テリー

どのテリーをお探しですか?
  • 『ドラゴンクエストVI』のテリー(ドランゴ引換券 さすらいの剣士) → 本項で解説
  • 『キン肉マン』のテリーマン(正義超人)
  • 『餓狼伝説』のテリー・ボガード(伝説の狼)
  • 『ファイヤースープレックス』のテリー・ロジャース(プロレスラー)



「わるいな 先を急ぐんだ。」

旧エニックスのRPG『ドラゴンクエストVI 幻の大地』の登場キャラクター。
「青い閃光」の異名を持つさすらいの剣士。17歳。
ストーリー中盤より何度か主人公達の前に姿を現し、後半にて仲間になる最後の人間キャラクター。

原作でのキャラクター

+ ネタバレ注意

原作中の性能

ガチムチモヒカンや変な帽子メガネなどと比べイケメンでかっこいいキャラデザイン!
ストーリーでのやりとりから伺えるクールな性格!
そして非常に強力なドラゴンを1人で倒すその強さ!
きっと世の多くのプレイヤーが「仲間になったらどう活躍してくれるのだろう」と期待しただろう。ああしたとも。
だがしかし仲間になった彼の実態は…

不遇
これに尽きる。
敵として戦う時もスクルト重ねがけで完封できるような強さでその前に戦うマジンガ様&ランドアーマーの方が強いのだが、
味方になるともっと不遇である。

+ 不遇の理由(SFC版)
+ そしてDSリメイク版では
+ なんとスマホ版では!

+ 敵ボスとしてのテリー


強く生きろ、テリー。ドラゴンクエストモンスターズでは君が主役だ。
+ ところが
+ さらに(漫画『ドラゴンクエストモンスターズ+』ネタバレ)

+ かっこいいテリーが見たい方に
+ 小説版DQⅥでは

モンスターバトルロードにおけるとどめの一撃は地獄の雷を呼び寄せる「ジゴスパーク」。
演出的にはギガスラッシュの地獄の雷版といったところ。
なんでこの技が選ばれたかというと、遊び人を極めて特技「あそび」を使うと 「デュランに教えてもらった遊び」 と称してコレを使うから。
素で使えたらよかったのに……。

無双アクション『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』にも登場。
いきなり闘技場で黒幕のヘルムードとタイマンを張っていた。
その際にヘルムードに「私とここまで戦える人間がいるとは」と賞賛されている。
性能は最強の剣士(笑)…ではなく 本当に強い
今作は回復手段が少なめなのだが、テリーは敵に攻撃をヒットさせるだけで回復するようになるスキル「ミラクルソード」を持ち、
テリーに追従する残像を発生させる「はやぶさぎり」、射程距離が長くデイン系効果もある「稲妻雷光斬」など全てがそつなく高い。
なおハイテンション時の必殺技はおなじみ「ジゴスパーク」。
高威力に加えてミラクルソードの効果まで乗るので、大ダメージを与えつつ超回復というインチキじみた性能。
今作でも最強の剣士を自称しているがその自称に恥じない強さとなった。

「ぱふぱふ。」

一部ではひたすら力を追い求め続けたテリーのなれの果てがIV・Vに登場する地獄の帝王エスタークやダークドレアムであるというトンデモ説がささやかれている。
おれは引換券(にんげん)を止めるぞ!プレイヤー共ーッ!! そのエスタークもVはともかくIVだと…

アニメ『ドラゴンクエスト アベル伝説』のアドニス(トビー)とはデザインと設定が酷似しているが、彼がモチーフになったかは不明。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15257761

ちなみに『ドラゴンクエストVI』の主人公は皆も知って居るように青いツンツン髪のあの少年なのだが、彼のボツデザインはテリーに似ていた。
(髪はオレンジで髪型も異なるが、クールな感じやバンダナや剣を身につけた服装はテリーに似ている。)
なぜボツったのかというと「これは冷たい感じでプレイヤーが思い入れしにくそうだから、脇役で生意気なこと言わせた方が面白い。」と、
鳥山明曰く「脇役向きだから」だそうであり、ひょっとしたらこの辺からテリーの不遇の歴史は始まって居たのかもしれない…


MUGENにおけるテリー

  • DnGn氏制作 Terry_DQ
DnGn氏によるテリーが存在している。MUGENについて語るスレ用小物ロダで公開中。
おそらくKOF系統のドット改変だが、性能はオリジナル。
第3試合 http://www.nicovideo.jp/watch/sm20386653

簡易AIが付いたが、 原作再現か あまり強くはないようだ。
某スレの小物ロダで3月中盤に公開されている。


出場大会