キリク




「負けられないんだ!」


身長: 178cm
体重: 65kg
魂: 人
理由: 事故で亡くなった姉を蘇らせること。
性格: 正義感の強い青年。
    明るい性格で人当たりもよく周囲の信頼を得ている。
    儀を重んじるがゆえ、規律に対する考え方に柔軟性が足りないところも。
    我流ではあるが、剣術は実の姉から教わったものである。

ニンテンドーDSオリジナル格闘ゲームウィンディ×ウィンダムに登場するキャラクターで本作の主人公。
ソウルキャリバーにも同名の主人公がいるが無関係。同名の映画とも無関係。キリクとは主役に恵まれる名なのか。
死んだ姉を生き返らせるために優勝すれば願いを叶えさせるという大会に参加するという、ストーリーだけ見れば王道中の王道キャラ。
必殺技にどれも「炎」に関するワードが入っているのが特徴。「主人公キャラだから安直に」は禁句
気になるのが、プロフィールに「魂:人」。
そもそも「ウィンディ」とは魂を宿らせた機械のようなもので、これがあって初めて空を飛ぶことができる。
そして「ウィンディ」と完全に同調すると、戦士は「ウィンダム」という状態になり特定の必殺技が使える。
魂に「鳥」を選んだものは翼が生え、魂に「岩」を選んだものは全身を鎧のように岩でまとい
魂に「花」を選んだものは植物で攻撃、魂に「戌」を選んだものは犬に変身、というように準拠した力を得る。
キリクの「人」の場合、力を発動すると、縛っていたお下げが解放され床まで着きそうな長さのロン毛が現れる。

原作での性能

原作が色々な意味で核の炎に包まれてしまったが、キリクの技はオールラウンドにそろっている。
飛び道具「ヒートエッジ」、斬空技「ヒートキャノン」、昇龍技「ブレイジングフライ」の波動昇龍はもちろん。
突進技「アイアンライン」、急降下系の「フォースブレイク」はともに多段技。アーマー属性の対空ゲージ技「エンドオブハイ」。
多段のアーマー突進ゲージ技「ヒートエンジェル」は「エンドオブハイ」よりゲージを使うくせに威力が低く、
初段が当たってもガードされてしまう謎仕様だが、他の技で充分お釣りがくるので気にしなくていいだろう。
例の永パ関連その他諸々がなかったら、結構いい位置のキャラランクにいたのではなかろうか。

「これで終わりだ!」


MUGENにおけるキリク

お家氏が製作した物が存在。
原作にもあった任意方向ダッシュできるブースト、落下速度緩和のホバーに使うブーストゲージも搭載。
原作ゲームのシステム上、データを調べようとしてもかなり大変なのだが、氏は可能な限り仕様を再現している。
そのバg……ステキな仕様の内容はreadmeを参考にされたし。
また、AIも搭載されており、シュインシュインシュインと縦横無尽に画面を飛び回る。ものすごく飛び回る。
原作ゲームのAIはあまり空を飛ぼうとしなかったのだが、こちらは水を得た魚のように翼を授けられている。
なお永久もそこそこ狙ってくる。レベル設定はできるのでcmdから設定しよう。

よくわかるKOY性能

出場大会

その他



添付ファイル