ニンジャメガゾード


アメリカ合衆国の特撮テレビドラマ『Mighty Morphin Power Rangers』及び映画作品
『パワーレンジャー・映画版』に登場する巨大合体ロボットである。
『パワーレンジャー・映画版』の日本語字幕では聖獣ゾードとの名称となっている。
『忍者戦隊カクレンジャー』の「隠大将軍」を原典としている。
劇場版の機体とテレビ版の機体は、世界観がパラレルな関係であるため同一のものでは無い。
ちなみに同シリーズの「無敵将軍」も「ショーグンメガゾード」としてパワーレンジャーに登場している。

『パワーレンジャー・映画版』では 惑星フェイドス に伝わる ニンジェッティパワー を宿すゾードとされる。 どこの忍者戦士だよ
ファルコンを除く5体のニンジャゾードが合体した巨大ロボット。エイプゾード、フロッグゾード、ウルフゾード、ベアーゾード、
クレインゾードの合体した姿。クレインゾードが頭部、ベアゾードが胴体、ウルフゾードが左腕、エイプゾードが右腕、フロッグゾードが下半身を
それぞれ構成する。後に登場するショーグンメガゾードのファイヤーサーベルに似た剣が武器。
さらにファルコンゾードが合体することで「ニンジャ・メガファルコンゾード」となり飛行能力を持ち、宇宙空間でも活動可能。
劇中では諸事情でパワーやゾードを失ったレンジャー達によって入手される形で登場した。
因みにこの映画ではロボ戦で特撮が使われておらず、全てのゾードは当時の戦隊としては珍しいCGで制作されている。
最終的にラスボスを、金的攻撃でふっ飛ばし彗星に衝突させて倒した。

テレビ版『パワーレンジャー』では第3シーズン前半で主力メカとして登場。リト・レボルト(原典はガシャドクロ)との戦いで
サンダーゾードを失ったパワーレンジャーにパワー神殿の主であるニンジャー(原典はニンジャマン)が与えた兵器。
ニンジャパワーを宿した戦闘マシーンで、レッドエイプゾード、ブラックフロッグゾード、ブルーウルフゾード、
イエローベアーゾード、ピンククレインゾードの5体のニンジャゾードが合体した姿である。
こちらもファルコンゾードと合体することで飛行能力を得た「ニンジャメガファルコンゾード」、
ニンジャメガファルコンゾードがジュウレンジャーのキングブラキオンを原典としたタイタヌスに騎乗した、
原作に無いオリジナル形態「ニンジャウルトラゾード」などの形態がある。
+ニンジャウルトラゾード
第3シーズン終盤にてマスター・ヴァイルの行った時空操作の影響でファルコンゾードを除き消滅し、
それと同時にパワーレンジャーのパワーも消滅したことから、ダイノゾードと同様にパワーレンジャーのパワーと密接な関係に
あることが窺える。


+『忍者戦隊カクレンジャー』での設定
隠大将軍
超忍獣達が「五神合体」の掛け声で合体した巨人で三神将の一人。
基本的にはカクレンジャーの操縦に任せているが、自分の意思で行動する事もある。
パワーでは無敵将軍に劣るが、スピードと技では上回っている。 隠流の「技」を司り、格闘戦を得意とする。
戦隊史上初めてレッドのメカが頭部を構成しない合体ロボである。
必殺技は左手の「ゴッドバーストチョップ」と右手の「ゴッドハンマーパンチ」を連続して放つ「鉄拳ゴッドフィニッシュ」。
やはりこちらもツバサマルと合体することで「スーパー隠大将軍」となり、空を飛べる。

(以上、Wikipedia、ニコニコ大百科より転載、一部改変)

MUGENにおけるニンジャメガゾード

Redline氏の制作したキャラが公開中。ドットはゲーム作品である
『パワーレンジャー・ファイティング・エディション』のもの。
同氏制作のメガタイガーゾードと同じく原作ゲームの再現でゲージが「時間ごとに増加→
一定時間の間満タン→0になった後に再び増加」を繰り返すシステムであり、
必殺技を出すタイミングに注意する必要がある。
突進技や飛び道具が複数あり、切り込みやすい。
AIも搭載されている。


出場大会

  • 「[大会] [ニンジャメガゾード]」をタグに含むページは1つもありません。