如月弦太朗


『俺は如月弦太朗。俺の夢は、
        この学校の連中全員と友達になる事だ! よろしくな!』

平成仮面ライダーシリーズ第12作『仮面ライダーフォーゼ』の主人公。
如月流忍術の伝承者ではない。
劇中では福士蒼汰氏が演じた。

天ノ川学園高校に転校してきた高校2年生(中盤で進級)。
短ラン姿に サザエさんみたいな リーゼントヘアーという、典型的な80年代のツッパリといった出で立ちで
やや尖った要素の持ち主が多い平成ライダーの主人公の中でも、最年少にしてとりわけ異彩を放つ人物でもある。
ぱっと見は不良っぽいが、破天荒なところこそあるものの性格は真っ当な10代の少年であり、熱血一直線な性格の持ち主。
また、「絶叫全速疾走は青春のターボエンジンだ!」「○○は心の××だ!」等と言った独特の言い回しも目立つ。
学業成績は非常に悪い(数学のテストが100点満点中4点)が、それ以外は特に素行に問題は見られない。
ただし服装と髪型には拘りがあるらしく、OPでは丁寧にセットしている場面が描かれており、
劇中で教師から何度注意されても改めようとしない(一応、校則では強制はされていない)。
変身していてもリーゼントを整えるような仕草をする。
一度強制的にこれらを変えられた際には、周囲から本人だと認識してもらえなかった。 というかリーゼントでないほうがイケメン
福士氏自身も、リーゼントではない普段の髪型で子供の前に出たところ、弦太朗だと認識してもらえなかったという逸話があったりする。


両親は交通事故で他界しており、現在はバイクメカニックの祖父・ 黒十字総統 吾郎と二人暮らし。
祖父の仕事柄全国を転々としていたが、幼少期に両親から友達を作った時に褒められた経験から「友達を作ること」に大きな意義を見出しており、
学園でも転校早々に「この学校の生徒全員と友達になる」事を宣言。
当初は「バッドボーイ*1」「トラッシュ(ゴミの意)」等と呼ばれながらも積極的に交流を図り、
「全員と友達になる」ことは最後まで叶わなかったのだが、学園カーストが蔓延していた校風をも大きく変えていった。
ちなみに吾郎も吾郎で「バイクは青春のダイナマイトだ!」と発言している辺り、彼の影響を受けているのは確定的に明らか。
友達になった相手とは、拳を打ち合わせる ピシガシグッグッ 「友情のシルシ」を交わす。

押す事で人間を「ゾディアーツ」と呼ばれる怪物に変貌させるスイッチを配っている謎の勢力の存在を、
それらを独自に追いかけていた歌星賢吾との出合い、幼馴染みの城島ユウキとの再会から偶然知り、
賢吾が所持していた「フォーゼドライバー」にアストロスイッチを組み込むことで仮面ライダーフォーゼに変身、
ゾディアーツを撃退し、かつ変身者にされた人間を救う為、「仮面ライダー部」を発足させて悪に立ち向かう。
中盤とある事情で敵対した朔田流星こと仮面ライダーメテオの拳を受け一度は死亡するが、後に復活した。

変身前の彼は特に何の能力も持っていない一般人である。
(尤もダブルダッチが得意など運動神経は抜群で、バイクに自転車で追いついたり、
 腕っ節も強く不良グループを無傷で全員返り討ちにした他、最終回ではラスボスを生身で圧倒
 『MOVIE大戦』2作でも戦闘員の大群を相手に(他ライダー変身者と共に)対等に渡り合うなどしている)
ただ、全てを受け入れ何者とも友達になろうとする姿勢からフォーゼの能力を最大限に引き出すことが可能で、
特にフォーゼのTV版での最強フォーム「コズミックステイツ」などは仲間との友情が少しでも信じられなくなると強制解除されるため、
彼以外に変身できる者は恐らく居ないであろう。尤も、フォーゼドライバーの本来の目的は戦闘ではないのだが……
この辺りが本来は宇宙開発用サイボーグであるスーパー1と通ずる……かもしれない。

単純に見えて勘が鋭く、相手の本質を見抜くことも多いが、彼の見る目が必ず正しいと言うわけでもなく、
無実の友達に疑いの目を向けてしまい傷つけた挙げ句正体に気づけず危うく殺しかけたり、論理的な友達のフォローが無ければ騙されていたという場面も多い。
このことから視聴者にキャラがブレているなどと言われるもあるが、
彼はまだ歳相応の高校生で己の理想に向かう過程の若者であり、無条件に他人を信じることができる聖人君子というわけでもない。
だが、自分に非があると気づけばすぐにでも謝れる素直さと真っ直ぐさを持っており、それが彼の人間的魅力となっているのだろう。

