数珠丸恒次








年齢:25歳
出身地:日本/蝦夷
格闘スタイル:詠春拳
身長:176cm
体重:92kg
好きなもの:シャケ
嫌いなもの:力なき正義
CV:伊達忠智


『不敬、仕る!!!』

侠を重んじるアイヌの武人。
かつて服部に受けた恩を頼り、本土へ。
伊賀においては下忍。
鍛え抜いた身体を駆使し、体術を得意としている。
”力無き正義は無力”が信条。
半蔵に対し絶対の信頼と忠誠を誓っている。

サークルPDW:HOTAPEN製作の同人格闘ゲーム「ヤタガラス」の登場人物。
名前は「じゅずまる つねつぐ」と読む。 スネツグではない。
作中では後方で情報の取りまとめを行う。
中忍長のコウと頭領の服部半蔵鮎香が実働部隊の役割を行なっている事もあり、
実質伊賀勢の実務全般を取り仕切る人物と見て良さそうだ。下忍なのに。 *1
ストーリー上では典型的な無口系武人として描写されるが、言動の節々に苦悩が伺える。

アイヌながら忍者でしかも中国拳法家(しかも2Dでは超レアな詠春拳使い)と、なんだかバラバラ感がすごい。
しかし頭巾を被って、上半身が裸の格好の忍者・・・・すごい格好だ。
蝦夷といえば北海道だが、寒くないのだろうか。まあ格ゲーのアイヌの先人には短パンの子もいるが…
名前の由来は、おそらく平安時代の刀鍛冶である青江恒次が作った天下五剣のひとつ「数珠丸」からであろう。
頭の頭巾は「数珠丸」の持ち主とされる僧侶、日蓮上人から来ているのかもしれない。
そのせいかごく稀にプレイヤー間でハゲ呼ばわりされてしまう事もある苦労人。
+ ネタバレ

原作における性能

火力キャラ。ノーゲージで安定して火力を出せるが、ゲージ技でさらに伸びる。
特に他のキャラと異なり地上コンボが長いため、しゃがみカウンター(damage+25%)の恩恵を全キャラで一番受けている。
反面防御面・飛び込み面等の立ち回りに不安が残る。
攻撃面でもBL方向が上下両対応だったり下BLのみが多く、上BLのみの行動が少ないため攻めこむ事には微妙に不安がある。
+ 詳しい解説
なお、Ver.4.3では一人だけ裏キャラを用意されるという謎の優遇措置を受けており、
通常は名前が白抜き文字で表示されるのに対し、黒抜き文字で表示される事から白数珠・黒数珠と呼び分けられている。
黒数珠は4.3で追加された技が使えない代わりに通常技の性能が高く、防御面で優れる。
ラッシュ力が(比較的)高く、柔軟性も(比較的)高い白数珠と防御性能の高い黒数珠とで性能分けされているが、
待ちが強いゲーム性から一般的には黒数珠の方が白数珠より強いとされる。

+ 

MUGENにおける数珠丸恒次

斑鳩氏によるものが制作されている。現在は公開停止。
基本的には原作再現されているが、スプライトの関係でVer4.3以降の追加技は搭載されていない。
AIもデフォルトでレベル調整可能なものが搭載されており、レベル7~8あたりが対AI特化に。

出場大会



*1
歴戦の叩き上げ下士官ポジションなのかもしれない。鬼の数珠丸軍曹
半蔵やコウ等の上役には丁寧語、関係ないJETには威圧的、
敵対するには武人口調、といった風に口調を使い分ける等、微妙にそれっぽい。


添付ファイル