「このワシがお前に挑戦する!」
 年齢:30歳
 生年月日:2月28日
 国籍:日本
 身長:181cm
 体重:85Kg
 血液型:AB型  

コナミから発売された格闘ゲーム『マーシャルチャンピオン』に登場するキャラクター。
元・歌舞伎役者という経歴を持ち、花形人気役者として脚光を浴びていたが、
歌舞伎こそが格闘技であると訴え、役者から格闘家へ転身した。
腰に鎖を巻き、衣装の左胸に「狂」の文字をあしらい、日の丸が描かれたハリセンを武器として戦う。
原理は不明だが赤い長髪を自由自在に操り、相手を縛り上げることもできる。
身長は181cmと歌舞伎役者としてはかなり高い。
尚、実在の現代歌舞伎役者で長身の役者である坂東彌十郎氏(183cm)は梨園一とされている。

さて、格ゲーといえばこの「連獅子の赤頭」をモチーフにした風貌を何度か見たことがある人も多いだろう。
サムスピ千両狂死郎マッスルボマーミステリアス・ブドー、ファイヤースープレックスのザ・レッド・ドラゴン
OH! カッブーキ! 大江戸ファイト獅子丸ブランディアのレツ・ゼン、チャタンヤラクーシャンクの怪しい審判、等々……
これらのキャラはほぼ1992~93年頃の同時期に誕生している。もちろん禅もこれに該当する。
1990年代に起きた対戦格闘ゲーム発売ブームの流れというべきか、時代を感じさせるムーブメントである。
異彩を放つ歌舞伎文化を格闘ゲームに!……と、考えることは、みんな一緒だったのだ。
ちなみに、格ゲーとしては1995年発売の「天外魔境真伝」に登場するカブキ団十郎
1992年に『天外魔境 卍MARU』から登場しているので、ちょっとだけ彼らの先輩にあたる。
ちなみに1993年頃といえば、銀座にある歌舞伎座の興業が、通年を原則とする事に決まった年でもあった。

必殺技は手から糸のかたまりを発射する「くもの糸」。糸を相手に絡ませるのではなくぶつける。
もうひとつは「こまの舞い」。回転しながら突進する技。判定が前後にあるので対空にもいい。


MUGENにおける禅(ゼン)

ngi氏制作の禅が存在している。
上段、中段(一般的な中段とは違う意味)、下段ボタンをベースとし
投げると一定時間投げられなくなる仕様や「くものいと」と「こまのまい」のコマンドなどは原作通り
持っているハリセンを落とさず、投げは原作とは違い強制ダウンのみの再現。
オリジナル超必殺技が2つ搭載されている。
一つ目はステップしながら2回突きをし、髪の毛を振り回して攻撃する。
1ゲージ技で高火力だから使いやすいが、外した所のスキが大きい。
もうひとつは、こまの舞いの空中へ飛び上がる軌道バージョン。
画面端で浮いた相手に追撃したり、出始めが無敵なので先読み対空で出すとよい。

「歌舞伎は格闘技だ!」

出場大会