ソーニャ

(ナイフをやすなの首に突き付けて) 「笑え」

『まんがタイムきららキャラット』で連載しているカヅホ氏の4コマ漫画『キルミーベイベー』の登場人物。メインキャラの一人。
アニメ版での担当声優は田村睦心氏。

とある組織に属する殺し屋の少女。
といっても作中はほぼ学校での生活描写に徹しており殺し屋的要素は殆どなく、やすなにツッコミを入れる際に発揮される程度。
殺し屋故か性格はクール、というか淡白。その一方でお化けや動物(特にイヌ)、虫(特にゴキブリ)などが苦手という
少女らしい一面もある。それらが出ると刺客が来た時よりビビる。
外国出身(おそらくスラブ系の国。原作者はラジオ番組でロシア辺りと言及)で、金髪・碧眼のツインテール。眉が微妙に短いのも特徴。
自分で殺人を請け負うのではなく、組織に依頼が入ると電話や手紙で命令が下り、仕事を始める。

体中にナイフや銃を隠し持っており、それらを完璧に扱うことが出来る。 徒手空拳での戦闘術も心得ている。
自分自身も刺客に狙われているので、背後に人気を感じたり、武器に見えるものがあると、反射的に攻撃を加えてしまう

殺し屋であるので他人に対する態度は冷淡であり、自分でも友達など要らないと思っているので
一般生徒との付き合いは無きに等しいが、クラスメイトのアホの子・折部やすなにだけは極端に懐かれている。
あまりのウザさのため、度々やすなに鉄拳制裁を加えているが、状況は一向に変わらない。
初期はやすなに対してかなり暴力的だったが、次第に心を開くようになっており、最終的にはいつもやすなに構ってあげている。
最近では、後ろに人気を感じてもやすなだったら分かるまでになっている。

その一方で、やすなのバカが伝染したのか徐々にマヌケな行動が増えていく。
具体的に言うとやすなに栓抜き代わりにされる、ターゲットの写真などを遺失する、
防弾チョッキを着込むのを忘れる(そしてそれをやすなに見抜かれる)、
やすなが追って飛び込んだ川に落ちた凧の糸の握りを掴み(そこでやすなが引っ張ったため)自分も川に落ちる、など。
ちなみにプロのクセにやすなの(ツチノコ捕獲用の)トラップにかかった事がある。

また、忍者の呉織あぎりもソーニャと同じ組織の殺し屋で、以前から付き合いがある。
しかしあまりにもマイペースでつかみどころが無いあぎりにはとても付いていけないとのことである。


MUGENにおけるソーニャ

ショートPeace氏により製作されたものが存在。「MUGENキャラ作ろうぜ!」スレの専用ロダで公開されている。
3Dモデルからモーションを作ったとのことでぬるぬる動く。ただしぬるぬる故に少し動きが遅い気も。
性能は格闘技、ナイフ、拳銃を使用して戦うキャラ。拳銃はリロードが必要。
AIは未搭載。

2014年、e510氏がAI同梱の上記キャラ本体を公開。改変もされている模様。
キャラサイズが若干大きくなっているため、少々ドットが荒くなっている。
AIは中々の強さであり、よく動き、積極的に拳銃、超必殺技を使用する。
改変元が改変自由か不明であり、さらに、本体作者への改変・公開許可などが取られているのかは不明。
(おそらくされていないと思われる。本体作者への連絡手段が作ろうぜ!スレへの書きこみ以外無いため。
 AI作者が外国人らしいのでその可能性は更に…)
動画などへの使用に関してはそれを念頭に入れ、自己責任で。

出場大会




添付ファイル