メトロン星人


「ようこそウルトラセブン!我々は君の来るのを待っていたのだ。
                歓迎するぞ。なんならアンヌ隊員も呼んだらどうだい」

円谷プロの特撮作品『ウルトラセブン』の第8話「狙われた街」に登場した宇宙人。別名「幻覚宇宙人」。
身長2m~50m、体重は120kg~18000t。
赤く細長い流線型の頭と青い体が特徴的な宇宙人。
初代は披露しなかったが、後年の平成セブンやゲーム作品ではハケ状の手先から光線や光弾を発したりもする。

劇中では地球侵略のため北川町に潜伏し、宇宙ケシの実という赤い結晶体を仕込んだタバコを自動販売機で売り出していた。
この宇宙ケシの実は吸引した者を発狂させるという効力を持ち、人間同士を殺し合わせることで
最終的には自滅させることで地球を乗っ取るという、どこぞの宇宙人並に回りくどい作戦を実行していた。
とはいうものの、手段や侵略作戦の本質は「人類の信頼感を失くす」という極めて陰湿なものであり、
メトロン星人自体も「地球を侵略するのに暴力を使う必要はない」と説いていた。
(漫画版に至っては、偶然タバコを嗅いでしまった少女が両親を斧で殺害するという惨事まで……)

この発狂タバコによって北川町の住民を次々と発狂させて殺人・凶悪事件などを誘発させた上に
ウルトラ警備隊のフルハシ、ソガ隊員までも発狂させる事態にまで陥ったが、
本格的に調査に乗り出したウルトラ警備隊の追跡によって拠点にしていた安アパートに擬装された秘密基地を突き止められる。
侵入したモロボシ・ダン隊員を宇宙船に捕らえ、地球侵略の障害となるウルトラセブンを地球から連れ出そうとしたものの、
宇宙船はウルトラホークによって撃墜される。巨大化した両者は夕焼けの北川町をバックに戦いを繰り広げるが、
最終的にセブンのアイスラッガーとエメリウム光線の複合攻撃によって倒された。

この『狙われた街』はメトロン星人の巧妙な侵略の手口、ダンとちゃぶ台を挟んで会話するシーン、
夕日の下町での戦い、そしてラストの皮肉の利いたナレーションなど見どころが多く、
ウルトラセブンはおろかシリーズ屈指の名エピソードとして名高い。
監督は前作『ウルトラマン』でも「故郷は地球」などを手がけた実相寺昭雄氏である。

ちゃぶ台のシーンが印象的なのか後年の作品でも一緒に登場することが多い。

+「狙われた街」から38年後…
『ウルトラマンマックス』第24話「狙われない街」には同じ個体が登場。
セブンに敗れて死んだと思われていたが、実は円谷プロダクションの通称「怪獣倉庫」に連れられて
「治療」(着ぐるみの修繕)を受け一命を取り留め、北川町で暮らしていた。
そのため、中央部分に傷跡の縫い目が施されているのが特徴である。
40年暮らした事で地球に愛着を覚えており、人類が携帯電話という便利なツールのせいで退化していると嘆いていた。
放っておいても地球人は勝手に滅びるとして故郷に帰る事を決意、沢山の地球土産を持って帰って行った。
なお、『マックス』の世界は本来過去作と繋がっていないのだが、本作のみ例外となっている。

+『ウルトラマンA』でのメトロン星人Jr
ウルトラマンA』第7話「怪獣対超獣対宇宙人」、第8話「太陽の命 エースの命」には
初代メトロン星人の子供「メトロン星人Jr」が登場。
初代とは姿が大きく違い、「顔の色は発光部分を含めオレンジ一色」「目は緑」
「手は五本指で、足首には手と同じヒラヒラがある」「顔の真ん中辺りに初V字型の切れ込み」など結構違う。
性格も、淡々と任務を遂行していた初代に比べ、好戦的で格闘戦も得意である。

劇中では、地球に衝突する妖星ゴラン(その名前は恐らく東宝映画の「妖星ゴラス」のオマージュ)を破壊するためにTACが作った大型ミサイル(マリア1号)の発射基地の地中から突然登場。
そのまま発射基地とマリア1号を破壊する。さらに両手から出すショック光線でTACの山中隊員の婚約者であった
TAC通信員・高階マヤを殺害し、その体を乗っ取ってTAC基地のほうにも侵入。こちらでも破壊活動を行い甚大な被害を与えた。
その後マリア2号の発射も妨害しようとしたが、南夕子の機転で正体がばれて巨大化、ドラゴリーを指揮し、
さらに突如現れたムルチと共にAと闘った。

エースバリアでドラゴリーと共に一時封印されたが、復讐に燃える山中隊員の攻撃を受けてバリアが破壊された後に
タックパンサーとタックスペースを破壊して姿を消す。その後、ドラゴリーと共にAと戦うが、
Aのバーチカルギロチンで真っ二つにされ、臓器や血液と思しき物体を大量に零れ落として絶命した。
……ビジュアル的に割とえげつないフィニッシュだが、『A』では実の所よくある演出だったり。

