メトロン星人


「ようこそウルトラセブン!我々は君の来るのを待っていたのだ。
                歓迎するぞ。なんならアンヌ隊員も呼んだらどうだい」

円谷プロの特撮作品『ウルトラセブン』の第8話「狙われた街」に登場した宇宙人。別名「幻覚宇宙人」。
身長2m~50m、体重は120kg~18000t。
赤く細長い流線型の頭と青い体が特徴的な宇宙人。
初代は披露しなかったが、後年の平成セブンやゲーム作品ではハケ状の手先から光線や光弾を発したりもする。

劇中では地球侵略のため北川町に潜伏し、宇宙ケシの実という赤い結晶体を仕込んだタバコを自動販売機で売り出していた。
この宇宙ケシの実は吸引した者を発狂させるという効力を持ち、人間同士を殺し合わせることで
最終的には自滅させることで地球を乗っ取るという、どこぞの宇宙人並に回りくどい作戦を実行していた。
とはいうものの、手段や侵略作戦の本質は「人類の信頼感を失くす」という極めて陰湿なものであり、
メトロン星人自体も「地球を侵略するのに暴力を使う必要はない」と説いていた。
(漫画版に至っては、偶然タバコを嗅いでしまった少女が両親を斧で殺害するという惨事まで……)

この発狂タバコによって北川町の住民を次々と発狂させて殺人・凶悪事件などを誘発させた上に
ウルトラ警備隊のフルハシ、ソガ隊員までも発狂させる事態にまで陥ったが、
本格的に調査に乗り出したウルトラ警備隊の追跡によって拠点にしていた安アパートに擬装された秘密基地を突き止められる。
侵入したモロボシ・ダン隊員を宇宙船に捕らえ、地球侵略の障害となるウルトラセブンを地球から連れ出そうとしたものの、
宇宙船はウルトラホークによって撃墜される。巨大化した両者は夕焼けの北川町をバックに戦いを繰り広げるが、
最終的にセブンのアイスラッガーとエメリウム光線の複合攻撃によって倒された。

この『狙われた街』はメトロン星人の巧妙な侵略の手口、ダンとちゃぶ台を挟んで会話するシーン、
夕日の下町での戦い、そしてラストの皮肉の利いたナレーションなど見どころが多く、
ウルトラセブンはおろかシリーズ屈指の名エピソードとして名高い。
監督は前作『ウルトラマン』でも「故郷は地球」などを手がけた実相寺昭雄氏である。

ちゃぶ台のシーンが印象的なのか後年の作品でも一緒に登場することが多い。

+ 「狙われた街」から38年後…

+ 『ウルトラマンA』でのメトロン星人Jr

+ その他のメトロン星人

メトロン星人の声を担当したのは『仮面ライダー』『トリビアの泉』のナレーターなどで知られる中江真司氏。
トクサツナイツやパチンコのCMでも同氏が担当している。
『ウルトラマンマックス』で再登場した際は『天空の城ラピュタ』のムスカ役や
仮面ライダーW』の園咲琉兵衛=テラー・ドーパント役の寺田農氏が演じた。
『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトルNEO』では『ウルトラマンマックス』のウルトラマンゼノンや
『キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲』のユリウス・ベルモンドを演じた龍谷修武氏。



MUGENにおけるメトロン星人

SFCゲームのウルトラ怪獣でおなじみの這い寄る混沌氏が製作したβ版が2013年8月6日に公開された。
現在、這い寄る混沌氏の作品はこれまで代理公開先だったJMH氏のブログから
氏のyahooのマイボックスに移転しており、そちらにて同じく公開されている。
SFCのドットが用いられているものの、カラーそのものは原作準拠のものとなっており、他にもSFCカラー、モノクロと三種が選べる。

イントロや挑発では卓袱台の前に座り語るが、挑発の時間が非常に長い。
また、必殺技の「自転車漕ぎキック」がこいつを彷彿とさせるバタ足キックだったり
超必殺技「メトロンの泉」に至っては夕日を背景にムダ知識を披露するなど
氏のこれまでのキャラに比べるとかなりはっちゃけている。
ただし性能は比較的他のキャラと戦わせやすい強さで、動きも多彩であるので動画でも出番が着々と増えつつある。
2013年8月9日にAIや未搭載の技が搭載され、完成版となった。

出場大会

ランセレクレイジーバトル2(解説枠及びおまけパート)

出演ストーリー

KING OF FIGHTERS X(part EX01、メトロン星人Jrとして登場)

プレイヤー操作



メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。
人間同士の信頼感を利用するとは、恐るべき宇宙人です。
でもご安心ください。このお話は、遠い遠い未来の物語だからです。
え、なぜですって?
我々人類は今、宇宙人に利用されるほど、お互いを信頼してはいませんから……