両親については劇中で「専門的な話をしていたため家族にはどういう仕事をしていたのかわからなかった」と説明され、
中盤より味方ライダーの上司や隠れて主人公勢に便宜を図る敵幹部など正体不明の協力者が現れたこともあって
放映当時の視聴者からは「(スイッチ関係の)技術職だったのではないか」「実はラスボスではないか」など様々な憶測が飛び交ったが、
結局劇中でそれ以上は触れられず、後にメインライターの中島かずき氏が「税理士と弁護士です(きっぱり)」と否定してしまった。
この点、両親云々の話題が出たのは中島氏の担当回ではなく、かつ他エピソードでも描かれた登場人物の恋愛描写について
氏が劇場版でサラリと流そうとしていた(実際には劇場版スタッフの判断でしっかり描写された)ことなどからして
中島氏の想定した『フォーゼ』像と、実際の映像作品に少なからずズレが生じていたのでは?という視聴者の意見も……

『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGAMAX』では空から落ちてきた美少女・美咲撫子(SOLU)と出会い
「初恋キター!」と叫んだが、その恋が実ることはなかった。
しかし『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』で再会を果たす。

他の主役ライダーとの初対面では暑苦しいと引かれることも多い。

「俺、如月弦太朗。全てのライダーと友達になる男ッス!」
「余計な挨拶はいい!」

TV本編より5年後を舞台とした『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』では
かつて自分達が救った天ノ川学園高校に教師として赴任していた。が、リーゼントヘアーはそのまま。 どうやって免許取った
クラスの超問題児集団「怪人同盟」を更生させるために再びフォーゼとして戦いに赴き、
サナギマンこと風田三郎*2を説得するため一度はフォーゼドライバーをも溶鉱炉に捨ててしまうが……

小説『仮面ライダーフォーゼ ~天・高・卒・業~』はTVシリーズからMOVIE大戦アルティメイタムまで空白期、
タイトル通り弦太朗達の卒業前夜を舞台に、彼が教師を志すに至るまでの物語が描かれている。

「宇宙キター!!仮面ライダーフォーゼ!(キュッ)タイマン張らせてもらうぜ!」


MUGENにおける如月弦太朗

竹の輪氏による手書きキャラが2013年3月20日に公開された。
ななか氏の企画した「仮面ライダー×東方project×ジョジョ」のコンセプトで製作されており、フォーゼがスタンド扱いになっている。
髪か。髪型が似ているからか。
超必殺技には「超銀河ラッシュ」「爆裂シュート」の2つのみが搭載されている。AIは未搭載。
紹介動画&DLリンク

「俺はやり続ける。
    如月弦太朗だけど、仮面ライダーフォーゼ。友達を作るけど、怪物は倒す。
    やり続けてれば、いつか2つの道は1つになる。
    それが、俺の一直線。俺の進路はそれだ。」

出場大会

出演ストーリー



*1
所謂「不良」の事。まぁ直訳でも「悪ガキ」だし。ただし弦太朗は格好と成績以外は「良い子」であり悪ぶってさえいない。
天ノ川学園高校ではアメリカの高校に見られる「 スクールカースト 」があり、それに習った呼び方である。
下位の生徒は食堂などで上位の生徒との同席すら許されない。
ただし日本人視聴者には用語が判らないと判断されたのか「ジョック」は「キング」、「クィーンビー」は「クィーン」と呼ばれている。
まぁ二人共早々と弦太朗の友人になって仮面ライダー部に入部したのだが。
ヒーロー番組ならまず虐げられてる下位の生徒たちに味方するもんじゃないのか?
と言いたいところだが、頭(リーダー)から絞めるのは不良の常識だし……って、不良?
(賢吾が「ナード(ブレイン)」に当たる等あるが、上記の3人以外が劇中でそう呼ばれる事は無い)

*2
「あれ?サナギマン(イナズマン)は渡五郎じゃ?」と思った人もいるかもしれないが、
これは石ノ森章太郎氏の漫画版『イナズマン』の設定を採用しているためで、本名が違うのもそのせい。
そもそも本作でのポワトリンの正体に比べたら些細な事だ。
ちなみに彼はこの翌年に公開された『スーパーヒーロー大戦Z』でフォーゼの救援にやってくる。