神崎真人


「よし、始めよう」

プロフィール
名前:神崎真人(かんざきまさと)
誕生日:2023年10月03日
年齢:22歳
性別:男
国籍:日本
身長:185cm
体重:79kg
格闘スタイル:ゆんゆかに習った格闘術+雷の力
趣味:マンガ収集(主に80年代のものを好む)
大切なもの:先輩に貰ったワイヤーガン
職業:エージェント
CV: 岡松 丈

ちばしん氏製作のオリジナルキャラクターであり、同氏作の神崎ゆん息子である。
一見兄弟に見えるかもしれないけれどお間違えなきよう。
2045年の未来からロボゆんに搭載されたタイムマシン機能のテストを兼ねて現代に遊びに来たとの事。
以前は「何者かによって過去に飛ばされた妹を探しに来た」という設定だったのだが無かった事になった模様
母親のゆんから雷神建御雷の力を受け継いでおり、父親の勧めでその力を生かすため秘密結社に入り悪を倒す活動をしている。
雷神の力を受け継いでいる為ゆんと同じく覚醒が可能だが、平常時とは対照的な攻撃的な性格になってしまう。

+ストライカーの皆さん
「了解、援護シマス」
名前:R・神崎ゆん(R-31号)
年齢:35歳3ヶ月
性別:なし(見た目は女)
国籍:なし
身長:170cm
体重:170kg
3サイズ:B76 W53 H79
格闘スタイル:ロボット拳法
趣味:家事全般、爆撃
職業:アンドロイド戦闘員

ゆんが呼び出すものと同機であり、長年倉庫で眠っていたが真人をサポートする為にゆんからプレゼントされた。
以前はミサイルが撃てるだけだったが、後述するシェリーによる大改造によって
マシンガン、電子レンジ、洗濯機、目覚まし時計、フードプロセッサー、タイムマシン機能が追加された。
ただしフードプロセッサーで調理した食材は口から出るので不評らしい。

試合では真人の真上から落下して現れた後、マシンガンで援護射撃をしてくれる。
範囲、持続は優秀なのだが、登場時の落下動作は自他共に当たる無差別攻撃だったりする。しかも位置の都合上自分は回避不可。
幸い(?)威力は極微小であり、自滅KOしてしまうこともないのだが。
真人は頭の上に落ちてこないよう何度も注意しているらしいが、一向に覚えてくれないらしい。
趣味に爆撃とあるのでわざとやっているのかもしれない

「行くわよぉ!」
名前:シェリー・ボルドウィン(Cherie Baldwin)
年齢:25歳
性別:女
国籍:アメリカ
身長:174cm
体重:53kg
3サイズ:B88 W53 H89
格闘スタイル:マーシャルアーツ
趣味:クレー射撃、写経、ロボゆんの改造
職業:戦闘員

真人をリーダーとするチームの一員であり、共に現代にやってきた。
機械いじりが得意でR31号のメンテナンスを担当しており、彼女に余計な様々な機能を搭載したのもこの人。
試合では二段蹴りで援護してくれる。二段目はワイヤーダメージになっていて当たれば追撃出来る。
以前は一段目から二段目には繋がらなかったが、最新版(Ver1.06d)では繋がるようになった。

「AKIBAHARA!!! woooooooooooooooooooooooooooooooh!!」
名前:ディーン・コリンズ(Dean Collins)
年齢:27歳
性別:男
国籍:アメリカ
身長:203cm
体重:106kg
格闘スタイル:色々
趣味:ニンジャ映画鑑賞、日本旅行
職業:戦闘員

シェリーと同じく真人をリーダーとするチームの一員であり、共に現代にやってきた。
かつて同じ秘密結社に所属していた真人の父とチームを組んでいたことがあり、彼から戦いを学んだ。
試合では相手を上空に打ち上げる攻撃を行う。当たった時のリターンは大きいが判定は狭く発生も遅いため、
普通に当てるのは少し難しい。発生の遅さを利用して起き攻めに使うといいかもしれない。
※キャラ本体のReadmeから引用、改変。ちなみに、シェリーとコリンズの名前は人名サイトで適当に選んで付けたとの事。

技は飛び道具、突進技、移動技、ガードキャンセル、アドバンシングガードと使いやすいものが揃っているが、
通常時の飛び道具「爆裂カッター」は少々癖のある性能をしている。
投げられたカッターは相手に当たらずに地面や壁に接触するとそのままくっ付き、設置物として機能する。
設置されたカッターは一定時間後に爆発するのだが、この爆風は自分や味方にも当たるので注意が必要。
覚醒状態の瀕死時のみ使用可能なMAX超必殺技「布都御魂・未完成」は、
3ゲージ使用・体力150以下・威力約700・発生80F・コンボに組み込めないと中々にアレな性能をしている。
しかし攻撃判定はガード不能で画面の半分を覆う程あり、発生が遅いといっても絶望的に遅い訳ではないので、
タイミングを見計らって狙っていきたい。

ちゃんこ氏による外部AI(3段階にレベル調節が可能)が氏のSkyDriveにて公開されている。

出場大会



添付ファイル