朱鷺子


「さっきの赤いの、居るのはわかっているわ!
   ヒトの本勝手に持ってったでしょう!」

東方Projectの小説作品『東方香霖堂 ~ Curiosities of Lotus Asia.』の登場人物……の 読者からの仇名
原作において彼女が何らかの名前で呼ばれたことは一度もなく、現時点では実質一介の名無しのモブに過ぎない。
人気投票などでは「 名無しの本読み妖怪 」と呼ばれる事も多い(Wikipediaとかでは「本を読んでいた妖怪少女」)。縮めて「とっきゅん」とも。

実際に登場したのは連載最初期の第1~2話のみで、第1話ではその存在が作中で示唆されるのみに留まり、第2話で実質初登場。
唖采弦二氏の挿絵においては白と青のヘアカラー、側頭部の一対の角、後頭部と背に生やした赤色の翼が特徴的な外見で描かれている。
香霖堂近辺の道端で本を読んでいただけの一般の妖怪に過ぎなかったが、通りすがりの悪徳巫女に一方的に乱暴されて
本を奪われてしまうという悲劇に見舞われ、更に本を取り返すべく巫女を追って香霖堂に現れるも、既に本は店主に売却された後で、
挙句の果てに巫女に嗾けられた魔法使いを相手にする羽目になってしまった(勝負の結果は不明瞭)。マジで彼女が何をした。
弾幕勝負では、霊夢によると「生意気にも強い」ようで、後ろから出した妖弾で霊夢を一回ピチュらせたようだが、
魔理沙曰く大して面倒でない相手らしい。霊夢のような低速キャラでは辛いが魔理沙のような高速キャラでは戦いやすい相手なのだろうか?
スペルカードを持っているかは不明。

ちなみに読んでいた本のタイトルは幻想郷の外の世界の『非ノイマン型計算機の未来』というシリーズ物の13・14・15巻で、
霊夢曰く楽しそうに読んでいたらしいが、内容を理解した上でのものなのか否かは不明である。

あくまでも広く分布しているだけのファンの考察であるが、背中の翼がミスティア・ローレライと同様の物であることから鳥の妖怪で、
彼女は絶滅した鳥トキ(日本分布種)が幻想入りし形を成した妖怪ではないかと言われている。通称である「朱鷺子」もここからきている。
ちなみに同作第3話にて幻想郷にはトキが大量に生息していることが判明している。それこそ魔理沙がとっ捕まえて鍋にして食べた程に。
(実際絶滅危惧種と指定される前の時代の証言や文献によると、トキの肉は大変美味とされている)

『香霖堂』登場以降は再登場する機会は無かったが、漫画『東方鈴奈庵』の第6話冒頭で1コマだけリリーホワイトと共にモブ出演を果たしている。

公式媒体で彼女自身の台詞が用意されており、キャラ自体もある程度立てられているという点では
同じ名無しのモブでも大妖精小悪魔よりは恵まれている方だろうか。 二次界隈での出番は大きく差を付けられている感もあるが。
カップリング関連では妥当と言えば妥当だが霖之助のお相手候補の一人でもある。
その他ミスティアや霊烏路空天狗達等の鳥仲間との絡みがなくもない。
また上白沢慧音や森近霖之助と並べるた際に配色(髪は慧音、服が霖之助)が似ていたため家族ネタもあり、森近一家と称されている。


MUGENにおける朱鷺子

へちょ氏による手書きの東方緋想天風とsiocha氏による特殊仕様のキャラが公開されている。

+ へちょ氏製作の東方緋想天風
+ siocha氏製作の最終読書防衛システム
+ siocha氏製作のSTG朱鷺子

出場大会

【朱鷺子】

【最終読書防衛システム】
更新停止中
凍結

【STG朱鷺子】

出演ストーリー

possibility of G(STG朱鷺子)
MUGEN街の夜雀亭 2nd(非戦闘)
香霖堂夜想曲(非戦闘)