ザーボン

「真の力を発揮するには変身せねばならん…

 だが、変身した姿は醜いのだ…美を好む私にはそれが耐えられない」


鳥山明の漫画『ドラゴンボール』及び関連アニメシリーズの登場人物。作中では「フリーザ編」から登場。 名前の由来は柑橘系の果物の「ザボン」から。
ドドリアと並びフリーザが信頼する側近の一人で、DBキャラでも屈指のイケメン。
しかし、変身(パワーアップ)すると両生類や爬虫類じみた醜い容姿になり、本人もその姿を嫌っている。
ブルマも当初はその美形っぷりに「せ、正義の味方かしら?」と言っていたが、変身後には「や、やっぱり悪者だわ…!」と言い直していた。
一度ベジータと戦い、変身して圧倒するが、湖から浮き上がってこないベジータの生死確認を、体が水に濡れるのが嫌という理由で怠り、フリーザを怒らせる。

二度目の対戦では一度勝って油断していたのと、死にかけたベジータを回復させたせいでサイヤ人の特性でベジータの戦闘力が大幅に向上しており、あっさり敗れた。
(実はドラゴンボールにおいて生存フラグとして知られる連続エネルギー弾を喰らってそのまま死んだという稀有な人物だったりする)
また、この際にフリーザも変身が可能な種族である事が明かされている。
余談だが、これがベジータとブルマの馴れ初めだったりする。まさかこの二人がくっつくなんて全読者が想像していなかっただろうけど。

CVはヴァニラさん藍染惣右介など、ジャンプコミックスにおける残念なイケメンの悪役でおなじみの速水奨氏で、劇場版でもクウラの部下の一人、サウザーを演じている(イケメン繋がりからか)。
『改』及びそれ以降のゲームなどでは『ジョジョの奇妙な冒険』のストレイツォやフーゴ
聖闘士星矢』のキグナス氷河など、こちらもジャンプ漫画のイケメン役が多い三浦祥朗氏。

フリーザに絶対の忠誠を誓っているが『ドラゴンボールZ Sparking! NEO』のIFストーリーでは永遠の美しさを手に入れるために下剋上を決意。
ベジータやドドリアを次々に葬り去り、クウラに「フリーザに謀反の疑いあり」と知らせて共倒れを狙う。
そして、ドラゴンボールを見張っていたグルドからボールを奪って遂に永遠の美しさを手に入れるも、
フリーザとクウラによる宇宙規模の兄弟喧嘩に巻き込まれ、ナメック星もろとも宇宙の塵となった。
ちなみにこのシナリオ、声優が同じであるサウザーも登場しており、一人二役でのかけ合いを目にすることができる。

ナルシストな性格、裏切りの動機が永遠の美しさを得るため、髪型が似てるなどの理由からバルログを彷彿させたり、
謀反、中の人(速水氏)つながりで『戦国BASARA』の明智光秀を思い浮かべる人も多い。

別のIF展開としては、SFCの『ドラゴンボールZ 超悟空伝 覚醒編』ではゲームの進め方次第で
ベジータの代わりに悟飯クリリンで戦うことが出来る(ゲームシステム上実際に戦うのは悟飯一人だが)。
変身前と変身後の二連戦になり、倒された後は「どうせもう助からないが、せめて美しい姿で死にたい」と二人に頼む。
二人はそれを承諾し、ザーボンは礼を言って元の姿に戻り力尽きる……という、相手がベジータではあり得なかったちょっといい話になる。
ただし、ザーボンが変身した直後の選択肢によってはその場に居たブルマに醜い姿をさんざんこき下ろされ、
耐えきれず変身を解いてしまったところで一気にトドメを刺される
というあまりにもあんまりな展開になったりもする。
……まぁ、こっちでも一応美しい姿で死ねてはいるのだが……

『レイジングブラスト』ではバータとジースのIFストーリーに登場。
ここでは なんとギニュー特戦隊の新メンバー加入オーディションに参加。
なおジースはザーボンのことを「イケメン担当は二人もいらない」と好ましく思っていない様子であった。


MUGENにおけるザーボン

Gladiacloud氏が製作。MUGEN1.0専用。
海外製なのでボイスは日本語ではない。
AIは搭載されていない。

気弾(強だと三方向に発射する)、無敵時間のあるサマーソルトキック、スライディング、コマンド投げなどの必殺技
動作中完全無敵のレーザー「エレガントブラスター」、発生は遅いが弾を撃つまでは無敵がある爆撃、
変身して突撃する(これも変身の時間は長いがその間無敵)乱舞技「モンスタークラッシュ」などの超必殺技がある。
超必殺技全般に無敵時間が長い。

声を日本語に変更するボイスパッチや外部AIも公開されていないこともあってニコニコMUGEN動画での出番こそ皆無だが、
国内のニュースサイトで他のキャラのサンドバッグ対戦相手にされていたことから存在自体は認知されていた。

出場大会

  • 「[大会] [ザーボン]」をタグに含むページは1つもありません。