アルで昇華

part1 最新part

「昇華!」

解説

主にアル・アジフを使用してCPU戦やサバイバルを行うプレイヤー操作動画。
同コンセプトの『アルでVSシリーズ』を前身とする。
当初は『アルで○○を昇華』というように毎回違ったタイトルが付けられていたが、part43から『アルで昇華』というタイトルに固定された。

動画内容はまず2ラウンド先取での対戦を行い、その後に対戦したキャラをタッグパートナーにしたサバイバルを行うのが基本形式。
これは他の動画では中々見られない手法であり、対戦相手とサバイバルの相方という異なる観点からキャラ性能やAIの動きを確認出来る。
時折字幕で軽い状況説明やネタが入るくらいで本格的な解説は行われず、戦闘風景を見せることに重点が置かれている。

前述の通り、使用キャラはほぼ一貫してゆ~とはる氏製作のアル・アジフ。part85以降は本体の大幅アップデートで追加されたアレンジモードを使用。
キャラサイズが縮小されている他、*1 アレンジモード時に表示されるセリフ枠を消すなど動画用に演出面で多少手を加えており、
Z.A.I.氏製作の改変ドットが適用されることも多い。
使い込んでいるだけあって技の選択やコンボ、チャンスメイクの精度など、操作技術はどれをとっても一級品。
「レムリア・インパクト」の入り方や昇華後の追撃もかなり参考になる。
また、サバイバル時の立ち回りはシングル戦以上と言っても過言ではなく、パートナーの動きに合わせた連携攻撃の精度の高さは目を見張るものがある。
・・・フィニッシュの形に拘り過ぎて勝機を逸したり、おもむろに「クトゥグァ・イタクァ神獣弾」をぶっぱしまくったりもするが、その辺はご愛嬌。
part38のシャーロット・オーリンユリウス・ベルモンドなど、ごく稀に別のキャラを使用することもある。

たまにに『アルとかで~』等、ナンバリングかつかない番外編が投稿され、そちらは特殊なキャラ(ボスキャラ等)がよく登場する。


対戦環境

基本的にwinmugenを使用。
新mugen専用キャラとの対戦ではそちらを使用するが、登録キャラとの兼ね合いでサバイバルは行わない。

ライフバーは主にstupa氏製作(新mugenではM3氏の改変版)の「ミズハスライフバー」を使用している。
ラウンドコールが変更されていたりするので「ミズハス」と呼んでいいのか疑問ではあるが。
対戦相手が専用中ポトレに対応していない場合は自作したポートレイトを適用しているのだが、
『聖剣伝説3』のアンジェラのポトレがあべばーになるなど、割と頻繁に小ネタが仕込まれる。
アル・アジフのポトレも自作したと思しき「ちびアルが目を回している」ものになっている。
また、サバイバル時は味方側(1Pと3P)のみを中ポトレ表示にし、相手側(2Pと4P)を小ポトレ表示にすることで
ポートレイトが表示されないキャラが出ないように工夫されている。


出演キャラ

+ アルでVSシリーズ

+ アルで昇華

+ 番外編(ナンバリング対象外)

+ その他(サンドバッグの方々)


コメント

  • おお!ついに項目が!!作成乙です!! -- 名無しさん (2013-07-23 03:29:32)
  • 個人的に大好きな動画なので記事ができてうれしいです。制作乙です! -- 名無しさん (2013-07-23 11:37:51)
  • これ以前の「アルでVS」シリーズはこっちに追加でいいのかな。それとも新規作成? -- 名無しさん (2013-08-03 08:39:59)
  • 相手側に珍しいのも多い -- 名無しさん (2013-08-15 21:01:42)
  • サバイバルで一番連勝したのってどれかわかります?最近だとカービィで7勝でしたが -- 名無しさん (2014-07-02 17:39:04)
  • 自分が見た限りでは、part114のフェイロンとのタッグで11連勝していたな -- 名無しさん (2014-07-02 18:26:02)
  • 最近動画来ないなぁ -- 名無しさん (2015-07-05 11:25:04)
  • と思ったら帰ってきた -- 名無しさん (2015-11-15 10:02:20)
  • 復帰してから投稿ペース戻ってきて嬉しい ほんとなにがあったんだろ -- 名無しさん (2015-12-09 16:19:25)
名前:
コメント:


マイリスト



*1
ニトロ+ロワイヤル』キャラのサイズは、xscaleとyscaleを0.9辺りにすると本来の比率になると言われている。
対戦相手として登場したアンリ石馬戒厳もアル・アジフ同様に縮小されていたので、この動画ではニトロワキャラのサイズは基本変更する方針の模様。

また、アレンジモード時のセリフ枠の有無は更新によってキャラ側のコンフィグで設定出来るようになったため、part108からはそちらを利用しているようだ。