Bloo

「灰の一欠片も残すかよ!」

■キャラクターデータ■
名前      Bloo(正式名称はK-Blue)
格闘スタイル  暴力に磨きを掛けたもの
誕生日     不明
出身地     不明
身長      183cm
体重      64kg
血液型     不明
趣味      鍛練(炎の扱い方等)
好きな食べ物  サンマ
得意スポーツ  無し
大切なもの   地道に磨いた自分の力
嫌いなもの   元から力のある者、努力無くとも能力の高い者

+ BlooXIII版


蔦屋氏によって制作されたK'改編のAKOF風キャラクター。
ネスツが作った数多の量産型クローンのうちの一体。
名前が表わす通り炎の色は青だが、八神庵のものと比較すると空色に近い。
特筆すべきものが無いのならまだよかったのだが、炎の扱いが上手くなかった分余計に悪く
目立ったデータが取れることも無かったので廃棄される寸前だった。
が、ほぼ同時期にネスツが崩壊。それとともに脱走したクローンでありながら努力家という
個性を持っており、自分の持つ劣等感を振り払うために脱走後はひたすら戦闘の訓練をしている。
その甲斐あってか今はそれなりの力は付けてきている。
しかしそれでも元が劣等生?だったためか、他のクローンたちと比べられた時のトラウマからか
才能のある者への嫉妬心が強い。

努力してちゃんと力が付くあたり彼にもそれなりの才覚はあったのだろうがそのことに気付くことはない。
こんな人達だっているんですよ!
人との交流もなくひたすら鍛錬を積んでいるため社交性がほとんど無く、嫉妬深いのも相まって超絶根暗。
人との交流が無いため自分の考えを聞いてくれる人などいないので、思考が自己完結し易く思い込みも激しい。
外見同様思考内容も青かったりする。

前向きに炎の扱いについて考えてきたため他とは違う使い方ができるようになっている。
炎を時間差で着火させるなどもその最たるもの(厳密には遠隔着火ではなく炎の停滞)。
修行の成果か右手でなくても炎が出せるようにもなっている。
その際グローブが無いわけだがある程度炎を安定させることができる。
ただし、あくまである程度で不安定なことに変わりはない。故に見た目にも炎が暴走気味。

+ XIII版以降の設定


性能

+ Bloo
+ Bloo XIII

なお、両キャラとも利用規約で『原則的に大会動画等の動画におけるAI同士の対戦での強化設定の使用は禁止』
となっているので、使用する際は注意。

出場大会

更新停止中

出演ストーリー



添付ファイル