アイヴァン・ウーズ

日本の戦隊シリーズ『恐竜戦隊ジュウレンジャー』をリメイクしたアメリカ合衆国の映画作品
『パワーレンジャー・映画版』に登場するメインヴィラン。
演じるのはポール・フリーマン。
日本語版の声優は穂積隆信氏。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクの人といえばピンと来る人も多いか。 またヘヴィと言ったなマーティ!

6000年前に地球を支配していた悪の化身。
ウーズ(粘液)の名が示すとおり、粘液状に姿を変えていかなる場所にも出入り出来る。
自身の粘液から戦闘員を生み出す力がある他、粘液に触れた者を操る能力がある。
また、パワーレンジャーの宿敵ロード・ゼッドの攻撃を受けてもダメージにならず、
等身大のままで戦隊側の兵器であるクレインゾードを破壊寸前に追い詰めるなど、強力な力を持つ。

6000年前、2体の究極兵器エクト・モーフィコン・タイタンを完成させたが、善の支配者であるゾードンと
当時のパワーレンジャーに敗れ、時空カプセルに封印され、地中に埋められていたが、建設工事の影響でカプセルが
ロード・ゼッドに見つかってしまい封印を解かれる。
現場に駆けつけたパワーレンジャーを自身の分身である戦闘員「ウーズマン」に相手をさせ、
その間にパワーレンジャーの本拠地であるコマンドセンターを襲撃し、ゾードンに瀕死の重症を負わせた上に、
ゾードを全て破壊しパワーレンジャーのパワーを消失させた。
その後、パワーレンジャーを倒さなかったことをリタに責められるが、逆に自分が組織の頂点に立つことを宣言し、
リタとロード・ゼッドをカプセルに封印する。
そして、自分の粘液から戦闘員「テング・ウォーリアー」を生み出して惑星フェイドスに向かったパワーレンジャー抹殺を命じ、
自身は寝返ったゼッドの部下たちを引き連れてエクト・モーフィコンを発掘するために地球に向かう。
自分の粘液を玩具だと偽って子供たちに配り、その粘液の力で子供の親たちを洗脳し、奴隷として使役する。
しかし、テング・ウォリアーが帰還し、彼等がパワーレンジャー抹殺に失敗したことを知るや、焦り始める。
発掘作業が完了後、用済みとなった親たちに自殺を命じ、起動したエクト・モーフィコン「スコーピトロン」「ホーニッター」を操って
破壊の限りを尽くすが、伝説のニンジェッティパワーを得て地球に帰還したパワーレンジャーによってスコーピトロンは破壊される。
激怒したアイヴァンはホーニッターと合体。パワーレンジャーの聖獣ゾードが合体したニンジャメガゾードに挑み、
地球を越えて宇宙にまで及ぶ戦いを繰り広げる。
(余談だがこの光景を見たリタとロード・ゼッドは、よほど自分達を出し抜いたアイヴァンが憎かったのか、
自分たちの立場をそっちのけでパワーレンジャーを応援していた)
最後はニンジャメガゾードの金的蹴りにより地球に接近していたライアン彗星に激突、消滅した。
自殺を命じられた人々もバルク&スカル及び少年フレッドを始めとした子供たちによって助けられた。
(以上、ニコニコ大百科より転載、一部改変)

監督であるブライアン・スパイサーの「過激な暴力をなくし、笑いをとれる映画にする」というコンセプトのもと、
悪役としてかなりえげつない手段を用いながらも、最後のやられ方などコミカルな部分を見せる場面が多々ある。
ゲーム作品『パワーレンジャー・ファイティング・エディション』においてもストーリーモードの
ボスキャラクターとして登場しており、裏技を使ってプレイヤーキャラクターとして使用可能。


MUGENにおけるアイヴァン・ウーズ

O Ilusionista氏によって制作されたキャラがBrazilMugenTeamで公開中。
スプライトは『パワーレンジャー・ファイティング・エディション』の物が使用されている。
空中を自在に浮遊できる上に、必殺技も含めて飛び道具を多々持っている等、遠距離攻撃型のキャラ。
特に人操作だと対峙する操作キャラにもよるが、相手の攻撃の届かない所からバンバン飛び道具を撃てるため非常に鬱陶しい。

出場大会

  • 「[大会] [アイヴァン・ウーズ]」をタグに含むページは1つもありません。