+その他のメトロン星人
平成セブンシリーズであるテレビスペシャル『ウルトラセブン地球星人の大地』にも登場。
この話では2体のメトロン星人が登場、うち1体は巨大化する前に倒されている。
平成セブンシリーズは他のウルトラマンシリーズとは一切繋がりは無いが、書籍ではメトロン星人3代目と紹介される場合も。
地球のゴミ問題を解決するべくゴミ集積場地下にエコポリスを建造する計画を建てると地球人の科学者に近づいた。
しかしエコポリスは地球を侵略する為の基地だった。
メトロン星人が蘇らせた恐竜と共にウルトラセブンと戦うが敗北。しかしエコポリスの爆破に巻き込まれたセブンは
行方不明となってしまい、数年後の続編ビデオシリーズでは記憶を失い地球人として生活する姿が描かれている。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』第4話「困惑の再会」及び第5話「暴走の果てに」では
レイオニクス能力を持ったメトロン星人(RB)が登場。
『A』のJr.を意識してかドラゴリー、バキシムと超獣揃いの編成でレイオニクスバトルに参加、
レイに真のレイオニクスバトルを挑むが暴走したレイとゴモラには敵わず、敗北と同時に怪獣と連動して自身も息絶えた。

『ウルトラマンギンガS』ではジェイスという名の個体が登場。
アイドルブームにかこつけて人間の理性を失わせる薬品をしこんだ宇宙ケミカルライトを開発し、
それを持ってアイドルの久野千草(前作の登場人物)のライブを実験場として潜入するも不発に終わり、自分自身も千草のファンとなってしまう。
それからというもの、地球人に姿を変えてタンバリンおじさん・丹葉と名乗り、侵略などそっちのけでファン活動に励んでいた。
他のファンからは「礼儀正しいファンの鑑」と評され、千草からもその存在を認知されていた。

その一年後、千草の復興支援ライブの会場にガッツ星人ボルストとインペライザーが現れ、
千草を助けようと正体を表したジェイスはUGPに連行されるが、千草が捕らえられたことを知り戻ることを告げつつ脱走。
ボルストの狙いが自分であることを見抜き、ゾアムルチにモンスライブしたボルストから会場を守るべく自身も巨大化。
ボルストの怒りに反応してパワーを増していくゾアムルチは予想外に強く、ジェイスばかりかウルトラマンギンガとウルトラマンビクトリーでさえ圧倒されてしまうが
千草の声を聞いて立ち上がったジェイスは宇宙ケミカルライトを取り出し、彼女の歌にあわせて 渾身のヲタ芸を披露。
ゾアムルチがこれに気を取られて攻撃の手を止めたことで、ギンガとビクトリーの勝利に貢献した。

上層部にはジェイスの存在は報告されなかったため、事件の後は晴れて自由の身となった。
そして今も変わらず千草を応援し続けている(ライブ中にメトロン星人本来の姿を表すようにもなっている)。

ちなみに彼の宇宙ケミカルライト、ボルストが戦闘中にも関わらず千草に魅入ってしまっていた様子から
人間を狂わせる効果など端からなく、宇宙人を千草の虜にしてしまうのが本当の効果なのでは?という説もでている。

メトロン星人の声を担当したのは『仮面ライダー』『トリビアの泉』のナレーターなどで知られる中江真司氏。
トクサツナイツやパチンコのCMでも同氏が担当している。
『ウルトラマンマックス』で再登場した際は『天空の城ラピュタ』のムスカ役や
仮面ライダーW』の園咲琉兵衛=テラー・ドーパント役の寺田農氏が演じた。
『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトルNEO』では『ウルトラマンマックス』のウルトラマンゼノンや
『キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲』のユリウス・ベルモンドを演じた龍谷修武氏。



MUGENにおけるメトロン星人

SFCゲームのウルトラ怪獣でおなじみの這い寄る混沌氏が製作したβ版が2013年8月6日に公開された。
現在、這い寄る混沌氏の作品はこれまで代理公開先だったJMH氏のブログから
氏のyahooのマイボックスに移転しており、そちらにて同じく公開されている。
SFCのドットが用いられているものの、カラーそのものは原作準拠のものとなっており、他にもSFCカラー、モノクロと三種が選べる。

イントロや挑発では卓袱台の前に座り語るが、挑発の時間が非常に長い。
また、必殺技の「自転車漕ぎキック」がこいつを彷彿とさせるバタ足キックだったり
超必殺技「メトロンの泉」に至っては夕日を背景にムダ知識を披露するなど
氏のこれまでのキャラに比べるとかなりはっちゃけている。
ただし性能は比較的他のキャラと戦わせやすい強さで、動きも多彩であるので動画でも出番が着々と増えつつある。
2013年8月9日にAIや未搭載の技が搭載され、完成版となった。

出場大会

ランセレクレイジーバトル2(解説枠及びおまけパート)

出演ストーリー

KING OF FIGHTERS X(part EX01、メトロン星人Jrとして登場)

プレイヤー操作



メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。
人間同士の信頼感を利用するとは、恐るべき宇宙人です。
でもご安心ください。このお話は、遠い遠い未来の物語だからです。
え、なぜですって?
我々人類は今、宇宙人に利用されるほど、お互いを信頼してはいませんから……