ティアマット


「奈落をさすらい、影となるか?無となるか?
    強き者が消える様は悲しいぞ・・」

プロフィール

年齢:人間換算40~50歳
種族:ドラゴン
性別:男

スクウェア(現:スクウェア・エニックス)のアクションRPG『聖剣伝説 LEGEND OF MANA』の登場人物の1人。
メインシナリオのひとつ「ドラゴンキラー編」に登場する。
名前の元ネタは古代バビロニア神話の神々を生み出した女神。
意味は「苦い水(塩水)」転じて「海」のことだろう。
雄のドラゴンには似つかわしくないため、海外では「Drakonis」という名前になっている。

聖剣伝説の1作目では、FF1のカオス四天王(マリリス、クラーケン、ティアマット、リッチ)の中でティアマットのみ同名モンスターが登場せず、
LOMでやっと聖剣伝説シリーズ登場となった(聖剣伝説3の雑魚にプチティアマットはいたが)。

原作でのキャラクター

世界の秩序の番人にしてマナストーンの守護者「知恵のドラゴン」の1体で火を司る。
かつて「真紅なる竜帝」の異名で地上に君臨した強大な竜であったが、
その力を妬んだ3匹の竜によって力を奪われ、人の姿に貶められ居城ごと奈落(死者の世界)の底に落とされた。
以後100年にわたり自身の忠実な従者「ドラグーン」であるラルクを地上に遣わし、自身に代わって3匹の竜を倒し奪われた魔力を取り戻してくれる強き戦士を捜し求めていた。
召喚した戦士は誰一人試練を超えられず奈落をさまよう魂になってしまっていたが、ようやく現れた強き戦士である主人公に「竜殺し」の悲願を託す。

導入の時点で無理矢理主人公を生きたまま奈落に連れ込んで、存在が不安定な半霊体にして
「元に戻りたければ自分に協力しろ」と言う(断れば上記の台詞をぬけぬけと言う)辺り、横暴さが見え隠れするがその真意は…

+ 本編ネタバレ
+ LOM小説版ネタバレ
+ LOM漫画版ネタバレ

MUGENにおけるティアマット

  • IF氏作
原作ゲームのドット絵を使用して原作のアクションと演出をほぼ再現している。
巨大キャラだが食らい判定は頭部のみになっている。また、手前側の脚にぶつかり判定がある。
咆哮は相手のゲージ減少ではなく自身のゲージを増加させるようになっている。
原作どおり回避しにくくダメージの高い技を多く持つ。
かまいたちの6wayは足元から出るので普通に出すとほとんど当たらないが、ダウン追い討ちに使うと強力。
AIも搭載。
下記の動画からダウンロード出来たのだが、現在は公開停止。

対ブラックラビ

対戦
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21397167


「リーチが足りぬようだなァ」

「頭も足りぬのか?」

「恐怖が足りぬか!?」

出場大会

  • 「[大会] [ティアマット]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー