際にイージスとジャスティスのアスランは弾けるのだが、どういうわけかセイバーのアスランはSEEDが表示されない。
余談だが、ゲームが発売された頃のアニメ本編はまだユニウスセブンの粉砕を行っていた頃なので、セイバーは未登場だった。
その後アニメ本編でセイバーが登場するも、セイバー搭乗時のアスランがSEEDを発動させることはなかった。
序盤のアスランがSEEDを発動しないことは、当初から決まっていたのだろうか。

外伝であるAstrayシリーズではプロトセイバーと発展型であるヴァン(風)セイバーが登場する。

+ 他ゲームにおけるセイバーガンダム


MUGENにおけるセイバーガンダム

十六夜風丸氏によって制作されたものが公開されている。
グラフィックはGBAの格闘ゲームの物が使われており、アスランのボイスが追加されている。
挑発でモウヤメルンダ!を聞く事も出来るぞ!
操作は原作と違い弱強パンチキック+ブースト+バルカンの6ボタンでRikard氏のフリーダムガンダムと同じ仕様である。
またPS装甲ゲージとスラスターゲージ、ガード崩し攻撃も搭載済み。が覚醒は体力一定以下で自動発動となっておりPSゲージ消耗は無く、
必殺技は覚醒中では無くても1ゲージ消費でいつでも発動できる。
原作通りPS装甲ゲージが空になるとPSダウンを起こし、回復までビーム兵器攻撃力と防御力がダウンする仕様になっている。

またスタートボタンを押して選択すると戦闘中に氏オリジナルのプログレスセイバーへのモード変更を行う事が出来るようになり、
プログレスセイバーモードでは本来セイバーには搭載されていないビームブーメランやドラグーンの使用が可能になる等の特典がある。
ドラグーンは展開にPSゲージを消耗するリスクはあるが非常に強力。
MUGENにおいて、スパロボなどでの冷遇の鬱憤を晴らすことが期待される。
あと、女性関係やトゥ!ヘァー!ネタでいじられることも

出場大会

  • 「[大会] [セイバーガンダム]」をタグに含むページは1つもありません。