舞野舞


「おほほほ、みんなもっと私を見てーー!」

プロフィール

出身:東京
年齢:20
身長:169cm
職業:某企業OL
3サイズ:B87/W57/H83
誕生日:10月15日
好きなもの:自分に向けられる視線
嫌いなもの:自分以外の者に向けられる視線
性格:他人が自分より目立つことを絶対許せない、生まれ持っての体質。
   とにかく目立つことに命をかけて周りの視線を自分に集めたがる。

原作でのキャラクター

1994年にAGUMIXから発売されたPC-98用の格闘ゲーム「The Queen of duellist 外伝α(+)」の登場人物。
キャッチフレーズは「炎のボディコン娘」。
キャラクターデザインはあずまきよひこ氏、CVは同ゲームのエミリーと同じく篠原恵美。

このゲーム発売当時注目を集めていた「ジュリアナ東京」の影響を強く受けているキャラクターの1人。
…ジュリアナ東京はこのゲームが発売された年に閉店してるけど。
兎にも角にも目立ちたがりの性格で、自分より目立つ参加者打倒の為、
"Queen of duellist"のイロモノ部門に参加する。
この大会も世界征服をたくらむ組織『エグバード』が開催したもので
ラスボスもその組織の幹部が担当しているが、そんな所にはほぼスポットが当たらず、
エンディングでも沢山の人に見られて気持ちよく踊っているというハッピーエンド(?)となっている。

原作中の性能

外伝キャラにおけるエミリーポジションのキャラで、横タメ飛び道具下タメ対空技を持つ。
ただ、飛び道具の「トルネード・ファン」は攻撃判定が地面まで出ているのでスライディングで抜けることができず、
奇襲技の「スタンディング・プレス」を持ち、エミリーよりグレードアップしている感がある。
「外伝α」からは超必殺技「舞舞(マイムマイム)」を習得。出の早い乱舞技で連続技の火力アップに一役買っている。
全体的に穴がなく待ち戦法が強力なため、当時の攻略本ではラスボスを差し置いてダイヤグラム最上位、
今閲覧できる攻略サイトでも第3位と最上位クラスのキャラの1人。
あえて欠点を言えばやや攻撃力が低く、技の発生、隙の関係から接近戦が得意でないところ。
ただ待ち戦法を崩せるキャラが少ないので、あまり気にならないのだが…


MUGENにおける舞



「私以外が目立つなんてゆるせないわ」

NS氏によるものが存在する。
原作のシステムがシンプルなため、しゃがみやられ、しゃがみ&空中ガード、ガードキャンセルやコンビネーション等の新システムや
超必殺技がゲージ消費になっていたり新しく超必殺技が2つ追加されているなど、アレンジが加えられている。
また、必殺技のコマンドがタメ系ではなく波動、昇竜コマンドに変更されている。
スタンディング・プレスは弱だと相手をサーチして飛び掛り、強だと一定の距離を高く飛び上がるが威力がやたら高く設定されている。
追加された超必殺技は連続技の中継に使いやすい「EXトルネード・ファン」と、相手の上に乗り踊り狂うコマンド投げ「Your mind is mine」。

勝利演出や6レベル制のデフォルトAIも備えている。
イロモノな見た目とは裏腹にきっちり波動昇竜タイプの戦い方をしてくるため、
舐めてかかると痛い目を見るかもしれない。

出場大会

その他




添付ファイル