服部半蔵鮎香





 年齢:29歳
 出身:日本/伊賀国
 格闘スタイル:伊賀鏡心天命流活殺術
 身長:171cm
 体重:問ワバ滅セヨ
 誕生日:1月31日
 好きなもの:洋服集め
 嫌いなもの:伝統を重んじない者
 CV:藤屋裕子


『揃いも揃ってウツケばかりじゃ。
      三度生まれ変わっても足りぬ道化ぶり、笑いが止まらんぞ。』
13代目服部半蔵。
歴代伊賀上忍の中、女性で三人目の『服部半蔵』(正確には二人目)。
外見に反して年寄り染みた口調と尊大な態度であるが
その実力もあって不満を言うものはいない。

サークルPDW:HOTAPEN製作の同人格闘ゲーム『ヤタガラス』の登場人物。名前の読みは「はっとりはんぞう うるか」。
上記プロフィールの通り、服部半蔵の名を継いだ別人である。
(なおヤタガラスの世界観はパラレルの過去の日本ではあるが、現実の史実では12代目に服部半蔵正義(1845~1886)が存在している。)

作中での性能はスピードタイプのトリッキーキャラ。多彩な移動技と空中での変則的な動きで相手を翻弄する。
技の判定やリーチも優秀だが、ダメージソースがゲージ頼りで地上で構えられると崩しも厳しい。
ちなみにこのキャラも かなり股間が危うい ていうか動くと絶対はみ出すよねこれ?
なんでこうもこの作品のキャラ下半身が危ういのか。いいぞもっとやr
また、下の動画を見てもらえれば分かることだが左側のみ生足をさらけ出しており、
向きが入れ替わっても鏡写しにならずちゃんとスプライトが対応している。なかなか丁寧なことである。

+ そっくりさん疑惑?

原作における性能

同人版

移動関連の必殺技特殊技が多く通常技のリーチも長い。ストIII春麗のようなキャラ。
コンボに組み込める必殺技超必殺技含めて2種類しかないので1コンボの火力は他のキャラほど高くない。
ただし攻めの真価は択一の継続力にあり、必殺技やスパコンのHJCの追撃からの投げを絡めた表裏択(投げ後は起き攻め表裏択一継続)にあり、
ゲージさえあれば攻めのターンを継続し続けて相手のライフゲージが10割真っ赤状態でKOする事も可能な爆発力を持つ。
さらにコマンド投げ、隙の少ない対空技、必殺技ですら潰す超判定の発剄立大P、表裏択が可能な移動技、
空中判定で隙が少なく移動しながらジャンプ抑止に使えてガードさせて有利なソバット、豊富なターゲットコンボ、
三角飛びによる端攻めの回避力、真下ワープで対空を誘ったり、HJC即ワープから対空で再度追撃、
4.2では空中BLカウンターから簡単確実(端レシピ時のみ)な高火力コンボがある等、
必要な物はひと通り揃ってはいたが、テクニカルな操作を要求されるため評価は低めであった。

4.3では打点が高くて連打キャンセル可能、空中BLされても連キャンでほぼ連続BL強制の上、
空中ヒットで着地択に持ち込める、地上ガードされていても連キャンから対空技に繋げば反撃されにくい、
上述の通り打点が高いにも関わらず全キャラのしゃがみに当たるという超判定の立小P、
ジャンプ下りのみだが打点がいくら高かろうと有利が取れ、めくり可能な雷撃蹴
いつでも必殺技でキャンセル可能な下段無敵で相手をすり抜ける移動技(EX版のみ)、等々の恐ろしいほどの強化が施された、押しも押されぬ上位キャラである。
代わりにコンボ火力が見直され、高火力コンボの難易度が上昇したが、この防御性能を覆せるキャラなどそうはいない。
主な戦法として4.2時代は遠距離を維持しつつ優れた対空性能から着地択やゲージがあれば表裏択を狙う程度であったが、
4.3では通常投げから表裏択一、立小Pから着地択一、とにかくいつでもどこでも触れば択一、
ガードしても反撃されにくい必殺技でフォロー、長い中足からスパコンもある、というある意味ふざけたキャラに。

AC版では

その結果か、AoCでアーケードに進出した際には弱体が施され、
立小Pに遠近の別が生まれ、遠距離小Pは連打キャンセルが効かず、今までの立小Pがほぼ密着のみになったので連打が困難に、
雷撃蹴の移動前の空中停止時間が延長され視認性上昇、EX地走り(移動技)の必殺技キャンセルが不可能、
伽蛍後の追撃からの表裏択一ができる追撃が減少と理不尽に攻め能力がかなり削られた。
とは言えその他の立ち回り能力は据え置き、ジャンプ強Kがノーマル空中ヒットで小バウンドする等微妙な強化もあるため十分に戦える。

ちなみに屈強K(中足)→伽蛍(SA)→キャンセルハイジャンプ→空中タゲコン→着地択という基本コンボはほぼ完全に3rd春麗。
相違点は威力が低めな事とそこに更に表裏・ガードされても反撃されにくい無敵多段技・表裏択一継続の通常投げが加わる事。
まぁこのゲームのキャラは90%くらいストⅢの寄せ集めなのだが・・・

乳がデカくて普通に屈むと足元が見えないからという説もある

+ 

MUGENにおける服部半蔵鮎香

cafe氏によるものが存在し、現在はOneDriveで入手可能。
基本的には原作再現ボタンロッキングガードブレイクも搭載。
また原作にもあった強化する超必殺技の選択も搭載されており、試合開始時に選択することになる。
AIもデフォルトでレベル調整可能なものが搭載されている。
外部AIはホルン氏のものが公開されている。
また、cafe氏のものを基にピータン氏が改変したKOF13仕様のものもあった。(現在SkyDrive解約で入手不可)
Lucas9999による改変版も公開中。なぜかボイスは別のものに差し替えられており、若返っている。
近年のKOFシリーズを意識した改変をしており、エフェクト周りは非常に美麗。
性能は全体的にアッパー気味の調整が為されており、移動と技の発生が早いため、
使いこなすと非常に高機動かつスタイリッシュな攻めをすることが出来る。
AIは未搭載。
+ 製作者動画(youtube)

またと同じくAntagonist氏によるものも公開されていたが、現在はサイト閉鎖により入手不可。
こちらは原作通り身体の向きが入れ替わっても露出している足が変わらない他、
霜同様どこかで見たことのあるカラーも搭載されておりカラーによっては足の露出も変化する。
性能としてはこちらも同氏の霜同様ブロッキングが『ストIII』のレバー形式になる等システムにアレンジが加えられており
AIも搭載されていない。

出場大会




添付ファイル