人造人間17号

鳥山明の漫画『ドラゴンボール』及び関連アニメシリーズの登場人物。
アニメ版などでの声優は中原氏。

来歴

ドクター・ゲロによって改造された人造人間。作中では「ナメック星編」後の「人造人間編」から登場した。
人造人間18号とは双子(弟)で、孫悟空を倒すために改造されて封印されていたが超サイヤ人の出現による苦戦のため解放された。
だがゲロを油断させて殺害し、人造人間16号も目覚めさせ、他にすることもないので悟空を倒しに向かう。
無限のエネルギーを持ちZ戦士を苦戦させるがセルに吸収されたため悟空と対面することはなかった。
実力では18号よりも高い。
セルゲーム終了後、ドラゴンボールによって蘇生。(本人の知らないところで)クリリンの願いで爆弾を取り除かれる。
尚、クリリンはこの時まで彼と18号との関係を恋人だと思っていたが、18号がそれを訂正し、この時初めて読者にも双子だと明かされた。

その後は長く登場しなかったが、ブウ編では山奥で猟銃を持った姿で悟空の元気玉に協力している。
TV版ではついでに通りかかった人をホールドアップで無理矢理協力させている。
「あいつの声を久しぶりに聞いた」と言っているが、この時点で一度も悟空と対面していないのは良く突っ込まれる。
この「あいつ」はベジータを指すという説もある。

18号同様、トランクスのいた未来では残忍な性格。
無駄を楽しむ遊び心が悪い方向で発揮されており、ゲーム感覚で殺戮を楽しんでいる。
未来を破壊しつくしていたが、セルゲーム後の成長したトランクスに一瞬で倒される。

『ドラゴンボールGT』における人造人間17号

アニメオリジナル展開ドラゴンボールGTで、あの世のドクター・ゲロとドクター・ミューが結託し、あの世の17号(ヘルファイター17号)が作られた。
外見は同じだが人の心を持たず、この世の17号と合体して超17号にする機能を持つ。
この世の17号は操られてクリリンを殺害し、辛くも生き延びた18号にも狙われることとなる。
超17号はエネルギー吸収能力で悟空を追い込むが、18号の乱入により一定の構えを取らないと吸収できないことを悟空に見切られ龍拳とかめはめ波によって倒される。
18号は、17号が自分に止めを刺さなかったのは爆弾が取り除かれているのを知らずに爆発を恐れたためだと考えていたが、
悟空は洗脳されていても実の姉だけは殺せなかったのではないかとの見解を示している。
17号は最終回時点で他の地球人たちと一緒に生き返ったが、尺の都合で17号のシーンは削られてしまったとのこと。

どうでもいいが、必殺技の「電撃地獄玉」のネーミングセンスについてはよく突っ込まれる。

ゲームにおける人造人間17号

ゲーム作品では、昔は18号の方が優先されてしまい、出られないこともしばしばだった。
最近の作品では人造人間17号と超17号の2枠出演していることも多い。
TCAG『ドラゴンボールヒーローズ』では、人造人間17号と超17号のほか、ヘルファイター17号も登場している。
さらに、超17号にはセル(完全体)を吸収した「セル吸収」、人造人間16号を吸収した「人造人間吸収」、人造人間18号を吸収した「18号吸収」と新たな強化形態が複数登場している。


MUGENにおける人造人間17号

Neocide & Chrono Strife氏製

現在本体は入手不可能。
突進技やバリアー、エネルギー波などを備える。
わざわざ拳銃を使う技があるなど未来の17号の要素も入っている。
ボイスは英語。ただし日本語化パッチも存在したようだ。
勝利ポーズでなぜかBGMにノッてヘッドバンギングする。この人造人間ノリノリである。

E-FRY氏が小ポトレを配布している。

Gladiacloud氏製

MUGEN1.0専用。海外製なのでボイスは日本語ではない。

気弾、斬影拳っぽいダッシュ肘打ち、サマーソルトキック、空中からの急降下キック、などの必殺技、
大型の気弾を2発発射、バリアー、アッパー始動の乱舞技などの超必殺技がある。
AIは搭載されていない。

出場大会

  • 「[大会] [人造人間17号]」をタグに含むページは1つもありません。