ジェイソン・ボーヒーズ




   "Ki ki ki … Ma ma ma…"

  主要武器:、ナイフ、怪力
  出身地:アメリカ合衆国ニュージャージー州
  誕生日:6月13日
  身長:193cm
  体重:114kg

ホラー映画『13日の金曜日』シリーズの主人公兼殺人鬼。
様々な人によって演じられたが、最も長く演じたのは7作目から10作目のケイン・ホッダー氏。
4作目までは生身、6作目からゾンビのような外見の不死身の肉体になり、銃撃程度でも平然と立っていられる
とはいえ、生身の状態でも頭に斧の一撃を受けても数時間後に蘇生するなど尋常ではないタフさを持っていたが。
ホッケーマスクがトレードマーク。
このホッケーマスク、3作目の被害者から奪ったのが始まりで、それ以前はズタ袋を被っていた。
だがホッケーマスクはしばしば壊されるので、その度に奪い取っている。 よほど気に入っているようである。

生まれつきの奇形のため素顔は醜く崩れ、それを隠すためにホッケーマスクを付けているのだが、
何故か作品によって素顔が大きく異なっている。
基本的に言葉は話さず、上記の台詞や攻撃を受けた際に唸り声を発する事がある程度。
なお、人とは思えないその台詞は“Kill, mama”(殺して、母さん)を加工した音声である。

様々な凶器を使うが、一番使う凶器はマチェット(中南米で使われる鉈)。次いで斧やナイフ。
素手の状態でもその力は凄まじく、片手で相手を投げ飛ばすほど。
何故かチェーンソーを使うと勘違いされている事があるが、実際の所一度もチェーンソーを使ったことはない。
むしろチェーンソーで攻撃された側である。似たような凶器の芝刈り機を使ったことはあるが。*1

主な殺人方法は、音を立てずに獲物に忍び寄り、不意を突いて凶器や怪力を持って一撃で仕留める方法。
基本的に、獲物が最後の一人になるまではこの方法で追い詰めていく。
他にも被害者の死体を利用することも多く、通路に配置して獲物の退路を塞いだり、窓から投げ込んでパニックに陥らせたりする。
無差別に人を殺すジェイソンではあるが標的以外には食指が動かないことがあるらしく、
8作目では標的を追いかけている最中に絡んできた他の若者達に 素顔を晒して退散させたことがある
そもそも絡まれた原因はジェイソンが若者達のラジカセを蹴り飛ばしたからではあるが。

母親に愛情を注がれすぎたためか重度のマザコンでもあり、自宅にミイラ化した母親の生首とセーターを祭壇に祀っている。
また、追い詰められた被害者が咄嗟にそのセーターを着て母親になりすました所、あっさり攻撃をやめ、
被害者の言う事に従ってしまった程である。

幼少時にクリスタルレイクキャンプ場にて指導員の監視が行き届いておらず(それどころか大人のスポーツに勤しんでいた)、
顔の奇形を理由に虐められて湖で溺れ、行方不明になる。
死体が見つからなかったために死んだと思われていたが、ひっそりと森の中で暮らしていた。
彼を死んだと思い込んだ母親が発狂し、指導員に復讐するためキャンプ場で殺戮を繰り広げるのが1作目のストーリー。
ジェイソンは回想とラストシーンに登場する。

幼少時の自分の姿を真似て丸坊主になった被害者の姿に殺意を喪失した結果倒されたり、
母親の姿に変身した悪夢を操る殺人鬼、フレディ・クルーガーに利用されたりと、
基本的に過去のことはトラウマになっているらしい。
湖で溺れた経験から、水が弱点とされる作品もあるが、ニューヨークには泳いで渡ったことなどから
基本的に水は平気なようだ。そもそもその作品では水を浴びて体の炎を消す場面があるし

2作目からは主役となり、母親を殺された復讐の為にキャンプ場で殺人を始める
(その最初の標的が1作目の主人公。ちなみに、母親を返り討ちにして殺したのもこの人)が、
4作目で遂に死亡する。この時点でなんと40歳である。
その後は模倣犯が出たり、落雷で復活したり、ニューヨークに行ったり、超能力少女にフルボッコにされたり、
先述の殺人鬼に復活させられて殺し合ったり、成り行きで冷凍されて保存、未来世界で宇宙に行って復活し、
サイボーグ化
したりと中々波瀾万丈な人生を送っている。
アメコミ版も存在するが、その内容は米軍相手に無双したり、 いじめられている少年を助けたり
テキサスの殺人一家と仲良くなったり、フレディとアッシュと三つ巴の戦いを繰り広げたりするなど、映画版よりぶっ飛んでいる。

日本においても『スプラッターハウス』の主人公や『ファイトフィーバー』のテコンドー使い
FINAL FANTASY VII』のヴィンセント・ヴァレンタインの変身形態がジェイソンをモデルにしていたりと、その影響は大きい。
とある小説では異世界の魔王さえも恐れさせる殺人鬼という物凄い扱いだったことも。
mugenにおいては海外のオリジナルキャラクターのモデルにもなっている。

海外の格ゲー「MORTAL KOMBAT X」にもパック購入特典のDLCとして参戦。

戦闘スタイルによっては落雷を受けてセクション全消費で体力0からの復活もあるようだ。

かつて対決したことがあるも前作のDLC枠で参戦していたが本作では不参戦のため夢の対決は再び実現することは無かった。


MUGENにおけるジェイソン・ボーヒーズ

溝蠍氏が制作したものが存在している。
ホラー映画の二次創作ゲーム『TerrorDrome』のグラフィックを使用しているようである。
移動は遅いが、高火力のリーチの長い技でそれをカバーするパワーキャラで、歩行動作や必殺技などにアーマーが付いている。
タフさの再現かライフが1600もあり、基本的にアーマーでゴリ押しするタイプ。
特徴的な技として、矢を放つ飛び道具「シューティング・アロー」があり、この飛び道具に当たった相手は3秒間ピヨる。
便利な技だが、出が遅く、また1ラウンドに2回までしか使えないためチャンスを伺おう。
デフォルトで11段階調整可能の強クラスのAIが搭載されている。



出場大会



*1
映画『悪魔のいけにえ』シリーズ及びそれのリメイク『テキサス・チェーンソー』シリーズの殺人鬼レザーフェイスが
仮面(主に人間の皮から作ったモノ)を被り、チェーンソーを好んでつかっているのでそちらとの混同だと思われる。
ジェイソンをイメージした作品などパロディ作品ではチェーンソーを使っていることも多く、それらもまた勘違いされる原因だと思われる。

ちなみにジェイソンのホッケーマスクは、これまた別のホラー映画『ハロウィン』シリーズの
殺人鬼ブギーマン(ハロウィンマスクを被る)からヒントを得たらしい。

チェーンソーのイメージがついてからも新作は作られ続けているが、チェーンソーを使えばシナリオや演出上無理なくスムーズに進むのに、
ジェイソンが目の前のチェーンソーを無視するシーンがある など、制作側も間違ったイメージに対して意地になっている節すらあるのが面白い。



添付ファイル